降水確率とは・意味は?【100%でもザーザー降りじゃなないぞ!】




天気予報で気になるのは降水確率ですよね。

100%って言われれば判り易いんですが、だからと言ってずっと降ってるわけでもないような・・・・。

降水確率とはどういう意味なんでしょうか?

ちょっと思いつく確率とは違う気がします。

30%とかだったらどのくらい降るのでしょうか?

意味がはっきりわかってないので、1日の30%降るのかなってがんがえちゃいますが、そうではなさそうです。

100%でも一日中降る訳じゃない。

これは一度降水確率とは何なのかはっきり覚えた方がよさそうです。

【スポンサードリンク】

天気予報の降水確率の考え方とは:傘が必要な降水確率と量

ニュースを見てみますと、必ずと言っていいほど天気予報が放送されています。

その際に「降水確率」というのが発表されます。

この降水確率を参考にして、天気が今後どのようになるのかという目安にします。

降水確率の誤解

その降水確率ですが、天気予報で「降水確率50%」と言われたらどのように解釈すればいいのかを説明します。

簡単に言ってしまえば、降水確率とはどう気象条件での過去の雨の実績になります。

例えば、東京で降水確率が50%と言われたのならば、東京地方のどこかで1ミリ以上の雨が降ると100回同じ予報が出されたときに50回は雨が降っているという意味になるのです。

よく勘違いしてしまう方が多いのが、降水確率が高いと大雨が降ると思ってしまったり、東京の地域の50%が雨が降ると思ってしまったりすることです。

降水確率の高さと雨の要は関係なく、1ミリ以上の雨が降ることを前提としています。

ですから、降水確率が100%の場合では、100ミリなどの大雨が降らなくても1ミリ以上の雨が降ればその予報は当たっているのです。

そして、降っている時間の長さやその範囲や雨の強さなどには一切関係がなく、ただ単にその地域で雨が降るか降らないかだけの予報なのです。

例えば、降水確率が100%ならば、予報地区内で過去に同じような気象条件になった時に、100回予報が出された場合に、100回雨が降ったということになります。

逆に降水確率が0%ならば、過去に同じような気象条件で100回予報が出された場合に、0回雨が降ったということになります。

天気予報には時間で区切られている場合が存在しますが、そのような場合はその時間内に雨が少しでも降ればその天気予報は当たっていると言うことになります。

例えば、6時間予報の際に、降水確率が100%と発表されたのならば、その1時間だけ予想区域内の観測点の内1か所でも1ミリ以上の雨が観測されたのであれば、その天気予報は当たっているということになります。

詳しく説明しますと、同じ予報地域だとしても、現在あなたが居る場所で雨が降らなくても5キロ離れた場所で降水が観測されたのであれば、同じ予報区域内で雨が観測されたと判断されるのです。

ですから、自分の住んでいるところが雨が降らなかったから予報が外れたということもほかの観測点で降っている可能性がありますので、一概には外れたと言えないのです。

ましてや、天気予報は答え合わせなどありませんので、実際に予報が当たっていたのかどうかを確認することは肉眼による目視などでは難しいのです。

降水確率の段階について

コンピューターにより、降水確率は算出されているために、実際に発表される降水確率50%などは、正確には54%などという風に10%刻みの確率ではありません。

その54%を四捨五入して、10%刻みの11段階で発表されています。

その11段階とは0%から100%までの11段階になります。

【スポンサードリンク】

降水の定義とは

雨が降ったとされる基準になるのが、1ミリ以上の降水になるのですが、この1ミリとはどの程度の雨なのか説明しますと、傘を持っていない人が我慢できる程度の降水量になります。

パラパラと雨が降っているのか降っていないのかがわからないような場合は1ミリとはいえませんので、天気予報の降水確率では、雨が降っているということには当てはまりません。

また、降水量が0.9ミリの場合は、切り上げして1ミリと判断するのではなく、小数点以下省略になりますので、0ミリと判断されます。

ですから、1.9ミリの降水量の場合だとしても、小数点以下省略になりますので、1ミリと判断されます。

この1時間当たりの降水量では1ミリと2ミリでは、体感する雨の量にとても差が出てしまいますので、1ミリという天気予報でも注意が必要なのです。

1時間で1ミリの降水量を表すときに、最初の30分間に1.8ミリの雨が降ったとしたのならば、記録的には1時間だ0.9ミリの降水量になってしまいます。

この場合では、先ほども申し上げた通り0.9ミリの降水量は切り捨てになりますので、観測的には雨が降ったのにもかかわらず、0ミリと判断されるのです。

また、降水量で2ミリと言いますと、はっきりと認識できるほどの雨になります。

傘を差さなければびしょ濡れになってしまうほどの雨になりますので、ほぼすべての人が傘を差している雨になります。

5ミリの雨になりますと、雨の音が室内にいても聞こえるほどの雨になります。

傘を差していても濡れてしまうような雨になってしまいますので、外出するのをためらうほどの雨です。

10ミリの雨になってしまいますと、ものすごく強い雨が降っている感覚になります。

台風などの雨になりますので、歩いて外出するのは控える雨になります。

このような事実も一般的には知られていない事実になりますので、天気予報が当たらないなど私たちが誤解してしまう原因になっているのかもしれません。

傘を持ち歩く降水確率とは

天気予報を参考に傘を持っていくのかを決めると思いますが、どのくらいの確率ならば傘を持って行った方がいいのでしょうか。

天気予報の降水確率には、50%を超えると表現の方法が少し変化します。

それは「ところにより」という言葉が付くかどうかになります。

降水確率が40%以下の場合はこのところによりという言葉が付くのですが、降水確率で50%を超えますとこのところという言葉が付きません。

ところにより雨が降るということは、簡単に説明してしまえば「雨が降る所がある」ということになります。

ところという言葉が先に来ますので、いまいちわかりにくい表現になってしまっていますが、雨が降る所があるという風に後ろにところを付ける表現でも間違ってはいません。

ですから、降水確率が50%になりますと、このところによりという言葉が無くなりますので、出来れば傘を持ち歩いていただければ、雨の心配をしなくてもいいということになります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ