紅葉はなぜするの?種類によって色が違うのはナゼ?・・・




dbf68a556d55ef0420381b53a7b1d3d4_s

秋になると紅葉がきれいで、心が和みますよね。自然の中に五感を溶け込ませて紅葉を楽しむのもいいですね。

紅葉する樹木も、どこで見ても同じものはないくらい赤や黄色などさまざまな種類があります。

なぜこんなに紅葉するのに種類が違うのでしょうか?そもそも紅葉なぜするのでしょう?不思議がいっぱいです。

今回は『紅葉はなぜするの?種類によって色が違うのはナゼ?・・・』ということについて調べてみました。

紅葉についてちょっとした知識を持つことで、観賞するのが楽しくなるかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

紅葉って?

紅葉のメカニズムを知ろう

  • 紅葉ってなに?
  • どうなると紅葉するの?紅葉の原理
  • 美しく紅葉するための条件

【紅葉ってなに?】

紅葉とは、主に落葉広葉樹が落葉になる前に葉の色が変化する現象をいいます。

カエデ科の数種類を特にモミジと呼ぶことが多く、紅葉の代名詞にもなっていますね。

日本では北海道で9月頃から紅葉がはじまり、徐々に紅葉する範囲は南下していきます。

紅葉のはじめからおわりまでは約1か月あるといわれています。見ごろははじまってから20~25日頃とされているので、おわりに近づくほど見ごたえがあるということなのですね。

紅葉の時期は北海道や東北地方では10月頃、関東から九州地方では11月から12月はじめ頃までです。山間部などでは通常よりも紅葉がはやくなる傾向にあるようです。

【どうなると紅葉するの?紅葉の原理】

普段樹木の葉はクロロフィルが含まれていることによって緑色にみえます。クロロフィルが光を吸収することで光合成が活発になります

日照時間が短くなる秋頃になるとクロロフィルは分解され、葉は老化していきます

また、老化していくに従い、光の害から身を守るカロテノイドという色素も分解されていきます。ですが、その過程においても光の害から身を守る必要があります。

樹木によって色の違いがみられるのは、それぞれの色素を作り出す能力の違いが大きく、他にも気温や水温、紫外線など自然条件によって酵素作用発現の違いがあることが理由であるといわれています。

【美しく紅葉するための条件】

紅葉が色づきはじめるには様々な気象条件があります

一日の最低気温が8℃以下であることがまず最初の条件となります。さらに5℃以下になると一気に紅葉がすすむようです。

また、昼と夜の寒暖差が大きいことや斜面にあること、空気がきれいで適度な水分があることが必要です。

紅葉の名所と呼ばれるところはこれらの条件を満たしており、高原や渓谷、標高が高い湖などがあてはまります。

他にもきれいに整備された公園や寺社などにも紅葉の名所と呼ばれるところはあります。

085e49afeea5e860458e2a1fd315bf0d_s

【スポンサードリンク】

紅葉の種類って?

紅葉する樹木、たくさんあります

  • 紅葉の色の種類
  • 紅葉する樹木

【紅葉の色の種類】

紅葉する樹木は落葉広葉樹といわれているのですが、その中でも色の違いで呼び名が変わってきます

ですが、一般的には総称して『紅葉』と呼ばれていますね。

紅葉(こうよう)

赤色、紅色に染まります。代表的な樹木はカエデです。

葉の赤色はアントシアニンという色素が関係しています。アントシアニンは葉の老化の過程で新たに作られるものであり、光の害から植物を守る役割を持ちます。

黄葉(おうよう・こうよう)

黄色に染まります。代表的な樹木はイチョウです。

葉の黄色はカルテノイドによるものです。カルテノイド色素系のキサントフィル類は若葉の頃はそんなに目立ちませんが、秋にクロロフィルが分解されるようになって目につくようになります。

カルテノイドも光の害から植物を守る役割を持ちます。

褐葉(かつよう)

褐色、葉が枯れた状態です。代表的な樹木はブナです。

黄葉と同じ原理ですが、タンニン性の物質やフロバフェンといわれる褐色物質の蓄積が目立つことで褐色となります。

また、本来は紅葉するものがアントシアニンの生成が少ないと褐葉になるようです。

【紅葉する樹木】

紅葉する樹木はとてもたくさんあります。代表的な紅葉する樹木を挙げてみました。

紅葉する樹木

カエデ科・・・イロハモミジ、ヒロハモミジ、ヤマモミジ、ベニシダレ、メグスリノキ

ウルシ科・・・ツタウルシ、ヤマウルシ

ツツジ科・・・ヤマツツジ、レンゲツツジ

ブドウ科・・・ツタ、ヤマブドウ

バラ科・・・カリン、ヤマザクラ

ミズキ科・・・ミズキ

黄葉する樹木

イチョウ科・・・イチョウ

カバノキ科・・・シラカバ

ヤナギ科・・・ヤナギ、ポプラ

カエデ科・・・イタヤカエデ

褐葉する樹木

ブナ科・・・ブナ、カシワ

スギ科・・・スギ、メタセコイヤ

ニレ科・・・ケヤキ

トチノキ科・・・トチノキ

いかがでしたか?

紅葉がきれいなところは山に近い空気の澄んだところ、というイメージを持っていました。

わたしの家の近くには残念ながら紅葉の名所的な場所はありませんが、遠くに見える山の紅葉を見ながら新鮮な気持ちになることはできます。

紅葉を楽しむことで、自然の素晴らしさを再認識したいなと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ