内視鏡検査は痛くないぞ!・・・・大腸がんをやっつけろ!




naisikyou4

日本人の大腸がんにかかる割合は、がんの中で、男性で4位、女性ではなんと1位です。

私も>内視鏡検査を受けましたが、かなり前なので今調べてみて進化に驚いています。

私の経験から言えば、内視鏡は全く痛くありませんでした。

先生が上手だったのもあると思いますが、モニターを見ていて、「え?もう入ってるんですか?」と聞いたのを覚えています。

決して私が鈍感だったわけではありませんよ!

【スポンサードリンク】

大腸がんの検査

  • 検診法とは
  • 診断法とは

検診法とは

検診法には便を調べる「便潜血検査」と、肛門から触診によって、大腸にしこりがないか調べる「直腸診」があります。

便潜血検査

大腸がんでは、血管が豊富な腫瘍から出血したものが便に混じっていないか調べる方法です。

この検査が陽性だったからと言って大腸がんであるとは限りません。

大腸がん以外の腫瘍や炎症からの出血も考えられるからです。

直腸診

直腸は肛門近くの20センチほどですが、その中でも肛門近くにがんがあるかどうかを医師が指で直接触って、調べるのが直腸診です。

便に目で見てわかる血液があるときや、肛門近くにがんがあるときなどに有用です。

【スポンサードリンク】

診断法とは

注腸造影検査

肛門から造影剤(バリウム)と空気を注入し、X線撮影をする方法です。

注腸造影検査をするには、前日から検査用に特別に作られた検査食を食べます。

消化がよく、体内に残りにくい内容です。

前日の夕食後から下剤を飲んで、検査当日までに腸内が空っぽの状態になるようにします。

食べ物が腸の壁に付いていると検査ができないためです。

検査ではバリウムが腸の壁によく付くように体を揺さぶったり、上下に動かしたりします。

大腸の形・大きさなどがわかります。

これ・・・・受けたことがあります・・・・・大昔。

回転盤みたいなのに載せられて(立った状態で)バーを持たされ、内視鏡と空気を入れる管がしっぽみたいになっていたのを覚えています。

どんな絶叫マシンなんだ!って心のなかで思いましたね。

私の時は横からバーが伸びてきて、お腹をグリグリ押されました。

20歳くらいの時だったのでものすごく恥ずかしかったですね。痛くはありませんでしたが・・・・。

大腸内視鏡検査

肛門から柔らかい小型カメラ(内視鏡)を挿入する方法です。

naisikyou2

小腸との境目まで内視鏡を先端を進め、その後徐々に内視鏡を引き出しながら、結腸・直腸を詳しく観察します。

内視鏡検査の一番の特徴は、直接見て調べられるということです

がんの大きさや位置を確認できるとともに、色素を撒いて、がんがどの程度深くまで広がっているかについても予想することが出来ます。

腸の一部をピンセットで摘み採り、検査(生検と言います)をすることが出来、がんかどうかを性格に判断することが出来ます。

検査時に見つかったものが、早期のがんだった場合、そのまま切除することも出来ます。

naisikyou3

内視鏡検査の時も、腸の中を空っぽにする必要があり検査前には下剤や腸管洗浄液を使って腸内を洗浄します。

だいたい20分位の検査時間です。

もう何年も前になりますが、うちに来ていた知り合いが、トイレから出てきて、血便だったって言ったんですよ。

鮮血だったかどうか聞いて、すぐに病院に連れて行きました。

もちろん、内視鏡を入れる前に、腸を空っぽにする必要があります。

前日から用意しないといけないと思って行ったのですが、そこの病院はその日のうちに検査できました。

そして、小さなポリープを切除。そのまま生検してもらい、良性だとわかりました。

そんなこともありました。

油断大敵です。なにか怪しいことがあった時はすぐに検査に行きましょう。

本当に痛くありませんから。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ