水の硬度は体に影響する?硬水・軟水の違いでビビる!

0682cced70c23a3e00f12a2772d87c3b_s

わたしたちの生活に欠かせない『水』。水はわたしたちの体にも大きく影響を及ぼすほど大切なものです

にも種類があることはご存知の方も多いのではないでしょうか。

水の種類は『硬水』と『軟水』の2種類に分けられます。ミネラルウォーターなどの記載で目にしたり、耳にしたりすることはあるかと思います。

この硬水や軟水は、硬度というもので決まってきます硬度って、どんなものなのでしょうか?

また、硬水や軟水の違いがわたしたちのになんらかの影響があるようです。

今回は『水の硬度は体に影響するのか?そして硬水・軟水の違いとは?』についてお話しさせていただきます。

【スポンサードリンク】

水の硬度って?

硬度は水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まります。

  • 硬度とは何か
  • 硬度の分類

【硬度とは何か】

硬度とは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウム量(CaCO3)に換算したものです

・・・難しいですね。計算式にすると、硬度(mg/l)=(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1)となります。

【硬度の分類】

それでは、硬度はどのように分類されるのでしょうか。

軟水・・・0から60mg/l未満
中程度の軟水・・・60以上から120mg/l未満
硬水・・・120以上から180mg/l未満
非常な硬水・・・180mg/l以上

というのがWHOの基準値になります。硬度120mg/lを境に軟水と硬水に分けられます
一方日本の基準値は異なっており、100mg/l未満を軟水、100から300mg/l未満を中硬水、300mg/l以上を硬水となっているようです。

硬水と軟水の違いって?

カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分の量の違いです。

  • 硬水の特徴
  • 軟水の特徴

【硬水の特徴】

硬水はカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が多く含まれています。そのため、口当たりが重かったり、飲みにくくクセがある味だと感じることが多いようです。

硬水のメリットは、ミネラル成分が多いため、運動時などの水分補給に適していることが挙げられます。また、代謝が促進されやすく脂肪の吸収を抑えるため、ダイエットに適していると言われています。

便秘改善にも効果があると言われており、美容のために硬水を選ぶことがあるかと思います。

一方デメリットも多く、胃腸や腎臓に負担がかかりやすく、便秘改善をこえて下痢などの体調不良を引き起こす恐れがあります。

他にも、飲みにくいことや、料理に使用すると食材が固くなるため料理には適さないということなどが挙げられます。

【軟水の特徴】

軟水は硬水とは反対に含まれているミネラル成分は少ないのですが、まろやかで飲みやすく、クセがない味が特徴となります。

軟水のメリットは人間のミネラルバランスに近いため体への吸収がよく、腎臓などに負担がかからないことが挙げられます。そのため、赤ちゃんの粉ミルク用やお茶、コーヒーなどを飲むのに適しています。

また、素材の旨みを引き出したりご飯がふっくら炊けるなど、料理にも適したり、美肌効果なども期待できるとされています。

一方のデメリットは、ミネラル成分が少ないためミネラル補給としての役割は期待できないことが挙げられます。しかしデメリットといえるものは少なく、日本人は軟水を好んで選ぶ傾向にあります。

【スポンサードリンク】

水の硬度はどう体に影響するの?

硬水と軟水を使い分けることが大事です。

硬水の特徴でもお話ししましたが、硬水は胃腸などを刺激し消化機能を弱めてしまう作用があります。そのため、下痢をしたりお腹を壊してしまうことがあります。

またミネラル成分を摂取しすぎることで体のミネラルバランスが崩れ、腎臓にも負担をかけてしまうことになります。

このように体調不良を招く恐れがあるため、ダイエット効果があるといえども過剰な摂取は禁物です。

ですが、わたしたちの体の機能を整えるために必要なものですので、硬水と軟水をうまく使い分けて取り入れることが重要なのではないでしょうか。

いかがでしたか?

硬水の取り過ぎは体に負担をかけてしまうことは調べてみてはじめて知りました。

わたし自身も軟水を飲む機会の方が多いですが、硬水・軟水ともにメリットもデメリットもありますうまく使い分けることで、自分の体調に見合った水を選ぶことができるとよいのではないかと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ