お盆 期間は何時。時期や期間は決まってる?お墓参りの日




OBON1

夏休み中の一大イベントといえばお盆

会社もお盆休みに入り、帰省する方もたくさんいらっしゃいますね。

そして、ご先祖様のお墓参り。

お墓参りって何時、どのくらいの時期期間に行けばいいのでしょう?

お盆休みってざっくりお休みなので、その間に行けばいいのかな?って思いがちですが、ちゃんとお盆時期期間も決まっています。

何時行けば良いのかこの機会にキッチリ覚えちゃいましょう。

どうしてもこういう風習や慣習って、地域にも差があったりして、難しいのですが、お盆は7月か8月。

ただ、行き帰りの大渋滞が頭痛のもとですがね。

【スポンサードリンク】

お盆の由来と、期間と時期、お墓参りは何時するの?

お盆の盆入りと中日と盆明けの由来と時期

日本人にとって欠かせない時期であるお盆。

お盆になるとお墓参りをし、提灯に灯りを灯して、果物やお花をお供えとして飾りますよね。

お盆には先祖供養の意味があることは判るのですが、そもそもどうしてお盆にお墓参りをするようになったのでしょうか?

提灯やお供え物にはどんな意味があるのでしょうか。

小さい時から当たり前のように行ってきたことですが、理由をきちんと知っている方は意外と少ないかもしれません。

そこで今回はお盆の由来や時期、盆入りや盆明けの意味について調べてみました。

そもそもお盆とは何?お盆の期間とスケジュールも教えて。

お盆は先祖や亡くなった方が浄土(あの世)から戻ってくる期間と言われています。

元は旧暦の7月13日から16日を指していましたが、明治6年以降の新暦採用により8月13日から16日に行う地域が多くなっています。

お盆の期間は、8月(もしくは7月)の13日~16日の4日間で、お盆に入る13日を「盆の入り」「迎え盆」、お盆が終わる16日を「盆明け」「送り盆」と呼び、中日である14日・15日に、法要や供養の儀式を行うのが一般的です。

お盆の由来や意味は

お盆は仏教行事と位置づけられていますが、日本では仏教が伝わる以前から存在していた古神道において、先祖供養やそれにまつわる神事が行われていたと言われています。

中でも、初春と初秋の満月の日には、先祖が地上へと戻ってくるので、それを迎え入れるおもてなしをする行事、というのが行われていました。

これには先祖供養の意味があるのはもちろん、同時に収穫や豊穣をお祈りする農耕儀礼の意味もあり、この2つは神事の中でも特に重要視されていました。

この初春と初秋の行事は後に、それぞれお正月とお盆に変化したと言われています。

また、「お盆」という名の呼び方の由来については、盂蘭盆会(うらぼんえ)の音写語と言われています。

盂蘭盆とはサンスクリット語で「逆さ吊り」という意味で、地獄のような苦しみにあっている人を、救う為の法要をすることを盂蘭盆会と言います。

この盂蘭盆会と元からの先祖供養が結びついたのが現在私達が行っている「お盆」と言われています。

お盆のお墓参りの時期は何時がいいの?お墓参りの作法は?

お盆の期間は13日から16日の4日間ありますが、お墓参りをするのは13日が良いとされています。

その理由は13日は盆の入り・迎え盆と言って、お盆の期間の初日だからです。

OBONN2

先祖はこの日に地上へと降りてくるわけですから、先祖を迎えに行くという意味で13日にお墓参りをするのが良いと考えられています。

もちろん、13日が難しいようでしたら、他の日でも構わないので、お盆にはお墓参りをして、先祖供養を行いましょう。

【スポンサードリンク】

お墓参りでやってはいけないこと

お墓参りでやってはいけないこと

  • 墓石にお酒をかけること
  • 故人や先祖がお酒が好きだったからという理由で、まれに墓石にお酒をかける方がいらっしゃいますが、墓石が汚れ、傷みやすくなってしまいますし、衛生的では無いのでやめたほうが良いでしょう。

  • 先行やロウソクノヒを口で吹き消すこと
  • 火は手で仰いで消すのがマナーです。

    仏様に供える火を人間の口で吹き消すということは、穢れた行為になりますので気を付けてください。

  • お供え物にした食べ物や飲み物をそのままにして帰ること
  • 夜間など、人気がなくなった頃に、カラスや動物がやってきてお墓の周りを汚してしまいます。

    お供えをしたものはその場で頂くか、持ち帰るようにしましょう。

東京と地方ではお盆の日にちは違うの?

テレビのニュースでは、お盆休みを8月の連休と伝えることが多いですが、実はお盆を8月に行う地方と7月に行う地方で分かれています。

7月にお盆を行う地方は、東京を初め横浜や東北の一部の地方などで、これは旧暦を今も重視した考え方が元になっていると言われています。

一方の8月にお盆を行う地方は、二通りの考えがあり、旧暦の7月15日が、新暦の8月20日前後だというものと、新暦の7月15日頃が農作業の繁忙期と重なったため、農業従事者が多い地方では、1ヶ月遅れの「月遅れの盆」を行っていたからというものです。

しかし、時代の流れとともに旧暦のお盆は廃れていきました。

理由としては、旧暦は毎年日付が変わるため、予定が立てにくいからです。

このため今も旧暦でお盆を行うのは、沖縄や奄美大島の一部とされており、日本の約7割の地方が8月13日から16日をお盆としているようです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ