紅茶、緑茶、ウーロン茶の茶葉は同じ木からできる?〇〇だった・・




日本人の生活には欠かせなくなってきた紅茶緑茶ウーロン茶

どれかを一日一杯は飲んでいますよね。

お茶の効能もいろいろとわかってきて、油料理のあとはウーロン茶だとか、TPOに合わせて選んでいるように思います。

紅茶はさすがにアフタヌーンティナイメージですし、緑茶は和菓子と。

そんな感じでその場の雰囲気とともに楽しんでいると思います。

【スポンサードリンク】

お茶の木について

お茶はツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹の一種です。

緑茶だけではなく、紅茶やウーロン茶もこれに分類される木から取れる葉を原料に作られます。

緑茶も紅茶もウーロン茶も同じお茶の木から作られるという話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、こういった背景がその理由になります。

ただし、お茶には様々は品種があり、紅茶は紅茶用の品種、緑茶は緑茶用の品種で作るのが一般的です。

もちろん紅茶用の品種で緑茶を作ることも、緑茶用の品種で紅茶を作ることも出来明日が、それぞれ、専用の品種から作ることの方が多いようです。

お茶の種類の違い

では、紅茶、ウーロン茶、緑茶はどこが違うかというと、製造工程がそれぞれ違います。

お茶の葉には酵素が含まれており、酵素が働くことにより成分変化が起こります。

その成分変化の度合いによってお茶の種類は分かれているのです。

煎茶は基本的に酵素による成分変化をさせずに作ったお茶江、一番酵素が働いているお茶が紅茶です。

ウーロン茶は煎茶と紅茶の間に位置するお茶です。

粉茶と抹茶の違い

粉茶とは煎茶を作るときにできる粉を集めたものです。

そのため粉茶と抹茶の違いは、煎茶と抹茶の違いとも言えます。

そして、煎茶と抹茶は栽培方法と製造方法がそれぞれ異なります。

まず、栽培方法ですが抹茶はお茶の葉を積む前に藁や専用の黒いシートを約20日間かぶせて日光を遮る「覆下栽培」と呼ばれる栽培技術を用いて作られます。

日光を遮るとお茶の葉に含まれ売る葉緑素が増えるため葉の緑が濃くなります。

また渋みの元とされるカテキンの精製が抑えられるので、まろやかな風味のお茶が出来ます。

一方、多くの煎茶は覆下栽培を行いません。

それによって、うまみと渋みの調和のとれたさっぱりとしたお茶が出来ます。

製造方法の違いですが、煎茶は急須で入れて飲むように作るため成分が溶け出しやすいようにもみながら乾燥させて作られます。

煎茶を作るときに出る粉を集めたものが粉茶になります。

抹茶はお湯に溶かして飲むように作るので、揉まずに乾燥させて作り、石うすで細かく引いて作られます。

一般的に抹茶の方が粒が細かく、高価なものになります、

お茶がヨーロッパへ伝わる時

1500年頃ポルトガル人がはじめて中国でお茶を味わいました。

これが西洋人がはじめてお茶を口にしたと言われています。

その後ずっとのちの1597年、オランダの商船が初めて東方へ船をを向かわせました。

そのころヨーロッパ諸国は東洋に大変興味を持っていました。

ヨーロッパとは文化や習慣が違い、はるか遠い異国の文化に興味を示していました。

また、東洋から多量の香料や香辛料、産物品をヨーロッパへと運んできたのです、

その中にお茶も含まれていたのでした。

これがヨーロッパへとお茶が運ばれた最初だと言われています。

そして東洋貿易が盛んにおこなわれるようになったのでした。

そんな中、東洋との貿易を行うため、オランダの東インド会社が設立されました。

これが1602年のことでした。

ところでなぜ、東洋貿易が盛んになっている時にわざわざ東インド会社が設立されたのでしょうか.

ヨーロッパの人々はどのような気持ちだったのでしょうか?

それはあまりにも東洋貿易会社が多くなったために全体的に東洋品の価格が下がりました。

そのためこれらの会社が共倒れする危険性があったためです。

東洋との貿易はこの東インド会社が独占し、市場に流通する商品の量や価格を操作できるようにしたのでした。

このように中国からのお茶の輸入が盛んになってヨーロッパをはじめお茶ブームが始まるのでした。

はるか遠い東洋の国のお茶飲んでいるヨーロッパの人々はどのような気持ちだったのでしょうか?

異国の雰囲気を想像し、話をしながらティータイムを楽しんでいたのでしょうか?

【スポンサードリンク】

紅茶の歴史~紅茶の事件~

上記の話を聞かれて皆さんは疑問を感じませんか?

どのような疑問化と言いますと、イギリスでは大量のお茶を消費していたのですよね。

そのためイギリスは中国から大量にお茶を輸入していたのですよね。

その支払いは?・・・

いくらイギリスが世界中に植民地を持っていたからと言って、そんなにお金を払うのでしょうか?

その時イギリスはお茶の代金として「銀」で支払っていました。

やはり多額の銀を払いすぎると税制が危うくなってしまいます。

そこでイギリスがとった手段はどのようなものだったのでしょうか?

イギリスは1766年に中国に対して「銀」の支払いでなく時刻植民地インド産のアヘンで支払いを始めました。

そのため中国(当時は清です)国内でアヘンが流通してまい、大変な問題となってしまいました。

のそこで清はアヘンの輸入・使用を禁止して、密輸業者へ厳しい処罰を与えました。

それを理由にイギリスは清に攻め入り、屈服させました。

その時香港をイギリスへ譲渡させ、さらにアヘンの流入を拡大させました。

それが清を滅亡への道へと進ませたのでした。

この香港はつい最近までイギリス領として残っており、1997年に中国へ返還されたのでした。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ