日本銀行が発行しないお金がある?!【お札は日本銀行、硬貨は・・・】




nitiginn1

お金を作るところと言えば造幣局。

お金と言えば紙幣と硬貨

桜の通り抜けがきれいだそうで・・・・長年大阪に住んでいますが、行ったことがありません。

日本銀行発行しないお金ってどういう意味なんでしょう?

発行元が違うって話?お金はとても身近ですが、ちょっと謎。

硬貨は何処で作っているのでしょうか?

造幣局の中でしょうか?

日本銀行で発行されたお金はちゃんと日本銀行って書いてありますよね?

ん~~~どういうことでしょうか。

【スポンサードリンク】

日本の紙幣と硬貨は、別のところで作っている?

日本の紙幣は日本銀行、硬貨は日本政府が自ら作っています。

普段使っているお金をまじまじと見る機会というのは、意外に少ないのですが、あえて見てみるとお札、つまり紙幣には「日本銀行券」と書かれています

それに対して硬貨には「日本国」と書かれているのがわかるでしょう。

nitiginn2

経済に詳しい方にとっては今更な話ですが、意外に一般人が知らないことがあります。

これは紙幣を発行している日本銀行は、日本政府とは独立した機関だということです。

そして日本では紙幣を発行する権利を持っているのは基本的に日本銀行になります。

こうした構造になっているのはその昔、明治政府が戦費を調達するのに紙幣を乱発した結果、すごいインフレが起きてしまい、そうした失策を再び犯さないよう、政府が勝手に紙幣を発行できないようにしたからだと言われています。

ですから最近まで、日本はひどいデフレにあえいでいました。

が、その解決策として、「日銀にどんどん紙幣を刷らせればいいじゃないか!」という話がエコノミストから出ていたわけです。

しかし紙幣をどれだけするかの判断(正確には、紙幣をどれだけ市場に流すかという判断)を下すのは、日銀のトップである日銀総裁になります。

nitiginn3

まぁ、政府から日銀に対して紙幣を増やすように要望をすることは可能なのですが、最終的に決定するの尾は日銀総裁です。

硬貨は日本政府が自らはこうしているが、市場に及ぼす影響は少ない

1円から500円まで6種類の効果を作っているので酢が、硬貨の発行が政府に許されているのは、量産して市場に流しても市場に与える効果は小さいからだと言われています。

硬貨は別名「補助貨幣」と呼ばれていて、基本的に国内で流通することが前提のお金です。

その証拠に海外江紙幣は両替可能ですが、硬貨は原則的に両替できません。

そんなドメスティックな貨幣が恵勢に大きな影響を与えることはできないわけです。

【スポンサードリンク】

政府は絶対に紙幣を発行できないのか?近年議論された裏技「政府紙幣」とは?

日本政府が日銀に代わって紙幣を発行することが絶対にできないのか?と言われると、そうでもないようです。

2008年から2009年頃、低迷する日本経済を立て直すために、当時金融担当大臣であった渡辺喜美氏が、政府紙幣の発行によって財政を立て直す案を出しました。

この政府紙幣発行安易ついて、識者の間では通貨法(正式名称:通貨の単位および貨幣の発行等に関する法律)の改正が必要だとか、色々議論がなされました。

「日本政府は記念硬貨として1万円硬貨会って発行できるんだから、法改正なんかなくても政府紙幣を発行できるんじゃない?」という意見も出て、にわかに政府紙幣発行が実現性を帯びてきました。

nitiginn-4

しかし、結局花序供給によるインフレの可能性が拭い切れなかったため、幻の案として消えていきました。

そんなわけで、紙幣の発行は日銀が行い、政府が暴走しないように絶妙のコントロールをされているのです。

結局のところ、日銀の総裁の力が大きいということですね。

そして日本経済がインフレになってしまうか、デフレになってしまうかというのも、全て日銀総裁にかかっているわけです。

大変なお仕事ですよね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ