折り紙の始まりや歴史は?こんな昔から折られてた。




origami4

折り紙は老若男の誰でも触れたことのある日本の文化ですが、歴史始まりについて考えたことは無かったですね。

始まりってどうだったんだろう?

そこから歴史がどうなって今に至るのかちょっと興味がありますね。

【スポンサードリンク】

折り紙の始まり

7世紀に日本に紙が伝わり、日本人の工夫により、薄くて丈夫な「和紙」が生まれました。

最初は「写経」や「記録」に使われていましたが、だんだん神事にも使われるようになり、ものを包むという用途が生まれました。

折り紙の歴史

やがて供物を包む時に折り目がつくのを、美しく折って飾る儀礼折が生まれました。

14・5世紀に入ると、小笠原家や伊勢家によって様々な礼法が整えられ、紙包みの礼法お(儀礼折)もその頃考えられたものです。今使われている熨斗包や雌蝶・雄蝶などの折り方はその名残です。

やがて礼法や決まりから離れて、折り方そのものを楽しむようになったのが「折り紙」です。江戸時代に入ると紙の生産量も増え、「折り紙」は一層庶民に親しまれるようになりました。寛政9年(1797年)には、世界で最も古い折り紙の本「秘傳千羽鶴折形」が出版されています。

origami

明治時代に入ると、「折り紙」は幼稚園教育にも取り入れられ、小学校では手工や図面でも教えるようになり、ますます盛んになりました。現在では「折り紙」は世界中に広まり、折り紙愛好家の団体がいくつも出来て盛んに活動を続けています。

【スポンサードリンク】

折り紙の種類

  • 不切正方形一枚折
  • 複合折
  • 切り込み折り紙
  • ユニット折り紙
  • 仕掛け折り紙

不切正方形一枚折

(ふせつせいほうけいいちまいおり)と、読む。折り紙のうち、ハサミを使用せず、正方形の紙1枚だけを用いた折り紙をこう呼ぶ。原理主義的な折り紙であり、この折り紙を好む物もいる。

複合折

対象を幾つかの部分に別けて折り、それを組み合わせて作る折方。伝承的なものでは「奴さん」「袴」を組み合わせたもの。

origami5

切込みを入れなくても比較的簡単に複雑な形を表現でき、mた、色違いの紙を使うことで、カラフルな作品に仕上げることもできる。組み立てる際に糊やハリガネを使うこともある。

切り込み折り紙

紙に切込みを入れて角の数を増やしたり、一部を切り取ったりすることによって複雑な形を折りやすくした折り方。折り紙愛好者からは邪道扱いされることもあるが、「不切正方形一枚折り」にこだわって折り方が複雑になりすぎるより良いという意見もある。

「秘傳千羽鶴折形」に見られるような、「つなぎ折り鶴」は、ハサミを使って作る。

tunagioriduru

ユニット折り紙

何枚もの紙を同じ形に折って、それらを組み合わせ、一つの作品を作り上げる折り紙作品をユニット折り紙と呼ぶ。ユニット折り紙の対象には、対称性の高い多面体(一般に「くす玉」と呼ばれるものなど)箱などが多い。

枚数としては2枚から数十枚、多いものでは一万枚以上もの紙を組み合わせることがある。ユニットを組み合わせるときには、紙の摩擦のみで全体を支えるのが理想であるが、場合により糊付けや、糸で綴じるケースも有る。

ユニット折り紙作家としては、笠原邦彦・川村みゆき・布施知子などが有名。類似のものに、「折り紙細工」がある。伝承の「「手裏剣」もまたユニット折り紙の一つである。

仕掛け折り紙

上記の折り紙に加えて、動かせる玩具として作られたもの。古くは「カメラ」(シャッターが開く)や、「羽ばたく鳥」(首と尻尾を持って羽を動かせる)など。近年には神谷哲史の「黒い森の魔女」(魔女⇔ドラゴンに返信する)などの複雑なものもある。

origami3

私は騙し舟とかで不思議な気持ちになった子供時代を思い出しました。

花かごに飴玉を入れたり、友達に授業中に手紙を書いて折ったり、受け継いでいきたい文化ですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ