お茶一杯のカフェイン含有量は何グラム(g)なの




adfc089d89e59c0203508992220e2e7d_s

毎日欠かさずお茶を飲む方がほとんどかと思います。

お茶にも様々な種類がありますが、その中でもカフェインという言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。

カフェインってよく聞くけれども、何なの?そしてカフェイン含有量って気になりませんか?

お茶一杯カフェイン含有量ってどれくらいあると思いますか?またそれはヒトにどんな影響を与えるでしょうか。

今回は『お茶一杯のカフェイン含有量は何グラム(g)なの』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

カフェインってなに?

興奮作用を持った物質です

  • カフェインとは?
  • カフェインの作用
  • カフェインの副作用

【カフェインとは?】

興奮作用を持った精神刺激薬です。医薬品や食品に添加されています。

アデノシン受容体に拮抗することにより、覚醒作用・解熱鎮痛作用・強心作用・利尿作用などをもたらします。

【カフェインの作用】

カフェインには中枢神経に作用し、興奮させることによる覚醒作用や強心作用、また皮下脂肪燃焼効果があります。利尿作用があるのも有名なところかと思います。

医薬品では主に無水カフェインとして、総合感冒薬(かぜ薬)や解熱鎮痛剤に添加されることが多いようです。

一方で覚醒作用があることから、眠れるようにカフェインを添加していないかぜ薬もあります。

食品においては特にコーヒーに含まれていることが有名ですね。

これは、世界ではじめてコーヒーの成分中に含まれていることが発見された物質であり、名前もコーヒーからとった『カフェイン』であることからよくわかりますね。

覚醒作用=気分がリフレッシュになるとして、カフェインを含む食品が好まれる傾向にあります。

【カフェインの副作用】

不眠・めまいがあらわれることがあります。

また、軽い依存性を持つこともあるようです。使用するたびに効果が得られにくいなど耐性がつきやすく、結果として大量摂取することがあります。

お茶にもカフェインが含まれています。

お茶の種類によってカフェインの含有量は異なります

  • お茶におけるカフェインの役割
  • お茶それぞれのカフェイン含有量
  • カフェインが含まれていないお茶

【お茶におけるカフェインの役割】

先ほどにも述べたように、リフレッシュ作用としての効果があります。

また、カフェインはお茶の『苦味』に関係しています。

お茶の若い芽ほどカフェインが多く含まれ、古い芽になるほど少なくなっています。

【お茶それぞれのカフェイン含有量】

お茶一杯を150mlとした時のカフェイン含有量(mg)です。

緑茶や抹茶は若い芽を使ったお茶ですので、カフェイン含有量は多くなっています。

緑茶(玉露)・・・・180mg

紅茶・・・・50~80mg

抹茶・・・・50mg

緑茶(煎茶)・・・・30mg

ほうじ茶・・・・30mg

ウーロン茶・・・・30mg

番茶・・・・15mg

玄米茶・・・・15mg

ちなみにコーヒーはドリップで100mg、インスタントで65mgになります(いずれも150mlあたり)。

【カフェインが含まれていないお茶】

麦茶・黒豆茶・杜仲茶・ルイボスティー・ハーブティー・タンポポ茶はカフェインが含まれていないお茶です。

【スポンサードリンク】

カフェインの取り過ぎに注意

実はしらないうちに大量摂取していることも・・・・

  • 1日のカフェイン摂取適正量って?
  • カフェインを取り過ぎるとどうなる?
  • カフェインを取り過ぎてしまったら

【1日のカフェイン摂取適正量って?】

大人のカフェイン摂取適正量は200mg~300mgと言われています。

日頃からお茶やコーヒーをよく飲む人であれば、軽く適正量を超えてしまうのではないでしょうか。

最近はペットボトルのお茶も普及しており、1本あたり350~500mlはありますので、何本も飲んでしまうとカフェインの過剰摂取となってしまいます。

【カフェインを取り過ぎるとどうなる?】

カフェインを過剰摂取した場合、夜眠れない不眠になり、睡眠パターンが崩れる可能性があります。

またカフェイン中毒となり、頭痛や頻尿などを引き起こすことも考えられます。

【カフェインを取り過ぎてしまったら】

寝る5~6時間前にはカフェイン摂取をひかえるようにしましょう

覚醒作用で眠れなくなることがあるので、特に不眠気味の人は摂取の時間帯も考慮する必要があるかと思います。

水分補給をしっかりしましょう

利尿作用で脱水状態になることもあります。カフェインの含まれていない水やスポーツ飲料を摂取することで脱水を防ぎ、からだの電解質バランスも保てます。

お茶を飲むなら、ノンカフェインのものを

カフェインの含まれていないお茶もたくさんあります。ノンカフェインのお茶を摂取することでカフェイン中毒は防ぐことができます

また、妊婦さんや授乳中の方にもノンカフェインのお茶は安心して飲むことができます

いかがでしたか?

お茶のカフェイン含有量を調べてみて、それぞれお茶の種類でも差があったり、飲み過ぎは禁物ということに驚きました。

わたしも日頃からお茶をよく飲みますので、なるべくノンカフェインのものを選ぶようにしようかなと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ