夏休みの由来を調べてみた・・・由来ははこうだ!




natuyasumi

夏休みって子供にとって夏いちばんのイベントって言うか楽しさと辛さのあいまった期間ですよね。

夏休み由来は何でしょうか?調べたことないですね。

そういえばうちの子は前期後期の学校だったので夏休みはお盆終わりで終わってましたね~

夏休みの由来調べたらそんなこともわかるのでしょうか?さぁ日本の夏休み、いってみましょう。

【スポンサードリンク】

夏休みの目的

夏休みは温帯に属する国々に広く実施されているが、その目的は各国によって異なる。

夏季の暑さが原因となることが多いが、学事年度間(アメリカ)、夏季の伝統的な慣習の存在など、他の要因が実施の副要因になることも多い。

日本の教育機関の場合、正式名称は「夏季休業」と言い、校舎などに冷房設備がないことが多く、太平洋高気圧支配下での授業が暑さにより困難なので、その間を休業するためとされる。

そして、その期間に期待される教育効果の主たるものは、普段学校では体験することが出来ないことへの児童・生徒の挑戦とされる。

また、以下の様な目的も考えられる。

natuyasumi3

夏休みの目的

  • 自営業者や農家などの家庭における、家事手伝いを行い易くするため
  • 藪入りの習慣の影響
  • 学事年度間の夏休みの影響
  • 教員採用試験や教職員の研修など、通常(授業等の実施中)では行いにくい校務の実施
  • 教職員の休業

なるほど・・・ちょっと時代が合っていないようなのもありますけどこういう理由なんですね。

【スポンサードリンク】

夏休みの期間

小学校・中学校・高等学校の夏休み期間は全国一律ではなく、その土地の気候や風土により、期間の長短がある。

公立小学校・公立中学校の場合、日数は原則として学校を管轄する市町村の教育委員会が定めている。大学の場合はカリキュラムや前期試験、中間試験の時期により異なる。

小学校・中学校・高等学校

夏休みの期間は、日本では7月下旬から8月下旬までが一般的である。また、曜日配列によっては、7月18日から始まる年や、9月1日又は2日までとなる年がある。

北海道や北東北、長野県、岐阜県山間部などの寒冷多雪地域では、7月21日から8月20日頃までとし、(北海道は基本的に、7月26日頃から8月18日頃までが多く、道東、道北の一部や山間部、離島など場所によっては、盆明けの8月17日までという地域もある。

北東北では7月25日頃から8月25日頃までの地域が多い。

長野県では、7月27日頃から8月19日頃までと、北海道とさほど変わらない。

岐阜県山間部は、7月20日頃から8月25日頃までが多い。)代わりに冬休みが長くなる。

長野県では基本的に7月27日頃から8月19日頃まで、長野県の小学校には春と秋に中間休みを実施したり、寒中休みを実施する学校があり、計画休業など、長期休業以外の休日もあり、その短さを補っているが、2005年度の小学5年生の実績では、年間授業日数は全国平均200日のところ、長野県で210日となっている。

ただ、近年は30日以上の夏休みを取る小中学校も増えている。

新潟県では夏休みの期間が通常と同じ期間(7月21日頃から8月31日頃)である上に長野県同様、中間休みや寒中休みを実施しているところもある。

natuyasumi2

その他2002年に始まった週5日制や、ハッピーマンデー制度により海の日が7月20日から7月の第3月曜日に移動したこととの関係もあり、首都圏や西日本においても2003年頃から、遅いところでは、7月27日頃から夏休みにはいる学校もある。

同時に夏休みの終わりも早いところでは、8月24日頃までとする学校も出てきている。

この他1学期中に自然災害が発生して休校になった時も、始業式を8月下旬に繰り上げる場合が多い。

関東以南の一部の学校でも、授業時間の確保を目的に、夏休みを短縮し、8月中に始業式を行う学校もある。

学校によっては夏休み中も夏期講習などの課外授業で通常と同じように登校するといったケースも有り、休み期間は実質的に10日~15日程度しかないところもある。

natuyasumi4

と、期間については一概にいえませんが、最近の学校の中には冷房設備が備わっているところもあり、少し時代には即していないところもありますね。

私の夏休みといえば「夏休みの友」とか言う絶対に友達になれない物がありました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ