お葬式の相場は?【親・兄弟・親戚・ご近所・】違いを解説




osousiki3

お葬式も地域によっていろいろと相場違いますが、本当に冠婚葬祭は、その時々でいろいろと変わってくるので難しいですよね。

お香典一つ例にとってみても、頂かない、代わりにお返しもない・・っていうのが私の周りではブームです。

お葬式の悲しみに包まれている中、お香典を計算したりお返ししたりっていう作業をするのも遺族の方にとっては負担だということで、なくなっていくようですが、田舎の方に行ったりすると、その地域ならではのやり方とか、違いに驚くこともあります。

相場も、そこの家に聞かないとわからないようなときもあります。

本当に冠婚葬祭は難しいですね。

【スポンサードリンク】

一般的な「お葬式」にかかる費用はどれくらい?

亡くなった人を弔うために執り行われるお葬式。

さて、皆さんはこのお葬式を行うために必要な費用は、どのくらい必要かご存知ですか?

今回は、一般的なお葬式を執り行う際の費用はいくらぐらいなのか、調査してみました。

「葬儀自体」「飲食費用」「寺院費用」の3つが必要

お葬式を執り行う際、必要な費用は大きく3つに分けられます。

「葬儀自体」の費用、次に葬儀関連での「飲食費用」、最後にお寺などに支払う「寺院費用」です。

最初に「葬儀自体」の費用から計算していきましょう。

まずはお葬式を執り行うのに必要な「斎場費」から。

斎場費は自治体の施設なら30.000円~100.000円、企業が管理している民営施設なら、100.000円~200.000円が目安です。

今回は間を取って150.000円で計算します。

田舎だと葬儀が行える規模の家が多くあるので、こういった斎場費は必要ありませんが、

最近は斎場で執り行うのが一般的のようです。

次はお葬式に必要な「祭壇」の費用です。

Funeral

Funeral

これは葬儀社によっていろいろですが、最低でも200.000円以上の費用が必要になります。

続いて裁断周りをそろえるのに必要な費用を挙げていきます。

・遺影・・・10.000円~

・棺・・・15.000円~

・骨壺・・・5.000円

・葬儀用の供花・・・8.000円~

・位牌・・・1.000円~

・枕飾り・・・15.000円~

最低でもこれらの費用が必要です。

葬儀社によっては、棺や骨壺などのお金も祭壇費とセットになっている場合もあります。

また棺や骨壺は非常に高額なものもあるので、上を見ればキリがありません。

その他にも、故人の遺体を冷やすドライアイスの料金も1日で10.000円ほどかかるので、お通夜と合わせると2日で20.000円になります。

遺体を病院から斎場まで運ぶ際にもお金が必要です。

「遺体搬送車」の料金は10.000円ほど。

搬送する距離によって、ここから料金が加算されるので、およそ20.000円ほどになるでしょう。

その他、「霊柩車」は20.000円、火葬場までの「送迎者」を利用する場合は50.000円~100.000円が必要になります。

また、遺体搬送車や霊柩車を葬儀社が手配する場合は、手配手数料が発生します。

これらの葬儀費用をまとめると、

・斎場費・・・150.000円

・祭壇費用・・・200.000円

・祭壇周り費用・・・74.000円

・遺体搬送費用・・・90.000円(遺体搬送車+霊柩車+送迎バス)

合計で514.000円となります。

osousiki2

葬儀自体で、最低でもこの金額が必要です。

【スポンサードリンク】

葬儀以外にも大きな費用がかかる

葬儀自体の費用は計算できましたが、お葬式にはこれ以外にもお金が必要となる場面があります。

通夜振る舞いや精進落としなどでの「飲食費」、そしてお寺などに支払う「寺院費用」です。

まず飲食費ですが、日本消費者協会が2010年に発表した、葬儀全体での飲食費の全国平均が454.716円となっています。

もちろん、料理の程度やお酒の消費量によって値段は大きく左右しますが、今回はこの金額を参考にします。

次にお坊さんに支払う寺院費用です。

まず必要なのが、お葬式で導師さんにお経を読んでもらうための「お布施(読経料)」。

お布施の相場はだいたい150.000円と言われています。

またお葬式には導師さん以外に脇導師さんが数人ついてくる場合もあり、脇導師さんたちには導師さんに払うお布施の3分の1を支払います。

ですので、脇導師さんに3人来ていただいたと考えた場合は、一人50.000円×3人で150.000円必要。

またお通夜でも導師さんにお布施を支払う必要があり、これがおおよそ30.000円。

osousiki5

戒名を付けてもらう際にも約100.000円ほど必要になります。

これら以外にも香典をいただいたうぃとへの「香典返し」や、お葬式をする際にお世話になった人への「心づけ」が必要です。

香典返しの相場は一人5.000円と言われています。

あた、香典などの会計をしてくれる世話役さんには10.000円ほどが必要になります。

では、これらの葬儀以外で必要になる費用と、葬儀自体の費用の合計金額を計算してみましょう。

・葬儀・・・514.000円

・飲食費・・・454.716円

・寺院費用・・・430.000円

・香典返し・・・250.000円(ひとり5.000円で50人と計算)

・心づけ・・・10.000円

これらを合計すると、1.658.716円となります。

一般的なお葬式を執り行うには、大まかな要素だけの計算でもこれだけ費用が必要なのです。

様々な要因で金額は変わりますが目安としてはこれくらいだと覚えておけば、万が一の時の参考になるのではないでしょうか?

osousiki1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ