古希とは?【古希のお祝いのしかた】【古希の意味はナニ】




koki3

私事ですが、今年父が傘寿のお祝いをしまして、来年母が傘寿のお祝いです。

古希は70歳なので、10年ほど前に我が家でもお祝いをしました。

まだ子供たちが小さかったのでプレゼントなどありませんでしたが、傘寿には孫からのプレゼントもあり、父も蕩けておりました。

古希お祝いできることはとても素晴らしいことですよね?

長生きだけではなく、元気でいないとお祝いなんてできませんものね。

古希ってどういう意味でしょうか?

これを機に古希意味を調べてみます。

【スポンサードリンク】

古希祝いとは

古希祝いとは数え年70歳の長寿のお祝いです。

古希の由来は唐の詩人、杜甫の曲江詩「人生七十古来稀」にちなんでいるといわれています。

還暦祝いは満60歳ですが、古希祝いを含めこれ以降の長寿のお祝いはすべて数え年で祝います。

これは、昔70歳まで存命することは、非常に稀だったためであると考えられています。

ちなみに古希祝いの前の還暦祝いは60歳ですが現役の方も多く、現代では古希祝いが昔の還暦祝いに当たると考えられます。

これは納得できる話ですね。

ご参考までに長寿のお祝いとは、還暦祝いが数え61歳、古希の祝い数え70歳、喜寿の祝い数え77歳、傘寿の祝い数え80歳、米寿の祝い数え88歳、卒寿の祝い数え90歳、白寿の祝い数え99歳、紀寿の祝い数え100歳、です。

古希祝いしきたり

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを贈るしきたりがあるようですが、古希祝いの場合、色は紫がしきたりです。

平均寿命が延びている現代では、還暦祝いはまだまだ本人に長寿、老人という気持ちも薄いため、長生きを祝うというよりも、ますます健康でいられるようにという意味で、いつもよりも賑やかで派手目の誕生祝をしてあげることも多いようです。

古希からは長寿祝いとして家族で祝ったり、親族知り合い等も呼んで、古希祝いを催す場合もあります。

ただし、古希祝いといっても主役は本人ですので、場所や食事内容、贈り物など古希を迎えた本人の意思を尊重してあげるのが大切です。

【スポンサードリンク】

古希の祝宴に招待されたら

古希祝いの会に招待され、お祝いを包んでいく場合、表書きは「長寿御祝」「寿福」「祝古希」等とします。

古希祝い当日に参加せずに、品物を贈る場合、遅くても古希祝い前日までに着くように贈るのが礼儀です。

古希の贈り物・プレゼント

長寿のお祝い、古希のお祝いに特に決まりはないといえますが、古希の色は紫ですので、贈り物のどこかに紫を意識してもよいでしょう。

koki2

ただ、古希になったからと言って老人扱いされるのは本意ではないはず。

古希祝いにふさわしいものというよりも、本人の望むものや植字の意見などを聞いて、準備することが楽しみになるのではないでしょうか?

品物を古希祝いに贈るとき、特に指定なく選ぶときは、少し若い感覚の明るくおしゃれなお祝いが喜ばれると思います。

また、人生の長い歴史を振り返り、家族の様々な時代の写真を選んで、アルバムを作ってプレゼントするというのも、喜ばれる古希祝いの一つです。

写真を持ち込むことで簡単にアルバムや写真集を作成してくれるサービスもありますので、当日の記念撮影も含め検討してもよいですね。

形式にこだわるより古希を迎えた方の気持ちを尊重して喜んでもらえる品を選ぶのが、古希祝いのプレゼントを選ぶポイントです。

傘寿の歴史

中国の儒教には敬老思想と長寿を尊ぶ思想がありました。

その思想から、唐末から宋代には長寿を祝う詩を贈ることが流行しました。

これが日本に伝わり、平安時代に初めて行われ、その後貴族の間で広まりました。

祝う歳は奈良時代ごろでは40、50など10年刻みでしたが、鎌倉時代以降に現代の、61、70、77・・・・という年齢で行うことが広まったようです。

その中でも還暦は、江戸時代干支についての俗言流行により、人生の中の一つの行事として広まっていきました。

還暦は昔の暦では、十干(じっかん)と干支(えと)が60年で一巡し、61年目に暦が戻ってくることからめでたいものとされています。

古希は中国唐代の杜甫の詩の一説「人生70古来稀なり」に由来し、喜寿は「喜」という字を草書体に崩すと、「七」を三つ並べた文字となり、七十七に読めることから来ています。

傘寿は、「傘」の文字を略した中国文字が八十と読めること、米寿は「米」の字が八十八を組み合わせた形であること、また卒寿は「卒」の略字「卆」の字が九十と読めることに起因します。

そして、99の歳は、百から一をとると「白」になることから、白寿と呼ばれています。

koki1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ