怒ると叱るは違う。怒り方・叱り方ひとつでこどもが変わる・・・・




739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_s

こどもがいたずらをした時、言うことを聞いてくれない時、ついつい怒る方ですか?それとも叱る方ですか?

『怒る』『叱る』って、似ているようにも思いますが、どう違うかご存知ですか?

『怒る』のと『叱る』。このふたつはどうやら似て非なるもののようです。そして、怒り方、叱り方の違いでこどもが変わるようです。

子育てに悩んでいる方々、こどもが変わるって不思議だと思いませんか。

今回は『怒ると叱るは違う。怒り方・叱り方ひとつでこどもが変わる・・・・』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

怒ると叱るの違いって?

大きな違いは、自分の都合のためなのか・こどものためなのか、ということです

  • 怒るの意味
  • 叱るの意味

【怒るの意味】

『怒る』とは、自分が腹を立てている、などの自分(親)の感情を外に向けて爆発させたものです。

腹を立てて怒りの感情を発散させているため、相手(こども)がいてもいなくても『怒る』のです。

自分の思い通りにならないから感情の思うままに怒りを発散させるため、相手がどうなろうとどんな気持ちになろうともおかまいなしだったりもするのです。

自分の都合で興奮して怒るため、意図が相手にうまく伝わらないことだってあるのです。

あまり気持ちのよいものではありませんね・・・

【叱るの意味】

『叱る』とは、相手のことを思い注意やアドバイスとして、あえて語気を強めたりすることで強く伝える言い方になります。

感情的にならず、どちらかというと冷静に相手を『叱る』のです。

相手のことを考えて、理性を保ちつつ『いけないことはいけないんだ』と教えるため、相手がいてこその『叱る』動作があるわけです。

また相手に間違いを気付いてもらう意味合いもあり、どちらかというと前向きな考え方のような気がしますよね。

怒ると叱るではこどもの受け取り方が違う?

こどもにも気持ちはしっかり伝わるのです

  • 怒ると親とこどもはどうなる?
  • 叱ると親とこどもはどうなる?

【怒ると親とこどもはどうなる?】

親の感情の思うままに『怒る』ため、こどもにはどうして親が怒っているのか?また、なぜ怒られているのかわからないことがしばしばあります。

親にしてみると、自分の都合だけで怒っているため、こうしてほしいという気持ちのベクトルは親自身に向いています。

ですので、こどもが理解してもしなくても関係がない状態です。

そして、こどもはわけがわからないまま理不尽に『怒られる』ことで恐怖心さえ覚えてしまうことがあるのです。

恐怖心を覚えてしまったこどもは常に親のご機嫌を伺うようになってしまうことだってあります。

そうすると、思い切り行動できず『こどもらしさ』というものも失ってしまうことになりかねないのです。

最悪、こども自身が怒りの感情しか受けられないために、『自分はだめな子なんだ』と思うようになってしまいます。その結果、自己否定しやすく、こどもの成長過程にも悪影響を及ぼしてしまいます。

また親自身も気持ちがこどもに伝わっていないので、怒り疲れてしまう、という悪循環しかおきませんよね。

これでは親子関係も悪化してしまいます。

【叱ると親とこどもはどうなる?】

親は冷静に、こどものためを思って『叱り』ます。

こうしてほしいという気持ちのベクトルはこどもへ向いているので、こどもに合わせた注意やアドバイスの仕方ができます。

こどもにとっても『叱られる』けれどもその原因はわかっていて、かつ納得できるものなので受け入れられるのです。

受け入れられるということは親の気持ちが通じているということ

こども自身も『叱られたのはこういう理由なんだな』『注意されたから今度はされないように気をつけよう』という気持ちになり、親の気持ちもしっかりと受け止めてくれるのです。

【スポンサードリンク】

では、どのように『叱る』とこどもは変わるのでしょうか。

叱るときは、本気で叱る

こどもも親をしっかりと見ているものです。中途半端に叱ったのではなかなか言うことを聞いてくれない場合もあります。

悪いことをしていたら、こどもの手をとって『叱る』ことが必要です。

また、他人や自分を傷つけたり、生命にかかわることであればはっきりとした態度で『叱る』ことも大事です。

叱るときはこどもが理解できる言葉や態度で

こどもと目線を合わせること、これはとても大事なことです。目線を合わせる=こどもと同じ立場に立つということでこども自身も受け入れ方が変わってきます。

しっかり、はっきりした言葉で毅然とした態度で『叱る』ことが必要かと思います。

いかがでしたか?

わたしも子育て真っ最中です。振り返ると、怒っていることの方が多いし、こどももあまり言うことをきいてくれないな・・・と反省することがたくさんあります。

こどものしつけ方は何年子育てをしても難しいなと感じますが、こどものためを思う叱り方で親子関係が良好に保つことができるとよいのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ