心の意味【心がざわつく、もやっとする】心って不思議・・・




kokoro1

ざわついたり、もやっとしたり・・・・いろんな事になりますよね。

特に、自分でどうしようもない時、手出しできない時になりますよね。

子供の問題の時、いくら家族でも見守らないと行けない時とか離れてる家族のこととか・・・。

ざわつくことがあります。これはどういう意味なんだろうか?って今度はもやっっとしたり。

意味を探りだすとあまりいいことは浮かばないので、余計に困ってしまいますよね。

【スポンサードリンク】

「もやもや」「ざわざわ」を解消する7つの方法、心の断捨離も忘れない

心のカカに渦巻いている様々な感情を手放して、落ち着く方法をお伝えします。

ストレス解消法とも呼べます。

完全に心がクリアにならないかもしれませんが、少しはましになります。

ミニマリストは所持品を減らすだけではありません。

部屋だけでなく心も頭もすっきり、思考もクリーンにするのが理想です。

でも、これ、なかなか難しいですよね。

世界のミニマリストは「ミニマリストになると、楽しくなって、自由で何時もポジティブだ」なんてことを言います。

私も昔に比べてストレスがだいぶ減り、そこまではネガティブになりません。

しかし、基本的に自分はネガティブなタイプだと思います。

この原則は変わっていないようです。

老後のことやインプラントのことを心配して、暗い気持ちになることもあります。

勇気がなくて一歩先に進めないこともよくあります。

心の断捨離はものの断捨離ほどシンプルではない

洋服や本などのものの断捨離はそこまで難しくは無いです。

部屋の大きさは有限なので、どんなに貯めこんでも限界があります。

もちろん。出しながら入れ続けていたらダメですよ。

限界まで貯めこむと片付けるのは相当大変ですが、物理的に有限です。

例えば本箱を持っているとして、その本箱に入る本が50冊ならそれが限界です。

ところが自分の心のなかにある感情や思い、考えといったものは無限に膨らんでいくように思います。

形がないから物理的な制限は無いですし、今考えていることがAだとすると、次の瞬間にはBを考え、また次の瞬間にAを考え、今度はCと言った具合に様々なことを堂々巡りで考えてしまいます。

人がある瞬間に考えていることは1つだと思うのですが、それがくるくる回るので、沢山の考えを頭のなかに抱え込んでしまうのです。

堂々めぐりする考えは、不安・心配・恐怖・怒り・妬み・そねみ・うらみ・まよい・憂鬱・悩みなどと、ネガティブなことと相場が決まっています。

何故か人は楽しいことはくよくよと考えたりしません。

夜、寝なきゃいけないのに、あれこれ考えて寝そびれる人が居ます。

すべきことがあるのに、関係ないことをうだうだと考えて先に勧めない時も。

今回は様々ないらない考えを手放して、できるだけ落ち着いた気分、穏やかな気持で要られる方法を考えてみました。

ネガティブな感情に押しつぶされそうになったら試してくださいね。

【スポンサードリンク】

こころの中のモヤモヤとざわざわを断舎離する7つの方法

深呼吸と瞑想

まずは一旦考えるのをストップしてみましょう。

深呼吸は体を落ち着かせる定番

まず息を吐くことから始めるのがコツです。

何事も出さなければ入ってこないのです。

息を完全に吐き出したらゆっくり吸います。

深呼吸はのんびり、好きな回数やってください。

自分の呼吸に集中すれば、その時は、呼吸のことしか考えませんので、頭のなかが空になります。

瞑想ができるなら瞑想をしてもいいでしょう。

瞑想は呼吸法の発展形だと個人的には思っています。

何もせず少し先の方を見て、呼吸に意識を集中。

ただ私は瞑想しようとするとすぐに寝てしまいます。

深呼吸も瞑想もコストが掛からず、今すぐできるのでおすすめ。

この段階で瞑想はこの音楽が居るのかな?用意したほうがいいのかな?服装はどうしたら?などと考えないようにしましょう。

この瞑想の目的は頭のなかを空っぽにすることであり、新たに物を買うことではありません。

頭のなかにあることを書き出す

書くことは頭の整理に最適です。

kokoro2

頭のなかにあるもやもやしていることを全て紙に書いていきましょう。

忙しくて気ばかり焦っているのなら、やるべきことを順番に書き出します。

すごく頭にきてることがあるのならそれもガシガシ書きなぐりましょう。

何を書いていいのかわからない時も、「何を書いたらいいのかわかりません」とか「頭がいたい」「眠い」『疲れた」「ほんとにもう」などと自分の感じていることをどんどん書いていけばいいのです。

書き方は自由、人に見せるものではないので、思いついたことをどんどん書いてください。

書くことは頭のなかにあることを外に吐きだすことであり、心の排泄とも言えます。

頭のデトックスです。

自然と親しむ

「森林浴」という言葉を聞いたことがあると思います。

森の木はフィトンチッドという体をリフレッシュしてくれる成分を出しています。

こころの中がざわざわしたら公園に行ってフィトンチッドの恩恵に預かりましょう。

別に公園に行かなくても外に出て、空を見たりその辺の植物を眺めたりするだけでいいのです。

日光浴もいいです。

太陽の光をあびてエネルギーをチャージすることは古来から行われてきました。

「自分を浄化する方法」でも朝日を浴びるのは手軽でパワフルな浄化法だと思います。

最近アーシング(earthing)と言って、大地のエネルギーを得て、心身ともに健康になる方法がちょっと流行っています。

アーシングは土の上で裸足になるだけです。

Women in the woods

Women in the woods

古来人間は作物を育てる時など、ごく自然に大地に手足をつけていました。

現代は室内にいることが多いし、外では靴を履いているので、大地に触れることがあまりありません。

昔は裸足でそこらを駆け回っていた子どもたちも今は室内でゲームをしています。

冬はちょっと無理ですが、春夏は裸足で芝生の上を歩いてみましょう。

芝生の上でごろっと横になるのも有効です。

情報を遮断する

ものの断捨離をする時、買うものや貰い物はやめて、家の中に物が入無いようにするのが大切です。

心の断捨離もこれと同じで、余計な情報を頭のなかに入れないようにします。

人生には「知らなかったほうが幸せ」ということが往々にしてあります。

わざわざ自分のネガティブな考えを強化するような情報を探すのは辞めましょう。

例えばFacebookのタイムラインには他の人の楽しい毎日が写真入りでどんどん流れてきます。

海外旅行に行きました、なんとSUBWAYでブラピとアンジーを見かけました。

びっくり。

証拠写真でーす。

雑誌で話題の△△△を食べました、超美味しかった!

体重気になるけど、1日くらいいいよね?

いわゆるリア充投稿というものです。

本当に出産後病室にいる写真を載せる人が居ます。

子供が出来なくて悩んでいる時に、こんなもの見たらますます落ち込み、悩みます。

普段テレビは見ませんが、実家に帰ると母が見ています、ワイドショーに出る人はみんなハイテンションで、すし、一つ一つのコマーシャルには情報がいっぱい。とてもうるさく感じます。

スイッチを消すとホッとします。

健康的な暮らしをする

体調が良くないとなかなか楽しい気分になれないものです。

睡眠はシッカリ取り、適度な運動をして、ジャンクフードも食べ過ぎない、ごく健康的な生活を心がけます。

特に睡眠は大事です。

睡眠不足だと、どんな活動も妨げられます。

更に最近の研究で、睡眠中にのみ、脳が老廃物を除去している、ということがわかってきました。

つまり私達が寝ている間に、脳が自分の部屋を掃除し、片付けているのです。

寄るシッカリ寝ないと、頭のなかにゴミが溜まってしまします。

私達が色々がんが得るのも、脳があるからこそ、そこにゴミが溜まっていると、文字通りすっきりしません。

やることを減らす

やることがたくさんあると、当然考えないといけないことが増え、脳の中がオーバーヒートします。

あれもこれもと欲張らずに、自分にとって大事なことだけに集中しましょう。

マルチタスキングしようとするから脳の中のざわざわが増えるのです。

脳に考える力が100あったとして、100のことをやろうとしたら、1つのタスクには1つしか行きません。

全部のタスクを均等に考えることができるならと仮定した場合ですが。

タスクが3つだけなら33ずつ力を回せます。

1つなら100です。

これが「少ないことは良いことだ」と言われる所以です。

何もしない日、それが無理なら1時間でも何もしない時間を確保して、脳を休めましょう。

所持品を減らす。

心の断捨離には物の断捨離も欠かせません。

物が多いと考えなければならないことが増えるからです。

お風呂場にシャンプー1つ置くだけでたくさんのことを考えなければなりません。

どんなシャンプーを買うのか、どんな銘柄か、どのぐらいの容量のものを買うのか、どんな香りのものがいいのか、どこで買うのか、ドラッグストアのどこにおいてあるのか。どのぐらいの値段で買うのか(安いところはあるか、近くに売ってあるところはあるか、ネット通販で買ったほうがいいのか)シャンプーでどのようにあらうのか、すすぎはこれくらいでいいのか、リンスやコンディショナーはどんなのがいいのか、シャンプーはどこに置いたらいいのか、もっと自分の髪に合うシャンプーはあるのか・・・など。

湯シャンならこんなことを考える必要は無し。

脳内にスペースが空き、風通しが良くなりました。

私達が持っているのはシャンプーだけではありません。

他にも様々なものを持っています。

脳は他にも考えなければならないことがたくさんあるので、こうした思いはきっと奥の方に押し込んでしまいます。

物を捨てることで心のガラクタも整理できます。

ここでも「減らすこと」が威力を発揮できます。

心身ともに持っているものを手放せば、気持ちもすっきりするのです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ