お年玉、由来や意味を解説。相場を調べてみてビックリ!!!




otosidama3

私が子供ののころはお年玉という制度はもうすでにありましたが、今の子供みたいに、高価なものではありませんでしたね。

何を由来にしてお年玉が始まったのか?どういう意味があるのか?相場はいくらなのか?

このあたり、みんな気になるところでしょうから、調べてみます。

特に、相場・・・これは大切です。

でもちゃんと由来とか意味とかも大人として知っておかないと、子供に質問されたときに青息吐息にならないようにね!

相場間違えて恥かかないように!

【スポンサードリンク】

お年玉は何歳から何歳まであげるの?

せいき

これものすごくみんな知り買いところですよね????

お年玉をあげる年齢に正式な決まりはありません。

地域や家族によるようですね。

まず・・・・

何歳からあげるのか

甥や姪、あるいは友人や知人のお子さんには3歳くらいからあげるのが一般的です。

このように小さいお子さんの場合には、現金にこだわらずにお菓子屋おもちゃなどを挙げる家庭も少なくありません。

現金でお年玉を挙げるのは幼稚園に入園してからという家庭が多くなってきます。

そして、なんとなくお金の価値がわかってくる小学生になるとほとんどの家庭でお年玉を現金であげるようになるですね。

お年玉をあげる年齢にこれと言った決まりはないので、事前にそれぞれの親同士や親戚同士で「〇さいからあげる」と話し合って決めておくといいですね。

ところで。

「赤ちゃんへのお年玉」はどうするのがいいのでしょうか

0歳~2歳くらいまでの未就学児には、もう少し大きくなってからと割り切って、お年玉は上げない場合が結構あるみたいですよ。

しかし、赤ちゃんいというよりは、パパやママに気を配ってお年玉をあげる家庭もありますよね。やはり考え方は人それぞれなので、各家庭で違いが出るのは当たり前のことです。

ご夫婦で、考え、決めて大丈夫ですよ

でも、どうしても気になるのであれば、この場合も家族や親せきにそれとなく聞いたり相談したりしてみましょう。

何歳まであげるのか

一度お年玉をあげ始めると、辞め時をいつにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

お年玉は何歳まであげるのが一般的なのでしょう。

お年玉はいつまで

  • 社会人になるまで、(高校生または大学生まで)
  • 成人になるまで

大きくこの2つのパターンが多いようです。

賛否両論ありますが、酢食指社会人になるまで(高校生または大学生まで)が無難のようです。

私の場合ですがいとこのお年玉(ほんとはいらないと思うんだけどいとこ頭だったから要求されてね)いとこのお年玉は成人になるまで、と考えていましたが、叔母から、大学出るまで頂戴ね、と言われたのでそうした経験があります。

やはりこちらも、親同士や親族導師でいつまでお年玉を渡すのか忌めておくのが最善の方法です。

何にしてもそうですが、始める時よりも終える時の判断の方が難しいですよね。

なので、事前に決めておくことがもめることもなく安心なのです。

【スポンサードリンク】

お年玉の相場はいくら?

気になるお年玉の相場はいくらなんでしょう。

お年玉といえども、どのくらいにしたらいいのか悩みますよね。

一般的には

年齢÷2×1.000円と言われています。

お年玉の相場

  • 赤ちゃん   1.000円
  • 幼稚園・保育園    2.000円
  • 小学生。低・中学年   3.000円
  • 小学校高学年    3.000円~5.000円
  • 中学生   5.000円
  • 高校生   5.000円~10.000円

お年玉袋に入れるお金は新札が常識なの?

お年玉に新札は常識、その理由は?入手方法は?居り方に決まりがある?

赤ちゃんの場合ですが、生まれた年から2歳くらいまではお年玉のやり年をしないという話も効きます。

しかし、赤ちゃんの時からあげる場合は、お金ではなくて、おもちゃやお菓子などにしている人もいるようです。

0歳~3歳くらいまでは1.000円程度が相場です

ですが、この年齢はお年玉が何の事だかわからない時期なので、現金でお年玉をあげると考えた場合は、代わりに両親に渡すことになります。

otosidama2

その際はもう少し多めの金額にしましょう。

そして、「〇〇ちゃんの好きなものを買ってあげてね」と一言添えましょうね。

幼稚園・保育園児の場合

おもちゃ屋絵本が子供本にも喜びそうですね。

この年頃はお金の存在もわかり始めている時期です。

なので、硬貨(100円玉や500円玉)入れたお年玉袋をあげるのもいいでしょう。

笑顔で数え始めたりして大喜びしますよ。

6歳からは

現金であげましょう。

この頃になると、硬貨では喜んでくれませんよ。そして、

小学生や中学生になると、兄弟姉妹で金額が違うと言ってけんかになったり、泣かれたりともめごとが起こったりするばあいがあります。

この対策として、

事前に親同士や親戚同士で話し合って決めておくことをお勧めします。

お年玉の語源・由来

お年玉の「お」は接頭語。

古くは正月行事として「歳神」を迎える祭りがあり、「門松を立てて鏡餅を備えた」

お年玉の語源は、備えた餅をおさがりとして子供たちに食べさせ、「御歳魂」(としだま)と呼ばれがことからとする説がある

otosidama3

また、このもちは年初めに分配されることから、年の初めの賜物(たまもの)で「年賜」が変化したとする説があり、いずれも歳神に由来する。

お年玉が金品を贈る言葉として用いられた例は、室町時代から見え始め、冬至は茶碗や扇など様々なものが贈り物として用いられた。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ