おやつの由来や 意味・語源を調べた?何時から始まったのか?




oyatu1

未だに午後3時になると「おやつの時間」やね。って思います。

私が生まれた時間の説明で、母が、「みんながおやつを食べ終わった頃」って説明してました。

何時からおやつっていうんでしょうか?なぜおやつ?語源が気になりますね。

どういう意味おやつになったんでしょうか・・・由来もとても気になります。

おやつを食べられるって豊かな時代ですよね?

歴史を頭のなかでパラパラと・・・・。

おやつ意味は?由来は?語源は?疑問がグルグルします。

【スポンサードリンク】

おやつの語源

まずおやつの語源からです。

おやつの語源は和時計(1873年まで使っていた日本独自の時計)からだそうです。

昔の日本の時刻制度において、午後2時前後を「八つ時(やつどき)」と言いました。

そこから「お八つ」⇒「おやつ」と呼ぶようになったそうです。

昔の日本の時刻制度

この、「お八つ」⇒「おやつ」という語源を理解するためには、昔の日本の時刻制度をちょっとだけ理解しておく必要があります。

時代劇や落語なんかを見ていると出てくるやつですね。

「丑三つ刻」や「明け六つ」というような時刻の呼び方です。

昔の日本の時刻制度には二通りの呼び方があって、「十二支」が出てくる呼び方が1つ。そしてもう一つが数での呼び方です。

数字での呼び方はちょっと変わっていて、九つから始まって四まで下がると、また九つに戻るという面白い数え方になっています。

ですので、九で太陽が真上もしくは真下、六で太陽が地平線に居ることになります。

落語で有名なお話「時そば」は、この辺りの時刻の呼び方が話のネタになっていたりします。

oyatu3

おやつの由来(始まり)

おやつの由来(始まり)は、日本がまだ1日の食事が二食だった頃まで遡ります。

そして、農民たちが体力維持のために休憩時にとっていた間食のことを中食(ちゅうじき)、間食(かんじき)などと呼んだのがその始まりだそうです。

昔は、おやつというより、間食・軽食の意味が強かったのですね。

でも、朝夕の二食で、間食が午後二時って遅くないですか?と、疑問を持ったのですが、電気のない時代では日が暮れる頃(五~六時)には火を炊き、晩ごはんを食べてことが想像できます。

ので、そんなものかもしれません。

今では当たり前すぎて想像するのさえ難しいですが、電灯のない生活では暗くなったら料理するのさえ大変ですからね。

もちろん「朝飯前」って言葉もありますから、朝飯も遅かったと想定できます。

一般的な農家の生活では、日の出とともに起きだして、まず農作業で一仕事してから朝飯を食べ、その後は夕方前まで働き、(途中で間食)、夕餉を取る。

oyatu2

その頃にはもう暗くなっていて、電気もテレビも無いし、やること無いので、寝るしか無いという生活パターンです。

今と比べると、暗くなってから寝るまでが早いと考えると納得です。

メインとなる食事は、朝餉(あさげ)、夕餉(ゆうげ)の二食、そして途中午後二時頃に軽い食事(おやつ)という生活が普通だったのですね。

【スポンサードリンク】

三時のおやつ、何時から三時のおやつになったか

ってことはおやつって元々3時では無かったのですね?

現代社会ではおやつといえば、午前10時と午後3時というのがおやつの時間としてお決まりかと思います。

それを知るには日本の食文化の歴史を少しだけ紐解く必要があるでしょう。

先程も申しましたが、江戸時代以前は、主食は朝と夜の1日2食でした。

そして、何時からかお昼の12時に昼食を食べることが一般に広まり、主食が朝・昼・番・の3食になります。

この、朝・昼・番のちょうど真ん中にあるのが、午前10時と午後3時ということがわかりますね。

これが、おやつが午前10時と午後3時になった直接的な理由だと考えられています。

では、日本の食事は何時から1日3食になったのでしょうか?

これについては職業や身分、地域によってかなりまちまちで偏っているため、明確に何時からとは言えないですが、江戸時代中期(元禄)に江戸の街の照明が明るくなり、商店や屋台が長時間営業するようになったこと、また、明暦の大火(1657年)で、大工や職人を集めて、朝から得夕方まで一日中働かせたが、朝食と夕食では体力が持たないため、昼にも食事を提供するようになり、1日3食の習慣が広まっていったという説があります。

明治・大正に入るとさらに、1日3食制は日本中で一般化していきます。

これには、西洋化の影響もあるでしょう。

大正3年(1914年)にはアメリカやヨーロッパで医学・栄養学を学んだ佐伯矩(さえきただす)という人が国立栄養研究所を設立し、実験により、1日3食を推奨しました。

一日二食だった時代、朝ごはんと夕ごはんの間に食べる間食(お昼ごはんの元になるもの)が、最初はおやつと呼ばれ、その後お昼ごはんが一般化した(一日三食になった)ことで今度は更に午前10時と午後3時新しいおやつ時間が登場したということになります。

日本独自の時刻制度が廃止され、西洋式の時刻制度になった時におやつを「お三時(おさんじ)」「お十時(おじゅうじ)」というふうに言い換えた時もあったようです。

1942年に文部省社会教育局が発行した、「家庭教育指導叢書」には以下のように書いてあります。

【間食の回数はどうしたらよいか?やはり昔から言われている通り、「お十時」と「お三時」が適当であろう。あまり遅くても早くても前後の主食とかち合って面白くない。殊に間食のために主食が十分に摂れない等という様な事は絶対に許されないことである。】

そして記憶を辿ってみれば、おやつは3時というその記憶はいつの間にか我々の中に自然とうえつけられていたようです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ