酵母とは?菌なのエキスなの教えて体に最高、(酵母)生きてるぞ!!




koubo5

酵母ってここ数年よく聞きますよね。

うちの家にはエビ〇ス・・・ビール酵母が昔からおいてあって、お菓子代わりに食べてました、

なので今更何だろうなんて考えてなくて・・・。

そういえば生きてるっていうからみたいなものなのか?

ビール酵母っていうからエキスなのか?

どっちなんでしょう。

酵母とは何か?

味が結構好きなんですよね。なので何かのエキスって言われればそうなのか~と納得するだろうし、生きてるんだよって言われれば、酵母とは菌である!

って思うかも。

どっちでしょうか?

【スポンサードリンク】

酵母菌の効果や酵母の働きを考える

酵母は微生物の一種で「酵母菌」と呼ばれる、カビのようなものなんですが、パン酵母やビール酵母など、食品の加工金として使われています。

ヨーグルトやキムチにもたくさん使われているんですが、そういった食品に対して酵母は、「発酵」という働きを促す作業をしています。

koubo2

ヨーグルトや納豆、パンなどだとわかりやすいと思うおんですが、酵母菌が「発酵」を促して、食べ物のうまみを増してくれます。

パンをよく自宅で作るんですが、パンの記事に酵母菌を混ぜて、冷蔵庫で寝かす(発酵させる)と、酵母菌の働きによってパンが倍ほどに膨らむんですよね。

koubo3

私には宇賀志からその工程が不思議で仕方ありませんでしたが、そのふくらみも酵母菌の働きによるものだったんですね。

人の身体の中にも、酵母は存在しています。

俗にいう「酵素」とよばれるもので、酵母は酵素の大元のようなものです。

酵素とは、体内で消化や吸収、代謝の働きをしてくれるもので、酵素が働くからこそ、アミノ酸やビタミンなどの栄養を吸収し、エネルギーに変えて、身体を動かすことが出来ます。

酵素と酵母は体内で重要な存在であり、どちらかが欠けると、人は生命維持活動が出来なくなってしまいます。

体内の酵母菌の代謝物から、酵素は生まれるため、酵母がなくなれば酵素の働きもストップします。

体内での酵母菌の働きも、食品に対する働きと同じく、糖分をアルコールやガスに分解するというもの。

人も酵母菌を摂取すれば、糖質を分解してくれてカロリーの吸収を抑えることが出来ます。

また、酵母菌には、体内での整腸作用もあります。

腸内での酵母菌は「善玉菌」として働きます。

善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、腸内の環境を整え、血液の流れさえもよくしてくれます。

酵母菌を体内に取り入れるということは、そういった効果や酵母菌の働きを得るということであって、健康やダイエットによいと言うことがよくわかりますね。

(※酵母で痩せるダイエットがあるのもそういった理由ですね)

パンって消化は良いんですけど、結構満腹感を得られる食べ物ですよね。

ビールなんかも、「ビールを飲みながら食事はできない」という人が多いと思うんですが、ビールは飲むだけでも満腹感が出てきます。

ビールでお腹一杯になるのは、炭酸の影響だと思ってたんですけど、実はそれも、ビールに含まれている酵母菌の働きによるものらしいんです。

酵母菌が糖質を分解するときに作り出すアルコールや炭酸ガスが、満腹感に影響しているんだとか。

そして、酵母菌に含まれているミネラルの一種である「クロム」という成分が、空腹を抑える効果があるそうですね。

酵母菌の働きを考えると、まさに「ダイエットのために存在してるんじゃないか」と思ってしまうほど、ダイエットに取り入れたい働きや効果ばかりですね。

【スポンサードリンク】

酵母エキスってご存知ですか

スープ系の食品やお菓子の原材料表示を見ると、風味づけに使われていることがありますね。

koubo1

酵母エキスとは?

これはそのまま。

酵母のエキス(抽出物)です。

酵母は単細胞なので、1つの細胞で生きています。

といっても、私たちの身体の細胞も似たようなものですね。

集合体かどうかの違いです。

酵母の細胞の中にも、水分、タンパク質、脂質、炭水化物、DNAと・・・私たちの細胞と同じような成分が入っています。

酵母細胞は”細胞壁”と”細胞膜”って組織で守られているのですが、それらを酸とかアルカリとか、あるいは酵素とかでボロボロにしてやると、細胞の中の成分が出てきます。

水風船を割るイメージですね。

これが抽出=エキス化です。

その抽出物を”加熱”したり”酵素分解”によっておいしくしていきます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ