乳酸菌の取り過ぎは逆効果?【体には悪なのか・・・・】




nyuusannkinn3

乳酸菌ずっとブームですよね。

摂り過ぎって言う観念が無かったんですが、過ぎたるは・・・ってあるんでしょうか?

乳酸菌効果って言うのはもうテレビでもどこでも毎日見ない日が無いという位見かけますからだいたいは誰でも知ってると思うんですが。

最近では何にでも乳酸菌入ってますよね?

気にしてそういうものばかり買っていると摂り過ぎになるんでしょうか?

色んな種類のを摂ったほうがいいような気もするし、一種類にした方がいいのかとも思うし・・・・。

効果は多分乳酸菌の種類ごとに違うと思うんですけど、そのへんのもやもやを調べます。

【スポンサードリンク】

乳酸菌を摂り過ぎると悪影響はあるのか?そして副作用は?

健康のために意識して乳酸菌を含む食品を食べている方は、意外と多いのでは無いでしょうか?

乳酸菌を摂り過ぎると何か体に悪いことがあるのではないかと考えたことはありませんか?

今回は乳酸菌の摂り過ぎは体に悪影響を及ぼすのかどうかについて説明していきます。

なんとなく朝ヨーグルトを食べているけど、量は足りているのか、食べ過ぎになっていないか気になっている方は、この機会に乳酸菌の基礎知識を学んでみましょう。

乳酸菌を摂り過ぎるとどうなるの?

乳酸菌を大量に摂取してしまっても、特に大きな副作用は無いと言われています。

ただし、胃腸が弱い人は、腸の活動が活発になりすぎることで下痢や腹痛が起きる場合があるので注意しましょう。

生きた乳酸菌が沢山腸に到達したとしても、全てが善玉菌として働くわけではなく、相性が合わなかった場合や、多すぎた場合は便として外へ出て行ってしまいます。

やみくもに沢山乳酸菌を摂るよりも、自分の腸内と相性の合う乳酸菌を含む製品を探してみるほうが効果が得やすいかもしれません。

また、乳酸菌を摂るために、ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂取する際、糖分が含まれている場合は、大量に食べることで、肥満や虫歯の原因になりますので気をつけましょう。

乳酸菌は1日にどれくらい必要なの?

食品から乳酸菌を摂る場合は、1日に200~300g必要とされていますので、市販の大きめのパックのヨーグルトでしたら、450g程入っていますので、約半分ということです。

乳酸菌は熱や酸に弱く、腸に到達するまでに死んでしまうことが多いため、効果を発揮するには量が必要となってきます。

死んでしまった乳酸菌は、生きている乳酸菌のエサとなって腸内環境の改善に力になってくれますので、無駄にはなりません。

量がよくわからない、そんなに食べられないという人は、乳酸菌飲料やヨーグルトのパッケージに注目してみましょう。

「1日に必要な乳酸菌を含む」など、量がかいてあるものを選ぶと良いでしょう。

ヨーグルトや乳酸菌飲料のほかにも味噌・キムチ・ぬか漬けなどにも乳酸菌は含まれています。

そして乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を含む食品を一緒に摂るとより効果がアップします。

nyuusannkinn2

【スポンサードリンク】

整腸作用だけじゃない!乳酸菌飲料の効果

最近は様々な乳酸菌飲料が登場しているけれども、ほんとうに効果はあるの?

整腸作用の他にどんな効果があるの?

乳酸菌飲料とは

まずは、乳酸菌飲料とはどういったものなのか、基本的なことを解説します。

★乳酸菌飲料の定義

厚生労働省による「乳および乳製品の成分規格等に関する省令」では、乳酸菌飲料とは「乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させた物を加工し、又は主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」となっています。

簡単に言うと、牛などの乳を乳酸菌や酵母で発酵させたものを使った飲み物です。

なお、発酵乳とはヨーグルト(飲むヨーグルトを含む)のことです。

★乳酸菌飲料の種類

乳酸菌飲料は以下2種類に分けられます。

・乳製品乳酸菌飲料・・・牛乳の脂肪分と水分を除いた無脂乳固形分を3.0%以上含み、乳酸菌又は酵母の数が1miあたり1000万個以上。

この乳製品乳酸菌飲料は、生菌タイプと殺菌タイプに分けられます。

例えば、おなじみのヤクルトは生菌タイプで、カルピスは殺菌タイプになります。

殺菌タイプは生きた菌は居ませんが、殺菌された菌が腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、お腹の環境を整える働きがあります。

nyuusannkinn1

・乳酸菌飲料・・・無脂乳固形分は3.0%未満、乳酸菌(又は酵母)の数は1miあたり100万個以上含むもの。

乳酸菌飲料の効果

美味しくて飲みやすい乳酸菌飲料は、手軽に乳酸菌が摂れて、毎日続けるのにピッタリ。

毎日飲み続けることで、体にとってどのような良い効果が得られるのかご紹介します。

★整腸作用

乳酸菌は腸の中で糖分を分解して大量の乳酸を作り出し、腸内環境を整えます。

腸の蠕動運動を活発にし、便の水分量を調整して、排便をスムーズにする働きもあります。

善玉菌(乳酸菌)が増えることで、悪玉菌を減少させ、便秘や下痢などの悩みを改善してくれるほか、便秘によって起こる肌荒れなどを改善するなど美肌効果も期待できます。

★大腸の病気の予防

乳酸菌の整腸作用によって、同じく腸内に生息する善玉菌であるビフィズス菌を活性化します。

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出す働きがあり、酢酸の強い殺菌力によって、有害な悪玉菌の繁殖を抑え、腸を健やかに保ちます。

悪玉菌が増えると、便の腐敗臭がきつくなるだけでなく、体調不良に陥りやすく、大腸にポリープやがんが発生するリスクもま高ると言われます。

★インフルエンザ予防やアレルギーの緩和

腸管には全体の6割に当たる免疫細胞が集中しています。

腸内環境を整えることは、免疫細胞を活性化させて、免疫力をアップすることにつながり、インフルエンザ等に強い体を作ることが出来ます。

また、アレルギーの緩和に大きく関与する免疫細胞の「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスを整え、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する効果も期待できます。

nyuusannkinn4

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ