お中元の時期とマナー・意味・由来が分かる・・・




お中元画像

そろそろお中元の時期ですね。お世話になっている方に毎年どんなお中元を贈ろうかと悩んでしまいます。

一方で、なんとなく同じようなお中元を毎年続けて贈っていることもあるかもしれません。

お中元とは元々どんな意味や由来があるのでしょうか。意味や由来を知ることで、お中元も選びやすくなるかもしれません。

そして実はお中元にもマナーがいろいろとあります。知っておくと便利なお中元のマナー、いくつご存じですか?

ここでは『お中元についての意味や由来、また贈る時期やマナーについて』ご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

お中元の意味や由来って?

お中元の意味と由来について

  • 中国の教え・道教のひとつ
  • 中元は祖先の霊を供養する日
  • 江戸時代以降にお盆のお礼として贈り物をするように

お中元の『中元』は道教の習わしである三元のひとつです。

それぞれ旧暦になりますが上元は1月15日、中元は7月15日、下元は10月15日を表します。道教とは、中国の三大宗教(儒教・仏教・道教)のひとつです。

道教では祖先の霊を供養する日として盛大にお祭りしていましたが、仏教でも盂蘭盆会としてお祭りしており、それらが混同されたものだと言われています。

そして日本古来にも祖先の霊をお迎えして供養する習わしがあり、伝来した仏教の盂蘭盆会と重なったことから中元=お中元は祖先の霊を供養する日となりました。

また江戸時代以降になると親戚や知り合いが来て、お盆のお礼として贈り物をする風習がうまれました。それがお世話になった人への日頃の感謝と、健康を願う気持ちを込めた贈り物をする習慣へと変化していったとのことです。

それではいつ頃贈ればいいの?

お中元を贈る時期について

  • 地域によって時期が違う
  • 最近は土用の入りまでが一般的に

実は東日本と西日本では贈る時期が違うってご存知でしたか?

東日本では7月初旬から中旬まで、西日本では8月初旬から中旬まで、とされています。どうして1ヶ月も差があるのでしょうか?

それは、東日本の人は新暦を、西日本の人は旧暦を基準にしているからだそうです。お盆や正月など地域によって旧暦でされる場所もありますので、不思議なことではないのかもしれません。

ですが、現在では東日本・西日本問わず7月初旬から中旬までの土用の入りまでに贈ることが一般的になってきています。

贈り先によっては昔ながらの習わしを大切にしている場合もあるかもしれませんので、その場合はいろいろと考慮する必要があるかもしれません。

また、お中元を贈る時期を逃してしまった時には『暑中見舞い』または『残暑見舞い』として贈ります

【スポンサードリンク】

お中元のマナーって?

お中元を贈るときのポイントとは

  • 贈る相手
  • 喪中の場合
  • 金額の相場
  • 贈られてうれしいもの
  • 贈ると失礼にあたるもの

【贈る相手】

一般的には日頃お世話になっている方へ、ですので恩師や会社の上司、または遠く離れた両親や親戚になります。最近ではこどもの習い事の先生や主治医へといった場合もあるようです。

また、結婚の際の仲人や媒酌人へも最低3年間は贈るケースが多いようです。

【喪中の場合】

贈る側・贈り先が喪中の場合、忌明け後であれば贈るのは差し支えないとされています。ですが、どうしても気になる場合は事前に相手方へお断りを入れたうえで、お中元としてではなく暑中見舞いや残暑見舞いというかたちで贈る方法もあります。

【金額の相場】

お中元を贈る相手によって金額は変わってきます。3,000円から6,000円くらいが相場なようです。極端に高価なものや量が多いものはかえって相手方に気を使わせてしまうことになるのでご注意ください。

【贈られてうれしいもの】

何を贈るとよいのか、一番迷うところですね。相手の好みや家族構成、年代などを十分に考えて喜んでいただけそうなものを選ぶのが大切です。

お父さんにはビール、お母さんにはハムやソーセージ、こどもたちにはお菓子やジュース類など。商品券やカタログなどは好きな商品を選んでもらうことから人気があるようです。

【贈ると失礼にあたるもの】

何でも贈ってよいというわけではなく、贈ると失礼にあたるものもあります。

語呂合わせに関するものとしてクシ。『苦死(9・4)』と連想され、縁起の悪いものです。

花や植物は花言葉の中で不吉な意味をもつものもあるため、注意が必要です。

包丁やはさみなどの刃物は『切れる』ため、ご縁を断ち切ると連想されることから贈ると失礼にあたります。

他にもいろいろとありますので、選ぶ際には注意してくださいね。

いかがでしたか?お中元とはとても奥の深いものだなと感じました。

贈る側も、贈られる側も、お互いが気持ちよくお付き合いしていくためには、正しい日本の文化を知ることが大切だなと強く思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ