北極と南極 どちらが寒い【意外な答えが出た!寒すぎるのは・・・】




最近地球温暖化だの、氷河期に向かっているだの、いろんな話を聞きますが、南極北極、どちらが寒いのかって考えたことありますか。

なんか同じじゃないの?って適当に思ってしまいますが、日本の中でも気温が違うのだから、どちらかが寒くて、どちらかが暖かいっていうい気温の差があっても不思議じゃないですよね。

なので、今回北極では氷が解けてホッキョクグマが・・・・なんて話もありますし、では南極ではどうなんだ?

どっちが寒いの?って調べます。

【スポンサードリンク】

北極と南極、寒いのはどっち?

北極と南極の平均気温と観測史上最低の気温を紹介します。

【北極】

平均気温:-34℃

観測史上最低気温:記録が残っている場所ではシベリアのオイミヤコンの-71℃

【南極】

平均気温:南極点だと-49.5℃、記録が残っている場所では、ボストーク基地の-55.3℃

観測史上最低気温:ボストークの-89.2℃

なんと!南極の方がかなり寒いのです!!

なぜこんな違いが出たのでしょうか?

寒さの理由

南極の方が寒い理由

  • 南極は標高が高い
  • 南極は氷におおわれていますが、その氷の下は陸地です。そのため南極には起伏があります。実は南極全体の標高の平均は2,500mとかなり拘置なのです。標高が100m高くなる毎に気温は0.6℃下がると言われています。
    一方で、北極はほとんどが海です。すべて氷で覆われていますが、その厚さも最大10mなので、標高がとても低い場所なのです。
    この標高差を気温差に単純換算すると約15℃になります。

  • 北極は海
  • もう一つの理由は北極はほとんどが海ということです。北極全体は氷で覆われていますが、その下には海水があります。
    海水は潮の流れで常に巡っているため、あまり水温が下がりません。北極の下には常にそんなに冷たくない海水(とはいっても死ぬほど冷たいのですが)があるため。気温が下がりにくいのです。

という訳で寒いのは南極の方でしたが、北極と南極には、気温以外にも違いがあります。

どんな違いがあるのでしょうか。

【スポンサードリンク】

北極と南極の違い

北極と南極には気温以外にも違いがあります。

気温以外の違い

  • 北極は海、南極は陸地
  • 南極は何処の国の領土でもない

北極は海、南極は陸地

既に説明した通り、北極は身の表面が凍っただけで、地理上は海という扱いです。

一方で、南極は氷で覆われていますが、その下は陸地です。

その広さはオーストラリア大陸の2倍です。

え?そんなに大きいの?って驚く広さです。

南極は何処の国の領土でもない

南極は陸地です。

陸地であればどこかの国の領土なのかというと、実際は何処の国の領土でもありません。

住むにはあまりに厳しい環境であることや、厚い氷におおわれているため、昔は資源採掘を行うことが困難だったため、どこの国からも無視されていたのです。

しかし、1908年にイギリスが領有権を主張しだしたのをきっかけに、様々な国が領有権を主張しだし、領有権争いの危険が出始めました。

そこで、各国の争いを避け、南極を平和的に利用するため、南極条約という条約が各国の間で結ばれました。

南極条約では、南極の領有や軍事活動、資源採掘などを禁止しています。

今では、南極は地球の気候の研究や、科学実験などを目的として、各国の科学者が1000人~5000人ほどいます。

具体的にどんな寒さ?

北極の平均気温は-25℃くらいです。

皆さんのお家の冷凍庫ぐらいです。

対して南極の平均気温は-50℃くらいです。

熱湯を撒くと一瞬で氷になるくらいの寒さです。

バナナで釘が打てるっていうCMがありましたが、まさにそんな寒さ。

南極で今までで一番低かった気温は2013年に観測された-93℃です。

はるかに想像を超えています。

きっと人間は一瞬で死ぬでしょう。

一説にはマンモスが今でもきれいな状態で冷凍されているのは、-100℃くらいの冷風を吸い込んで死んだからというのがありますが、それに近いものがあります。

凄いですね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ