更年期障害とは【傾向、予防、対処法を紹介します。】【保存版】




kounennki3

【スポンサードリンク】

更年期障害多分真っ只中です。

でも何時始まってって言うのがよくわからないんですよね。

元々元気じゃないんで、しんどいっていう状態はデフォルトですし、憂鬱とか普通になりますし、寝込みますし・・・・。

自律神経もボロなので体温調節も苦手なので真冬でも汗だくになったりしてますし。

主治医も違いがわからないらしくて・・・・。

だから対策って言っても、なんとなく更年期に効きそうな漢方を飲んだり、傾向って生真面目で完璧主義の人がなりやすい・・・と。

それはありますから、どっぷりなっているのでは無いかと思います。

最近では20代のお嬢さんや男性にもあるそうで、みんな更年期障害なのではないかと思うほど社会がピリピリしてますよね。

更年期障害対処法って、だいたい刺激物を避けるって感じですね。

予防は食生活のバランス、運動、ビタミン群の摂取。

そんなちょっとなるのが怖い更年期障害予防傾向対処法を考えていきましょう。

【スポンサードリンク】

更年期障害の症状と治療法

kounennki1

ほてり・ホットフラッシュの原因と治療法は

kounennki5

ほてりは別名「ホットフラッシュ」とも呼ばれ、更年期障害の症状の中でも、発生率が最も高い症状の1つになっています。

ほてりの症状が出始めると、「本当にほてりなのか」、「何時治まるのか」、「ほてりの治療法や対策は」など様々なことが気になり始めます。

ここでは更年期障害の1つの症状であるほてりについて、症状・原因・ほてりと間違いやすい病気、合併症、ほてり対策等を紹介していきます。

ほてりの症状

更年期障害のほてりの症状は上半身を中心とした「のぼせ」「紅潮」「異常な発汗」などが特徴です。

・ほてりの症状・特徴

ほてり/のぼせ/紅潮/異常な発汗/頻脈/寝汗/ほてりが治まる時の冷える感覚/指のうずき

ほてりの具体的な症状

・急に暑くなってじわじわと汗がでる

・上半身、特に首から上がひどく暑い

・体の中から「カー」っと熱を持つ感じがする。

・熱は無いのに熱っぽい

・顔が真っ赤になる

など。

どの部分にほてりを感じる

ほてりを感じる部位は「顔」や「頭」が最も多く、そのた、「胸」や「全身(心臓付近を含む)」「首の後」などほてりを感じる部位は様々です。

特に顔のほてりは同じほてりであっても、他の部位と比較して熱感が高くなっています。

しかし、手足だけにほてりの症状が出る場合、更年期障害よりも他の病気の可能性が高くなってきます。

>ほてりはどのくらい続くの

ほてりは一回あたり30秒から10分程度続きます。

ある統計によると、平均継続時間は4分とされ、これは上記の継続時間と概ね一致しそうです。

症状のひどい人の場合、一度ほてりが発生すると、30分近く続く場合もあります。

どれくらいの頻度で起こるの

ほてりの発生頻度は個人に大きく依存します。

これは一週間に2~3度の軽い人が居る一方数時間・数分ごとにほてりを感じる重症の人も居ます。

ほてりは何時まで続くの

ほてりの開始・終了を予測する方法はありません。

しかし、多くの研究によると、ほてりは閉経前、閉経中は頻度と重症度が増加するものの、時間が経つに連れて、発生頻度・重症度とも低下するという傾向があり、発生5年以内に治まる確率が高くなっています。

一方、他の更年期障害同様、一部の人は閉経後10年ほてりに悩まされる人や、70歳になってほてりが再発した人も居ます。

ほてりを発症する割合はどれくらい

ほてりになる確率は更年期女性の概ね40~75%程度のようです。

これは調査機関や、調査対象群によって、報告結果が異なるものの、概ね40~75%に収まります。

特徴的な内容は、早期閉経した女性はほてりになる確率が高く、人種では、黒人>白人>アジア人の順で、ほてりになる確率が高いようです。

アジア人のほてりが少ない理由として、豆腐や豆乳など植物エストロゲン摂取量の影響ではとする説もあります。

ほてりに似た病気

kounennki2

更年期障害のほてりに似た病気がいくつか存在します。

これは、生理前のほてりや、妊娠初期のほてりなど、原因が更年期障害のほてりと類似する場合を除き、以下の病気の可能性があります。

「ほてりではないかも」と感じる場合や、他の症状も出ている場合、かかりつけの医院や総合病院に早めに相談されることをお勧めします。

ほてりと同様の症状が出る病気

カルチノイド腫瘍/脳腫瘍/甲状腺髄様癌/脊髄病変/すい臓がん/フレイ(フライ)症候群/褐色細胞腫/グルタミン酸ナトリウムの摂取/頸部脊椎症/薬に寄る副作用

kounennki4

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ