お酒の適量って?【ビール・ワイン・焼酎などで変わってくる】




お酒は年を取るごとに弱くなってきました。

昔はうわばみ・・・いえ、ザル・・・・いえ、底なしとか言われましたが、今やダメダメです。

何が原因なんだか。

お酒適量っていうのも、その日の体調とかもありますし、いろんな条件で変わるから、一概には言えませんが、やっぱり若い時は飲めますねぇ~

歳とともにお酒適量変わるし、好きなお酒変わっていきますね。

昔はなんでもいいわ~って言ってたけど、今はどれもいらんわ~になっております。

これもこれでものすごく寂しいですね。

飲まないのはいいですけど、飲めないのは勘弁してほしいと思う今日この頃です。

【スポンサードリンク】

お酒の適量は「1~2単位」まで

「適量」を決めるのは、血中アルコール濃度

「お酒を飲むなら適量を守りましょう」・・・何度も聞いた言葉ですが、この「適量」というのが大問題!

「二日酔いにならない程度かな」「記憶を失う直前でしょ?」など、ヒトによって解釈も様々ですが、適量の決め手となるのは血中アルコール濃度です。

体内に入ったアルコールは約20%が胃で、残りの80%が小腸で吸収され、血流にのって全身を巡る途中、肝臓で分解されます。

どんどん分解されれば酩酊せずに済むのですが、肝臓のアルコール処理能力は限界があり1時間で体重1kgにつき、100ml程度と言われています。

処理しきれなかった分のアルコールは血液中に残り、再び体内を循環します。

血液中にどれだけアルコールが残っているかで酔いの状態が違ってきますが、血流が良くなり、リラックスしたり、容器になる”ほろ酔い状態”の時には、アルコール血中濃度が0.1%、これ以上濃度が高くなると、ふらついたり、吐き気をもよおしたりと、酩酊状態に陥ってしまいます。

というわけで、お酒の「適量」とは血中濃度が0.1%までに抑えられる分量を言います。

ここは丸暗記!適量は「2単位」まで

「血中アルコール濃度0.1%」と言っても、実際どれくらいの量に該当するのか、ピンと来る人は少ないだろう。

そこで便利なのが、「お酒の単位」という考え方です。

清酒1合、ビール大瓶1本、ワイン1/3本、ウイスキーの水割り(シングル)2敗に含まれるアルコールの量がだいたい22g前後。

体重の60㎏の人が30分以内に飲んだ場合、約3時間で分解される量に相当するが、これを「酒1単位」としている。

医学的には「1日2単位まで」というのが定説。

例えば、ビール1本(633ml)とワイン1/3本(240ml)飲んだら、合計2単位というわけ。

大好きなお酒と末永く付き合うためにも、まずは「酒1単位」を丸暗記しよう。

もうちょっとカスタマイズするなら・・・・

肝臓のアルコール分解能力は体重によって変わってきます。

つまり、体重が重いほどアルコール分解能力が高く、逆に女性などのように体が小さい場合には「酒2単位」よりも適量が少なめということになる。

自分の体重に合わせて適量をカスタマイズするなら、下記の計算式で適正飲酒量を求めてみましょう。

例えば体重50キログラムの人の場合、ビール(アルコール濃度5%とする)の適量は

【0.1×833×50】÷5=833mlとなり、ビール1本と1/3本程度の量に該当する。

この時ばかりは、体重が重い方がちょっとお得な感じですね。

【スポンサードリンク】

飲む前に読む・二日酔い防止術

飲む前に食べる

アルコールを順調に代謝するためには、丈夫な胃と肝臓が必要です

まず胃と肝臓をアルコールから守る成分を食べて、”飲み”に備えよう。

また、日ごろからこうした成分をサプリメントで補っておくのもいいでしょう。

飲みながら食べる

乾杯のあと、飲む方にばかり一生懸命になってはいけない。

「飲みながら食べる」ことが、二日酔い防止術の鉄則だ。

アルコール代謝を助ける成分をおつまみなどで補いましょう。

飲んだ後に食べる

既に二日酔い状態の場合は、アルコールの代謝を促進することと、アルコール分解の途中で生じたアセトアルデヒドの分解を促すことを心がけよう。

まずは水分を摂取し、食欲が出てきたら栄養補給を。

さて、ある程度酔いがさめ、元気が回復してきたら、ぬるめのお風呂に入ったり、ウォーキングなどの軽い運動を。

血流が良くなり、アルコール分解がされに早まります。

ただし、飲酒直後は絶対にNG.

肝臓への血流が減って機能が低下するばかりか、心臓に負担がかかり、命を落としかねない。

また、迎え酒も×。

アルコールで脳を麻痺させ、一時的に血糖値を挙げて頭痛や吐き気を抑える効果はあるものの結果はさらにひどい二日酔い状態を招くことに。

迎え酒が
習慣化すれば、アルコール依存症にも近づいてしまいます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ