小春日和とはナニ、意味は?【季語、季節、歌詞】




koharubiyori

思わず息を止めてしまうほど冷たい風が吹きすさぶ冬が終わると、穏やかな春がやってきますよね。

ぽかぽかと暖かい太陽の光が降り注ぐ、そんな穏やかな春の日といえば、「小春日和」です。

そう。小さい春の日。まさに小春日和

でもちょっと待ってください。その言葉、本当に使い方あってますか?

実は、小春日和という言葉は本来秋から冬にかけて使う言葉なんです。

小「春」日和なのに「冬」の初めに使う季語なんです。

「春」なのに「冬」? え? ナニ? それってどういうこと?

思わずクエスチョンマークが飛び交っちゃいますよね。

それでは、小春日和意味について詳しく見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

小春日和とは

ブリタニカ国際大百科事典によると、小春日和とは晩秋から初冬にかけて現れる穏やかな暖かい晴天」の意味があるそうです。

季節が秋から冬に移り変わるときって寒い日が続いていると突然暖かくなったりしますよね。その、寒さの間に現れる穏やかな暖かい晴れの日のことを小春日和と言うそうです。

春の漢字が使われているので春を現す言葉だと思っている人も多いと思いますが、実際は違います。

尚、文化庁が平成26年度に発表した「国語に関する世論調査」では、本当の意味である「初冬の頃の、穏やかで暖かな天気」として使う人が51.7%だったのに対し、「春先の頃の、穏やかで暖かな天気」と春を連想して使う人が実に41.7%もいることがわかりました。

およそ半数弱の人が春を現す言葉だと思っているので、漢字の力は侮れませんよね。

季語としてみる小春日和

それでは、小春日和とはどの季節を現す言葉なのでしょう。

季節を現す言葉のことを「季語」と言います。

この季語、俳句の世界でのみ使われる言葉だと思われがちですが、日常的なあいさつ文などにも使うことが多いので知っておいて損はありません。

そんな季語の観点からみると、小春日和は一体いつの季語なのでしょう。

晩秋から初冬にかけて……ということは、おそらく10月後半から12月前半ぐらいですよね。

私たちの間隔では、この時期の季節は「秋」です。

ということは、小春日和の季語は「秋」! と思いがちですが、実は、小春日和の季語は「冬」になります。

俳句の世界では旧暦で季節を詠むので、10月~12月は旧暦だと「冬」となるのです。

「春」でも「秋」でもなく「冬」の季語として使われる小春日和、何とも意外な感じですが是非覚えてスマートに使ってみたいですよね。

【スポンサードリンク】

歌詞から知る小春日和

そう言えば、私たちの身近な歌の中に「小春日和」が入っているものがありますよね。

そうです、1977年に山口百恵の楽曲として発売された「秋桜」です。

山口百恵引退後、様々なアーティストがカバーしているので、山口百恵を知らない世代の人でもこの曲は耳にしたことがあるという人はとても多いと思います。

そんな「秋桜」ですが、サビの部分に「こんな小春日和の穏やかな日は」というとても印象的なフレーズで「小春日和」が登場しますよね。

この「秋桜」はさだまさしが作詞作曲し2007年に文化庁が選定した「日本の歌百選」にも選ばれるほどの名曲ですが、最初は別のタイトルがついていたこと、ご存じですか?

さだまさしが楽曲を提供した最初のタイトルは、なんと「小春日和」だったそうです。

曲を聞いた当時のプロデューサーの提案で「小春日和」から「秋桜」に曲名を変更したという話があるそうですよ。

確かに、サビの部分に二度も「小春日和」という季語を用いているので、作詞した段階ではタイトルを「小春日和」としていたという話も本当かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

小春日和の意味……まさか秋から冬にかけて使われる言葉だとは! という感じですよね。

筆者も初めてこのトレビア(とあえて言いましょう!)を聞いたときは「え? マジで?」と結構驚きました。

でも、「秋桜」の歌詞にあるということは季節は秋から冬ですよね。秋桜は秋の花ですから。

そう言えば先日、天気予報を何気なく見ていたら天気予報士さんが「明日は全国的に小春日和となるでしょう」と言っているのを耳にしました(2016年11月現在)

なるほど! こういう風に使うんだ! と思わず納得しました。

春先にうっかり使わないように、皆さんも是非秋から冬にかけての季節にこの言葉を使うようにしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ