おせち料理の由来や意味を解説【世界でも食べられていた!!】




最近ではお家でおせち料理を作る家も減ってしまい、いろんなところで作ってもらうことが増えました。

大変ですからね~下準備もそうですし、昔のように三が日それしか食べないっていうことも無くなりましたし。

元旦からスーパーも開いてますしね。

おせち料理結構お値段かかるんですよ。

手作りでも。

由来はいろいろあるみたいですけど、一つ一つの意味も昔両親に教えてもらったんですが、忘れてしまったものもありますね。

由来意味を語り合いながら静かにおせちを家族で食べる・・・っていうお正月もいいですね。

なかなか家族が揃わない時代になりましたけどね。

【スポンサードリンク】

おせち料理の由来

今では、お正月に食べるお祝いの料理を指しておせち料理と言いますが、その起源は古く、弥生時代と言われています。

当時の人々は、作物の収穫を季節フォトに神様に感謝して生活の節目を付けていました。

自然の恵みや収穫に感謝して神様に備えたものを「節供(せっく)」と言います。

また、備えたものを料理して、大量や方策を願い、自然の恵みに感謝して食べた料理そ「節供料理といいます。

この「節供料理」」がおせち料理の始まりです。

時代の流れの中で、中国から節供の行事が伝わると宮中では元旦や五節句の宮中行事の際に、「節会(せちえ)」と言われる宴が催されるようになります。

節会で神様に備えたり、ふるまわれた料理を「御節供(おせちく)」と言い、その後、略されて「おせち」と言われるようになりました。

江戸時代になり、庶民が宮中行事を生活に取り入れるように案ると、おせち料理は全国的に広がっていきました。

1年の節目で一番大切なお正月に食べる料理をおせち料理と呼ぶようになったのも、この頃です。

おせち料理を感じで「御節料理」と書くのも納得!ですね。

※五節供とは?

1年に5かいある季節の節目の日(節日)のことで、1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)を指して言います。

おせち料理の意味

洋食屋中華料理のおせちも目に付く今日この頃ですが、おせち料理は、もともと日本にある行事食でもあります。

重箱に詰められている料理や素材が、それぞれに意味を持っています。

それでは、一般的な三段重の場合を例にして一つずつ見ていきましょう。

一の重

お屠蘇を祝うための祝肴(数の子、田作り、黒豆、たたきゴボウ)や口取り(かまぼこ、伊達巻、栗きんとんなど)を詰めます。

・数の子

数の子はニシンの卵です。

ニシン(二親)は卵が多い(たくさんの子が出る)ので、子宝や子孫繁栄を願う縁起物として食べられます。

・田作り

その昔、田植えの肥料に乾燥したイワシが使われていました。

田作りという名前は、田を作るというところに由来しています。

また、イワシの肥料を使った田んぼが豊作だったところから、、別名ごまめ(五万米)とも呼ばれています。

豊作を祈願する食べ物です。

・黒豆

黒色は道教で魔よけの色とされています。

この一年まめ(まいめ)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにと、邪気を払い、無病息災を願った食べ物です。

「黒く(真っ黒に日に焼けるほど健康に)まめに暮らす」という語呂合わせからという説もあります。

・たたきゴボウ

ごぼうは、地中深く根を張るので、家(家族・家業など)がその土地にしっかりと根を張って安泰にという願いが込められています。

また、その色や形が黒い瑞鶏(豊作の象徴)に似ていることから、豊作を願って食べられました。

たたきゴボウは別名開きゴボウとも言われ、運が開くという意味も持っています。

口取り

・紅白かまぼこ

かまぼこの形(半円状)が、初日の出の形に似ていることから用いられます。

赤色は魔よけを、白色は清浄・神聖を表します。

また、紅白で縁起が良いとされています。

・伊達巻

伊達巻の「伊達」は、華やかさや派手さを表す言葉で、華やかな卵焼きという意味で伊達巻という名前がついてとか、伊達政宗が魚のすり身に卵を混ぜて焼いたものを好んで食べたなど、諸説あります。

伊達巻の形が、巻物に似てるから、文化の発展または、学問や習い事の成就を願う食べ物です。

・栗きんとん

きんとんは漢字で金団と書きます。

その字の通り金の団子つまり金銀財宝を意味し、金運を呼ぶ縁起ものです。

二の重

口代わりの酢の物焼き物を詰めます。

一の重に詰め切れなかったものや煮物を詰めても大丈夫です。

酢の物

・紅白なます

紅白の色は水引を表しており、平安と平和を願う縁起ものです。

・ちょろぎ

ちょろぎは「長老木」「長老喜」「千代老木」「長呂貴」といったおめでたい感じがあてられ、長寿を願う縁起物として食べられます。

・酢蓮

レンコンは、仏教で仏様のいる極楽の池にあるといわれており、穢れのない植物とされています。

沢山の穴があることから、将来の見通しがいい(先見性がある)という縁起を担いだ食べ物です。

・菊花かぶ

旬のかぶをおめでたい菊の花に飾り切りし、紅白の酢の物にしたのが、菊花かぶです。

長寿を願う縁起物として食べられます。

また、武家社会では、かぶは頭に通じることから、頭(かしら)を目指すようにと、縁起のいい食べ物として広まったとも言われています。

【スポンサードリンク】

焼き物

・海老

海老の姿に例えて、腰が曲がるまで長生きしますように。

長寿を祈る食べ物です。

赤は魔よけの色と言われていますが、それとは別に、海老の朱色が晴れやかであることから、おせち料理に用いられるという説もあります。

・ぶり

ぶりが成長とともに名前が変わる出世魚であることにあやかって、出世を願って食べられます。

・鯛

祝の席にはつきものの鯛ですが、「めでたい」のごろ合わせから用いられています。

・うなぎ

おせち料理にうなぎが入るようになったのは、ごく最近のことです。
うなぎのぼりにあやかって、出世を祈願するものです。

三の重

筑前煮や煮しめなど、季節の野菜をたっぷり使った煮物を詰めます。

・昆布巻き

昆布は養老昆布=およろこぶで不老長寿とお祝いの縁起物です。

「子生(こぶ)」の字をあてて、子孫繁栄を願うものでもあります。

また、巻物に通じることから、伊達巻同様、文化の繁栄や、学問成就の意味も持っています。

・煮しめ

根菜を中心とした野菜などを一緒に似た煮しめには家族が仲良く一緒に結ばれるという意味があります。

もちろん!!

煮しめに入る具材も、それぞれ意味を持っています。

・里芋   親芋にたくさんの小芋が付くことから、子宝に恵まれますようにという願いが込められています。

・くわい  最初に大きな目が出ることから「めでたい」にかけて、出世(芽が出る)を願った食べ物です。

      黄色に色付け(クチナシで着色)することで剤を表し、お金や豊かさを祈願します。

      また、昔の仮名遣いで「か」を「くわ」と書いたことから、

      くわい→かい→快で一年を快く過ごすことが出来るように。

      という説もあります。

・陣笠椎茸(椎茸)

      椎茸の笠を陣笠に見立てたものです。

      神様へのお供えとして珍重されていた椎茸は、元気、壮健への願いが込められています。

・楯豆腐(豆腐)

      煮含めた高野豆腐に焼き目を付けて楯に見立て、家が守られるように

      という祈りを込めたものです。

・手綱こんにゃく

      こんにゃくを手綱に見立てたもので、手綱を締めて心を引き締め、己を厳しく戒め戦いに備える心を養うということを意味しています。

      武家社会の名残がここにあります。

      また、「結び目」が「円満」「良縁」に通じることから、縁を結ぶという縁起を担いで用いられます。

・梅花ニンジン(にんじん)

      梅は、花が咲くと必ず実を結ぶことから縁起物とされています。

      また、ニンジンの赤色は寿を表すとも言われています。

      ちなみに・・・・・円くかたどったにんじんは、日の出にんじんと呼ばれます。

      まん丸は良縁を意味するそうです。

・たけのこ

      たけのこは成長が早いので、子供がすくすく育つように願った、天に向かって伸びるので立身出世を願ったもの。

      その成長する様子を家の繁栄に例えたなど、様々な説があります。

※昆布、レンコン、ゴボウはほかの料理と被るので割愛させていただきます。

一言でおせち料理と言っても、お住まいの地域によって違いがあります。

あれがない!

と思う料理もあるかもしれませんが、そのあたりはご勘弁ください。

それにしても重箱の中には、たくさんの願いが込められているものですね。

選り好みをしないで、重箱の中のものを全種類制覇したくなりました。

世界のおせち料理

海外ではいったいどんなお正月料理が食べられているのでしょうか?

中国   餃子や餅

韓国   トッククと呼ばれるお雑煮に似た料理

台湾   紅白湯圓(ホンバイタンユェン)という紅白の白玉が入った甘いスープ

ロシア  ベリメニと呼ばれるシベリア地方の料理が定番。

アメリカ ブラック・アイド・ピーという種類の豆を使った煮込み料理。

イタリア ザンポーネという豚足の皮に豚のいろいろな部位のミンチを詰めた料理。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ