目の疲れからくる頭痛の治し方。頭痛は治るぞ




頭通

目の疲れからくる頭痛の特徴や対処法をおしえます。

頭通の感じ方や、痛い時間の長さなどはそれぞれ人によって違いますので、自分の頭痛の種類を確認して治し方を調べてみましょう。

目の疲れの原因は長時間にわたる仕事やパソコンや読書などによる、目を使いすぎた後に起こりやすい【疲れ目】眼精疲労と呼ばれます。

目が乾いたり、異物が入っている様な感じがしたり、目がぼやけるなどの症状が出ることが多くなります。

>>目の疲れは、頭痛の最大の原因になる場合もあるようです。

【スポンサードリンク】

頭痛の種類

・緊張型頭痛
・片頭痛
・群発頭痛

【緊張型頭痛】

きりきりと頭を締めつけられているように感じる頭痛です。

肩や首の筋肉が緊張する事にによって起こることが多いようです。

肩や首などの強いコリを感じること特徴的のようです。

長い期間にわたり痛みが続く場合もあり、身体のだるさやめまいなどがつづく場合があるようです。

【片頭痛】

1ヶ月に何回かの頻度で、突発的に起こる頭痛のようです。

こめかみなどがズキンズキンような強い痛みを感じるようです。

吐き気や、めまいを伴う場合もあるようです。

何時間か続く場合や又は何日も続く場合があるようです。

このての片頭痛は、女性に多いのが特徴のようです。

【群発頭痛】

あまり知られていない頭痛のタイプですが、痛みはすさまじくけた違いのようです。

目の奥をえぐられるように感じるなど、痛みのあまりてじっとしていられない状態になってしまいます。

痛い時間は15分~3時間位続きその後なくなるようです。

群発頭痛が起こりだすと、1ヶ月~2ヶ月位は毎日起こるようです。

片頭痛と緊張型頭痛は、その原因が眼精疲労である可能性があります。

【スポンサードリンク】

目の疲れによる頭痛の治し方

頭痛の原因などが、目の疲れの場合は、目の疲れを取ることが大切です。

毎日の生活で心かけたい4つのポイント

目の適正さを知り、近視や乱視や遠視などの方は、メガネやコンタクトレンズを必ず使用しましょう。
本を読んだり、書きものをする場合は、40センチ以上離れましょう。

本を読んだり、書き物をする場合は暗い所は厳禁です。
照明などを点けて明るい場所でしましょう。
注意として直射日光の下などは避けましょう。

パソコンをする場合は、正しい姿勢で出来るようにしましょう。
背筋を伸ばし目を画面に近づきすぎないように心がけましょう。

目を使う作業をする場合、1時間作業をしたら、10分~15分は休憩をし、目を休ませましょう。

このように毎日の生活や仕事のなかでできる対策をするだけでも、頭痛の原因と成る目の疲れをかなり軽くすることができます。

その他の対処法

目が疲れていると、目の周りの血流が悪くなっています。
そういった事も有るので、寝る前などに蒸しタオルを当てて血行を良くして寝る。

日中は、目の充血を防ぐ為に目の周りを冷やしたタオルで冷やしましょう。
だいたいの目安は10分~15分位です。

ガムなどを噛むと血行がよくなり目にも良いと最近は言われています。

目の周りのマッサージも効果的と言われています。(こめかみ周辺が良いようです。)
他にもツボはあるようですが、定かでわありません。

遠くのものを見るなども良いようです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ