言葉 の始まりは?【言葉の意味や力が発達したのは何時から】




kotodama2

また壮大なテーマですね。

言霊の国日本ですから、言葉がこもっているというのはありますね。

「ペンは剣よりも強し」言葉はとてもを持っています。

だから同じ意味を伝えるにも、言葉を選び間違えると大変なことになったりもします。

そんな言葉始まり何時の事でしょうか?

聖書には元々一つの言葉だったのを、バベルの塔を作って神に近づこうとした罰に、言葉を沢山に分けてお互いに意味が通じないようにしたというのが多言語の始まりだと言う風に書かれていますが、本当に世界が一つの言語だったら、争いも減るのでしょうか?

【スポンサードリンク】

言葉の始まり

人は昔サルだったわけですから、初めは自分で意識せずに、アーだのウーだの言っていたわけです。

それがある日、息を吐きながら咽頭に力を入れると、自分の思ったようにいろいろな音が出せることに気づきます。

そして喜んで、感情に任せて咽頭で音を出すようになりました。

この時点では声はまだ音であり、言葉ではありません。

つまり言葉は文字ではなく、意味でもなく音として捉えるのが正解です。

そして人は世界中に散らばっても、同じ種族の動物ですから、動物としての意思表現行動は、同じ行動を取ります。

肯定の場合は、対象物に正対し、顔を近づけます。

サルの行動を思い出してください。

「ウー」と言いながらその行動をしてみてください。

筋肉運動は声帯を圧迫し、「ううううううううう」という音になります。

これが最も原始の言葉です。

この「うん」と「ううん」は世界共通です。

その後何千年もかけて言葉が成立し、それぞれの人の住む気候や特性によって、言葉は独自性を持つようになりましたが、どの国でも「はい」と「いいえ」は二つの音でできています。

それはさっき試したように、「肯定」と「否定」は首の前後、又は左右の反復運動であり、反復である以上、二つの音で成立するわけです。

(英語は「イエ」に口を閉じる時についた無声音がついて、「イエス」と「ノー」、ロシア語は「ダー」と「ニエッ」、フランス語は「ウイ」と「ノン」、ドイツ語は「ヤー」と「ネイン」、イタリア語は「シー」と「ノ」)

それにしても世界中のどこで生まれようと、生まれたばかりの赤ん坊でも、肯定は首を縦に振り、否定は首を横に振ると言うのは種族としてDNAに記録された情報であるという証明であり、人間は皆同じだという一番の証拠であります。

そしてその後言葉として音が成長していく過程においても、遠くに呼びかけるにふさわしい言葉は、大きな声でいう時によく伝わるように、ささやくように言う言葉は、ささやくと一番美しく聞こえるように成立しています。

愛しているという言語はその一番いい例です。

(日本語 愛してる、英語 アイラブユー、フランス語 ジュテーム、ラテン語 テ・アモ、ロシア語 ヤールブリュー)

kotodama3

【スポンサードリンク】

言霊の力ってすごい!ポジティブにもなれるし幸運さえ寄ってくる

言霊とは

言霊(ことだま)とは、一般的に日本において、言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。

言魂とも書く。

清音の「言霊(ことたま)」は森羅万象がそれによって成り立っているとされる、五十音のことたまの法則のこと。

その法則についての学問を言霊学という。

実践してみた人が居ました

嬉しい

楽しい

幸せ

ありがとう

感謝してます

愛してます

許します

ついてる

の8語。

加えて更に、成功・安全・健康・裕福、や、「◯◯さんに会えて良きことが雪崩の如く起きます」や他にも出会い的なことであったり、いろいろ自分でアレンジしながら、周りに人が居ない時などにつぶやきまくっていた。

kotodama

コツは

  1. 風呂やトイレ車の中などで、気がついた時はひたすらつぶやく
  2. しっかりと音に出して空間に伝えることが大事。
  3. つぶやいている時は変に意識したり、イメトレは不要。心は何も思っていなくて良い。
  4. 現在進行形でつぶやく、例えば「健康になる」だと未来形なので、「私は健康」などの現在形にする。又は「健康」の単語だけにしてしまう。
  5. 意味がゲシュタルト崩壊してしまうくらい連呼する。例えば「ついてる」を何度も連呼すると「着いてる」に感じてきたり、日本語ですらなくなってくる間隔までやってくる。
  6. 無理しすぎず、長く続けることが大事。

 
綺麗な言葉を口にしていると綺麗な顔になり、汚い言葉を口にしていると汚い顔になります。

自分の顔は自分で作っていくのです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ