瞑想とは何か【効果は、やり方は、全て教えます。心を休めよう・・】




meisou1

瞑想って聞くと、日本では禅、あとはヨガ。

座禅を組んで目を閉じて、呼吸を整え・・・。

というイメージですが、本当はどのようにするのでしょうか。

精神統一をして無になって、どのような効果があるのでしょうか。

瞑想とはやはり、の目を開いたり、雑念を払って気の巡りをよくしたり?

効果は健康でしょうか。

やり方をちゃんと知って自分の健康に活かしたいですね。

「迷走」するのは得意なのですが「瞑想」をまじめにやって、豊かに過ごそうと思います。

【スポンサードリンク】

瞑想のコツと方法を超わかりやすく解説!効果抜群のやり方とは?

瞑想はすべての人に素晴らしい恩恵をもたらす魔法のような効果があります。

この技術はセルフコントロールの分野において、集中力と行動力を高めてくれる特筆すべき有効性を備えています。

だが一方でこの技術は軽んじられています。

確かに瞑想は化学的でないように思えるし、あやふやであって、系統立てられた分野というイメージはありません。

しかし瞑想の効果は近年、科学的に認められ始めています。

世界中の大学やいくつもの公的な研究機関が瞑想についての効果を実証しました。

のみならず、何人もの著名人や経営者、アスリートが瞑想の主観を持ち、定期的な実践を奨めています。

今日ではだれであろうと瞑想を馬鹿にしたりすることはできません。

この記事では瞑想が集中力と行動力をアップするのにいかに効果的かということと、その具体的な方法についてお伝えしていきます。

少しでも疑うのなら、一度だけでも試してみてほしい。

あなたが瞑想について何の知識もなくても問題はありません。

この方法を試してみることで、自分でも驚くほどの集中力と行動力を手にすることが出来るのです。

瞑想の効果と簡単なやり方まとめ

瞑想に取り組む意味

人間は無意識にいろいろなことを考えてしまう生き物です。

例えば電車に乗って吊革に揺られているとき、あなたは考えるでしょう。

「お腹がすいた」「混んでるな」「きのうあんなことがあったな」「今日はなにをしよう」「今日何曜日だっけ」「疲れたな」「帰ったら仕事を片付けなくちゃ」

問題なのはあなたがこれらのことを「これについて考えよう」と決めて考えたわけではないということです。

これらの思いは自然に、あなたが意図しないところで発生したものです。

これらはあなたが普段物を考えようとしている意識とは別のところ、潜在意識からやってきた考えたちなのです。

人は何かに意識を集中しなくても、勝手に物事を思い浮かべてしまう。

これは潜在意識の働きで、この働きはあなたが生きている限り常に続く。

私たちの頭に浮かぶことは、私たちが完全にコントロールできている事柄だけではありません。

これが集中力とセルフコントロールを低下させる大きな原因になっているのです。

あなたが机に向かって書類や教科書とお真剣に向かい合っているときに、遠くで騒音が鳴り響くとあなたは「うるさいな」と思うでしょう。

その「うるさいな」と思ている間、わずかではあるでしょうがあなたの集中力は削がれ、机の上の課題処理に対しての能率が落ちることでしょう。

自分のやろうとしていることは、外部の変化によってたやすく邪魔されてしまう。

つまり、私たちの固い意思は、絶えず外部からの攻撃にさらされているのです。

周囲の環境や雰囲気の変化に、気まぐれな潜在意識はいちいち反応し、思いがけない思考や気分を私たちにしょうじさせる、

何かをやろうと固く誓ったとしても、自分のなすべきことがはっきりしていても、この潜在意識からの横風を24時間受け続ければ、ほとんどの人は進むべき道から外れてしまうでしょう。

では、この線自意識を制御して鋼の意思で行動し、素晴らしい結果を残せるのは強靭な選ばれた人間だけなのだろうか。いや違う。

どんな人も瞑想によって潜在意識を制御し、自分の意思や欲求を守り、なすべきことをなすための力を手に入れることが出来ます。

瞑想の効果を簡潔に表すとしたら、「自分の無意識な思考を制御して、医師の働きを高める」という説明が一番でしょう。

瞑想をすることによって自分の意思や意図を行動に反映されることが容易くなったり、周囲の情報に振り回されず的確な判断を下し、行動することができるようになります。

いったいなぜそのようなことが可能になるのか。

それは瞑想の方法と密接に関係しています。

瞑想のシンプルな方法と市政、コツ

瞑想には様々なやり方があり、これが完璧な正解だということはできない。

しかしオーソドックスで誰でもシンプルに取り組める方法はある。

「1.まずは静かな場所で楽に座る」ことです。

意識をほかのところに受けなければならない空間で瞑想に取り組んではならない。

近くに危険なものがあるときや騒音がひどい時、自分の体のバランスをとらなければならないような不安定な場所では、瞑想を覚えるのに不適切です。

部屋の音楽やテレビは一時止めておき、自分の潜在意識を揺さぶるような要因をまずは遠ざけましょう。

姿勢にこだわる必要はありません。

正座やあおむけ、座禅のように足を組んだ結跏趺坐がいいとされますが、楽な座り方ができるのなら何でもいい。

meisou2

服装もなるべく圧迫感のないものを選びましょう。

横になるうちに眠気に襲われて寝てしまう人もいるので、布団の中で行うのはおすすめしない。

次に「2.目を閉じて意識を呼吸に向ける」ようにしましょう。

目を閉じなくてもいいとする方法もあるけど余計な資格情報を入れない方が、瞑想の感覚を理解しやすい。

そして意識を呼吸に向ける。

鼻で息を大きく吸い、ゆっくりと吐く。

意識は呼吸だけに集中する。

他のことは何も考えず、身体も動かさず、とにかく一定の間隔で呼吸だけを繰り返しましょう。

呼吸は丹田を意識した腹式呼吸で行うとベストです。

自律神経が正常に保たれて、身体が落ち着きます。

呼吸に集中すようとしても、あなたの頭の中にいろいろな雑念が浮かんでくるはずです。
日常の不安やおそれ、人間関係の怒り、とりとめのない思考が、次から次にわいてくるでしょう。

自我がいろいろとモノを言うでしょう。

「3.自分が何を思うかを一歩下がったところから観てみる」のです。

これを内観と言います。

「あ、今自分は明日の部活のことを考えた」「俺の潜在意識はお腹が減ったと思ったんだな」「退屈って言葉が頭に浮かんだぞ」「足がムズムズする、って今無意識が訴えてきたな」「自分は今テレビを見たがっているんだな」

潜在意識はあなたの頭にいろいろなことを浮かばせるが、それにまともに付き合わないことです。

欲求や不安を感じている自分を観察し、「自分の潜在意識はこんな思いを抱かせてくるんだな」と他人事のようにいなして、自分は呼吸だけに集中しましょう。

「4.何も考えないように努力する」のです。

もちろんあなたの潜在意識は多くのことを勝手に語り掛けてくるでしょう。

しかしあなたはその言葉を無視して、自分の呼吸を何も考えずに行うのです。

この過程であなたは自分の潜在意識が普段からいかに好き勝手に想像力を支配しており、規則性も自律性も持っていないかを知ることが出来ます。

潜在意識は移り気でこらえ性が無く、ふとした変化に過敏に反応すると認めることになります。

呼吸は集中する訓練はあなたに潜在意識との付き合い方を学ばせてくれます。

潜在意識に施行のすべてを注いでしまうと、「潜在意識=自分の思い」となり、だれもが新年を持たず気まぐれで集中力のない人になってします。

潜在意識はわがままなお客のようなものなのです。

彼のすべての要求にこたえたり、四六時中付き合ってあげる必要はありません。

彼が欲求することと、自分がなすべきことは切り離して考えなくてはなりません。

潜在意識を促し、何も考えないで呼吸に意識を傾けていると、ふと呼吸にすら意識を向けなくてもいい瞬間が訪れます。

呼吸は意識をせずともおこなえるから、呼吸だけに集中した状態から、呼吸への集中を抜けば、底には潜在意識も意識も無い空白が生まれます。

瞑想時はこの無心の状態を目指しましょう。

この無の境地にたどり着くのは非常に難しいです。

特にはじめは潜在意識の扱いに苦労するでしょう。

「何も考えない」という考えが浮かぶこと自体。すでに考えている証拠なのですから、自分の心を完全に空白にするのは決して簡単ではないのです。

瞑想とは非常に感覚的なものです。

meisou4

瞑想に取り組んでも他人が外から「正しくできている」と判断する方法はありません。

これは個人個人が取り組んでいかなければなりません。

セルフコントロールとはそういうもので、自分は瞑想が苦手だと思う初心者の人もいるでしょう。

しかしこの瞑想にチャレンジして慣れてくると、理想的な瞑想の間隔をつかめてくる、自分の中で瞑想の間隔の研究を行うのです。

そうすれば自分が潜在意識に関わらされているのか、それとも身をかわすことが出来ているのかを明確に感じ取ることが出来るようになります。

一度に月何時間もやる必要はありません。

回数に個人差はありますが、一日3分ほどの時間を継続して瞑想の訓練に費やすことで、次第に「空の感覚」を記憶できるようになってきます。

こうなればいつでもどこでも頭の掃除を行い、うまくいかない日常生活を瞑想の効果で変化させられるようになります。

【スポンサードリンク】

瞑想の効果、メリット

以上のような方御法で瞑想を行えば、あなたは潜在意識に振り回されずに自分の意思を守ることが出来るようになります。

やると決めたことに集中し、持続力がなく多くの時間を無駄にしてしまう自分とさよならできるのです。

集中力は瞑想の訓練によって高めることが出来ます。

自分が潜在意識を制御する感覚というのは、自分の中で育てるkとが出来るものです。

一流のアスリートなどは自分の集中力の高め方や、自分の集中力が高まっているかを感知する方法を経験から知っていますが、あなたもその境地に瞑想によってたどり着くことが出来ます。

また瞑想のトレーニングの頻度を増やすことによってあなたの集中力は強化されるだけではなく、多くの時間持続することが出来るようになるでしょう。

meisou3

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ