栗はゆでると日持ちする期間は延びるの。【味は変わるの?】




kuri1

秋の味覚、我が家の林?森?にはの木があります。

何本かあるので、一気に採れますからね~

どうにか捌かさないと行けないわけですよ。

もちろん茹でて、毎食・・・・づくしになるんですけどね。

沢山のは近所に配ったり、茹でて糸を通して、勝にするのね。

日持ちがするから保存食にするの。

生のまんまだと、ただ硬くなって食べられなくなるから、茹でて糸を通して、干し柿みたいに軒下に吊るして干すのね。

そうすると、中でカチコチになるんだけど、皮をむいて、渋皮取って、飴みたいに口に放り込んで舐めとくと、じわっとの味が広がって、美味しいのよ。

って言う縁起物でもあるし、冬のお菓子だったな~日持ちするから、冬中楽しめましたよ。

【スポンサードリンク】

簡単にできる「栗」のゆで方と保存方法。冷凍しても大丈夫?

秋の美味しい味覚といえば栗を思い出す人も多いのではないでしょうか?

焼き栗に栗ごはん、モンブランに栗羊羹・・・といろいろ料理して美味しく食べられるのが栗ですね。

その一方で自分で調理するとなると、ちょっと面倒なイメージが有るのが栗。

慣れないと栗をどう扱って良いのか迷ってしまう方も多いかもしれません。

でも、下処理や茹で方がわかると、栗は家でも簡単に食べられるんですね。

また気になる保存方法にしても、わかってしまえば簡単です。

しっかりと保存ができれば、旬の栗をたっぷり味わえますね。

ということで、今回は、美味しい栗の簡単なゆで方や、保存方法をまとめましたので、栗のシーズンに備えましょう。

【スポンサードリンク】

栗のゆでかたあれこれ

茹でる前に下処理を

栗はそのまま放置すると虫が湧いたりします。

早ければ2.3日で表面が白くなり、虫が出てしまうので、購入したり、頂いたら、すぐにした処理をしましょう。

下処理と言っても方法は簡単、半日以上栗を水につけておいておくだけです。

たったこれだけで茹でた後の面倒な作業が楽になりますし、しばらくこのままで保存も可能。

ですが、なるべく早く茹でたほうが美味しい栗が食べられますよ。

簡単!栗のゆで方

栗のゆで方は簡単です。

皮ごと茹でればしぶとい渋皮も簡単に剥けますよ。

ここでは「簡単なゆで方」と、「ひと手間加えて美味しく茹でる方法」の2つの茹で方を紹介します。

栗の簡単なゆで方

  • 予め栗を半日以上水につけておきます
  • 栗に包丁で軽く切れ目を入れます
  • たっぷりのお湯を沸騰させます
  • 栗を入れて沸騰させたまま20分茹でます

kuri2

たったこれだけで、美味しい栗が茹で上がります。

後は皮を剥いておいしくいただきましょう。

一手間加えた美味しい栗の茹で方

  • 水1リットルに対し大さじ1/2くらいの塩を溶かします(なるべく多めに)
  • 栗に切れ目を入れ、塩水と一緒に鍋に入れて沸かします
  • 沸騰したら弱火にします。
  • 時々栗のむきを変えながら30~50分茹でます。
  • 茹で上がったら火を止めます
  • 粗熱が取れるまで栗をそのままお湯にいれておきます

kuri3

この方法ですと約3時間ほどかかりますが、栗がぐっと甘くなっておいしくなりますよ。

じっくり茹でるので渋皮もむきやすいです。

綺麗にむいた栗を使いたい場合におすすめです。

kuri4

栗の保存方法あれこれ

すぐに栗を使わない時は冷蔵庫で保存しましょう。

そのまま冷蔵庫に入れて保存でもいいのですが、以下の処理を行ってから保存するといいですよ。

栗を冷蔵保存する方法

  • お湯を80度ほどに沸かします
  • 栗を入れて1分ほど置いておきます
  • 栗を取り出して水気を拭き、表面が乾くまで30分程度陰干しします
  • 穴を開けたビニール袋で冷蔵庫で保存します

保存できる期間は1週間ほどですので、短期間保存したい時におすすめですね。

冷蔵庫に入らないほどある場合は

冷蔵庫が満杯、あるいはキロ単位で栗をもらって一時的に保存したい場合は、水につけておきましょう。

1日1度程度水を取り替えれば、常温でも1週間ほどは風味も落ちずに保存ができます。

しかし長期保存には不向きですし、鍋などに入れておいても、結局じゃまになってしまいます。

緊急処置としておいて、早めに食べられる状態にしましょう。

冷凍庫で保存する方法

栗は冷凍保存が可能です。

しかも一度凍らせると甘みがぐっと増して、美味しくなるんです!

面倒でしたらビニール袋に入れて冷凍庫で保存でもいいのですが、美味しく保存するためにはもうひとても加えましょう。

栗を冷凍で保存する方法

  • 栗を一晩水につけておきます
  • 水気を拭き取り、半日ほど陰干しします
  • 密封容器に入れて冷蔵庫のチルド室に置きます
  • 2週間ほど経ったら冷凍庫に移します

kuri5

この方法ですと半年ほど栗の保存が可能になります。

茹でる時は冷凍のままお湯に入れて大丈夫。

茹でずに使いたい場合は、冷凍のまま包丁を入れると、皮が割りと綺麗にむけますので、かなり便利です。

茹でた栗の保存方法

茹でた栗の賞味期限は約3日ほどです。

その間ならば冷蔵庫で保存しても大丈夫。

ただし、日を追うごとに栗の味は落ちていきます。

茹でたのに食べきれないのなら冷凍保存しましょう。

茹でた栗を保存する方法

  • 栗を適量ゆでます
  • 茹で上がった栗の水気を拭き取ります
  • 栗をラップで平たく包みます
  • 金属トレイなどに乗せて冷凍庫で保存します

冷凍庫での保存期間は1ヶ月ほどです。

食べる時は凍ったまま、電子レンジで加熱しましょう。

下処理はしっかり行おう

栗は美味しい食べ物だからか、虫のつきやすい食べ物でもあります。

購入した時点で虫が食ってることもありますので、茹でる時に必ず下処理を行ってから茹でるようにしましょう。

うっかりそのままゆでたり、そのまま冷蔵庫で保存すると、いざ食べる時に虫とご対面なんてことも・・・。

また、下処理は虫よけの効果もありますが、茹でた後に皮がむきやすくなる利点もあります。

下処理も茹で方も保存も簡単ですから、旬の栗を美味しい状態で、たっぷり楽しみましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ