甲子園の土は春と夏では違うぞ!!知ってたか・・・ビックリした!




%e7%94%b2%e5%ad%90%e5%9c%92

甲子園というと、高校時代のことを思い出します。県大会で応援の演奏をしたこともあります。甲子園ではないのが残念でしたが。

わたしの母校はいわゆる古豪で昔は甲子園にも出場し、プロ野球選手も出てたようですが、今はもっとがんばって、といった具合です。

まあそんな甲子園というとの大会があって、負けたチームの選手たちが甲子園を持って帰る・・・そんな姿をよくテレビでみかけますね。

実はこの甲子園ではものが違うらしいのです。

何がどう違うのか、全くわかりません。

いつも疑問に思うのは、みんながを持って帰ったらなくなったりしないの?ということです。さあ、どうなんでしょうか?

そこで今回は『甲子園の土は春と夏では違うぞ!!知ってたか・・・ビックリした!』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

甲子園の土って?

高校野球で負けたチームが甲子園の土を持って帰るシーンは印象的ですが、甲子園の土について疑問に思うことがあります。

『たくさん持って帰ったら、土、なくなるのでは?』『土の入れ替えってしてるの?』ということ、不思議に思いませんか?

まずはこのようなことから甲子園の土について追求してみます。

甲子園の土は入れ替えしてるの?

あれだけたくさんの高校球児たちが土を持って帰れば、もちろん甲子園の土は減ります

ですので、毎年土は補充されているそうです。

そうですよね、高校野球だけでなく甲子園はプロ野球の試合などもありますから。

土が少なくて試合に支障が出たら話になりませんし。

土は高校球児だけが持って帰ってもよいそうで、一般の人たちは持って帰ることはできません

甲子園の土はどこから持ってきているの?

元々甲子園のある地域の土は白っぽいものだったようですが、今は甲子園の土は黒土と砂を混ぜ合わせて作られています。

内野のフィールドには黒土が使われていますが、黒土だけだと固まり過ぎてしまうため、砂を混ぜているとのことです。

毎年使われる土は異なるそうですが、主な産地をあげてみました。

【甲子園で使われている土の産地】

  • 鳥取県大山
  • 鹿児島県鹿屋
  • 大分県大野郡三重町
  • 三重県鈴鹿市
  • 岡山県日本原
  • など

【甲子園で使われている砂の産地】

  • 甲子園浜
  • 瀬戸内海の砂浜
  • 中国福建省
  • など

【スポンサードリンク】

春と夏では、土は違うの?

では、高校野球は春の選抜と夏の選手権大会がありますが、春と夏で土は違うのでしょうか

実は、違うのです

何が違うのかというと、土と砂の配合比が若干異なっているのです。

  • 春・・砂6:土4
  • 夏・・砂4:土6

という風に、土の比率が異なっているのです。その理由は、

  • 春は雨が多いので砂の分量を多めにして土を乾きやすくさせている
  • 夏は日差しが厳しく白球が見えにくいため、黒土の量を多くすることでボールを見やすくさせている

ということなんだそうです。

夏の方が黒土の量が多いのですね。毎年テレビで見ていても、全く気づきませんでした。

また、内野フィールドの土は混合して作られた土を約30cmの厚さに敷き詰めているそうです。

選手たちが一生懸命プレイして踏み固められた土は、オフシーズンに掘り起こし、整備されています

土の配合といい、陰で懸命に環境を整えている方がたくさんいらっしゃるのですね。きっと並々ならぬ苦労があったのだと思います。

甲子園の土を持って帰るようになったのは

ところで、いつから甲子園の土を持って帰る風習がうまれたのでしょう?

これが始まりではないか、という説が3つあります。

  • 1937年の第23回大会で準優勝だった熊本工業の川上哲治選手がユニフォームのポケットに入れて持って帰った
  • 1946年の第28回大会で準決勝で敗れた東京高等師範付属中の佐々木監督が最上級生以外の選手たちに各ポジションの土を手ぬぐいに包んで持って帰った
  • 1949年の第31回大会で準々決勝で敗れた小倉北の福島選手がホームベース付近の土を無意識につかんでズボンのポケットに入れた

一番有力なのは、元読売ジャイアンツの川上監督が持って帰ったのがはじまり、という説だそうです。

110814

いかがでしたか?

甲子園の土って、知らなかったことばかりでビックリしました。

わたしの近所の土はさすがに使われてないようでしたが、きっと選手たちのことを考えて試行錯誤を繰り返して今の形ができたんだろうなと感じました。

甲子園の土は甲子園でプレイした思い出の詰まった大切なものだと思います。

わたしの母校もなんとかもう一度甲子園に行って、夢や希望を与えてほしいものです。がんばれ、高校球児!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ