口内炎が治らない!(原因や治し方を解説・食べ物で治る)




kounaienn1

口内炎痛いですよね。私の子供のころは「熱の華」って呼んでましたね。

白いなんか・・・昔でいう紅茶キノコのようなものがぽこっとできてて痛くて困ります。

肩こりが激しくなってきてもできますし、もちろん熱が出後も出ます。

なかなか治らないんですよね。

歯が当たるたびに、刺激物食べるたびに、痛いし、食べ物も制限される痛さだから、本当に困ります。

原因はやっぱり肩こりとか発熱でしょうか?

食べ物が好きに食べられないのが結構つらいんですよね。

治すんだったら早く治してほしいし、どうやったら治るのか早道を知りたい。

【スポンサードリンク】

口内炎の治し方!最短1日で口内炎を抑える方法を大公開!

口内炎が、できてしまった・・・早く何とか治したい!

あんなに小さな口内炎一つでおいしい食べ物も、味どころじゃなくなったり、しゃべるだけでも、あ痛っ!ってなったり。

また厄介なのが、口内炎の場所。

特に舌です

舌の表面にできれば、モノを食べたときに必ずあたり・・・・。

舌の横にできれば歯にあたり・・・・

舌の根元や、裏側にまでできてしまうことも・・・。

この辛い口内炎を、一刻も早く治す方法とは?

口内炎が出来る原因を知って、素早く適切に対処することで、被害を最小限に抑えることが出来ます。

忘れたころにやってくる悪魔の口内炎。

口内炎を治す方法、舌にできる口内炎について調べてみました。

kounaienn3

口内炎の原因

まず、口内炎とはどういう状態なのでしょうか?

口内炎とは、口の中の粘膜に炎症が起きている状態を表します。

何もない正常な状態であれば、もちろん炎症は起きず、口内炎もできていないわけです。

では、どういった過程で炎症が起きるのかということです。

炎症が起き、口内炎が出来るにはいくつかの条件があります。

まずは、代表的な口内炎が出来る例です。

口内炎が出来る原因と過程

  • 疲れがたまって体の免疫能力が低下していた
  • 食事中に、うっかり口の中を噛んで、口内をきずつけてしまう。
  • その傷口に、口の中にある細菌が入り込み炎症を起こす。
  • これが口内炎が出来る原因と過程です。

    kounaienn2

    まずは、口内炎が出来る全容をわかってもらうために、簡潔に言いましたが、もう少し詳しく説明をしてみます。

    元々、お口の中にhあ、数千億個という細菌が存在しています。

    数千億個・・・・とは、恐ろしい数です。

    ちなみに、口臭や虫歯なんかもこの細菌たちが関連しています。

    普通は唾液と一緒に流されていくし、身体自体もそれらの細菌に対して免疫能力を持っています。

    しかし、疲れやストレスが溜まっていたり、体調が悪かったりすると体を守っている免疫能力が低下します。

    緊張して口の中がカラカラ!

    そんな経験は誰にでもありますよね。

    そうなんです!

    緊張する場面や、ストレスを感じる場面では唾液の分泌量が低下します。

    ある実験では、ストレスを感じた状態での唾液量は、普段の3分の1まで低下したそうです。

    たとえ、

    口の中を噛んだ!舌をかんだ!

    と、傷が出来たとしても、唾液が細菌を洗い流したり、身体の免疫能力で細菌をブロックできれば・・・。

    傷口から細菌が繁殖して炎症が起きることはない。

    つまり、

    口内炎にはならない!ということです。

    これが、口内炎が出来るメカニズムです。

    口内炎が出来る原因はなんとなくわかったけど、えは、口内炎が出来る場所に意味はあるのでしょうか?

    傷から細菌が繁殖するって考えれば、場所は関係ないんじゃないの?と、思うかもしれません。

    が、

    注意しなければいけない「場所」があります。

    それは、舌です!

    【スポンサードリンク】

    舌にできた口内炎の意味

    口内炎が出来る仕組みは同じでも、できる場所で注意しなければいけないのが舌です。

    口内炎自体は、口の中(頬っぺたの内側など)にできるものと、違いはないのですが、それが重大なサインの場合があります。

    その重体なサインとは、癌(がん)です。

    舌癌、口腔がんの際、口内炎とよく似た症状が起きます。

    kounaienn4

    ただの口内炎かと思っていたら、実は癌(がん)だった!

    というケースが大変多いようです。

    記憶に新しいところでは、政治家の甘利氏が舌癌で入院しました。

    口内炎は、誰でもできる身近なもので、痛くて厄介だけど、たかが口内炎と思ってしまいます。

    次の章では口内炎の治し方をご紹介しますが、

    あまりにも口内炎の治りが遅い・・・なんかいつもの口内炎と違う違和感がある・・

    といった場合には、耳鼻科などのお医者さんでの診察を強くお勧めします。

    ちなみに舌癌についての情報です。

    ・女性よりも男性に発症するケースが多い。

    ・喫煙者は要注意。

    ・進行が速い癌なので、早期発見が重要。

    口内炎の治し方

    では、口内炎の治し方です。

    口内炎を治す、予防するにはいろいろは対策や治し方があちこちのサイトでも紹介されえ居ますが、私と家族が口内炎いなった時に、一切にやっている治し方を紹介します。

    ★うがい薬でうがいをする

    元々はかかりつけの耳鼻科の先生に聞いたやり方で

    「口の中を清潔に保つように」と教えてもらいました

    先生からは「うがい」と教えてもらったのですが、自分でいろいろと調べ実践した結果、うがい薬を使うが一番効果的です。

    ポイントは2つ!

    口内炎が出来たらすぐにうがい

    激しくうがいをすることで、口内炎の幹部が広がったり、傷が悪化してしまうことも。

    やさ~しく細菌を洗い流しましょう。

    私はこの治し方を何十年とやっていますが、早い時には1日で口内炎を抑えることが出来ます。

    また、私はこのうがいでほとんど治してしまうので、ほとんど使いませんが、口内炎の塗り薬も市販されています。

    ちなみに、うちの子供は使っています。

    子供の場合、直ぐにうがい!と言っていても、ほったらかしにしていることもあったりして、「口内炎が出来た」というときには、

    いつからやねんっ!!

    というくらい、立派に成長した口内炎が居ることも。

    塗り薬にも種類があり、痛みや症状を緩和するステロイド系よりも、殺菌系のものの方がおすすめです。

    まとめ

    口内炎の予防に、ビタミン系の摂取もありますが、体質改善といった、長い目で見た場合の予防策だと思います。

    ビタミンを摂ったら明日治る!といったものではないので、

    口内炎をすぐに治したい!

    という方には向いていないと思います。

    体質的に口内炎が頻繁にできるという方には、ストレスや食生活など、ビタミンの摂取も含めて、生活面での見直しが必要ではないでしょうか。

    たかが、小さな口内炎ですが、不快指数はめちゃくちゃ高い口内炎!

    【スポンサードリンク】
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ