ピカソの人生とは?【本名を紹介・なぜ絵描きになったのか?】




ピカソの絵は難解だと言われますが、彼も若い時は普通に人物像とかを書いていたんですよね。

ピカソ人生や、本名はあまり知られていませんが、ちょっと面白いこともあるので、後で紹介しますね。

人生も普通の人と同じで山あり谷あり、悩んだり苦しんだり波乱万丈でした。

もちろん日本のことも大好きで、ピカソの絵の中にも日本が登場します。

名前はなんせものすごく長いと聞いたことがあります。

覚えきれないので、今回書いてみましょう。

【スポンサードリンク】

ピカソって何がすごいの?皆わかったフリしてるだけだろ?

天才画家として知られるピカソ。

しかし、よく言われるのが「何がすごいのかわからない・・・」という声です。

「私にも描ける」という意見は極論にしても、一目見ただけではむちゃくちゃ絵何がどう評価されているのか素人にはわかりません。

そこで、ピカソに関する議論を繰り広げ亭rたスレッドがあったのでご紹介します。

「ピカソって何がすごいの?皆わかったフリしてるだけだろ?」と名付けられたそのすれは、「絵に詳しい奴が共謀して世間を釣ってるようなもんだろ?」という懐疑的な意見から始まります。

それに対する議論が繰り広げられた中、ピカソのすごさは次の2点に集約されました。

1.基礎がしっかりしたうえで応用を利かせていること

ピカソの初期の作品を見たことはありますか?

これです。

しかもこれ14歳の時に描いたらしいです。

私たちはいつも「ゲルニカ」や「泣く女」など、いわゆる「どこがすごいかよくわからない」とされるピカソの絵画に触れることが多いですが、このような素人目にも「ちゃんとした絵」として映る写実的な絵画もピカソは描いていたのです。(ちなみにこのような写実的絵画はピカソの時代のスタンダードとされていたものです)

以前、ダウンタウンの漫才に憧れ真似するも失敗してしまう若手芸人の増加を憂いた島田紳助がこんなことを言っていました。

「ダウンタウンの漫才はピカソみたいなもんや。一見簡単で俺らにも出来そうと思えるが、松本は普通にぼけることが出来る上でタイミングをずらしている。それもわからず、基礎も出来てない若手がタイミングをずれしてもそりゃ失敗するで」

ピカソとダウンタウンを一緒にしていいかわかりませんが、基礎がしっかりしたうえで応用を聞かせている点が彼らに共通するすごいところです。

【スポンサードリンク】

2、キュビズムという概念を誕生させたこと

キュビズムって何でしょうか?

ちなみにウィキペディアには次のように記載されています。

キュビズム(仏:Cubisme;英:Cubism「キュビズム、キュービズム」)は、20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて書かれていたのに対し、いろいろな角度から見たものの形を一つの画面に収め、ルネサンス以来の一点透視図法を否定した。

ちょっと難しいですか?

では実際にキュビスムの出発点とされるピカソの「アビニョンの娘たち」を見てください。

アフリカ彫刻に興味を持ったピカソが描いたこの作品ですが、先ほどと同じ画家が描いたとは思えないほど違いますよね。

この画は、「ルネッサンス以来の写実的伝統から絵画を解放した」という点で評価されています。

つまり、写実的な絵画がスタンダードな世の中で、キュビズムという新しい概念を美術界に吹き込んだ点が評価されているのです。

ピカソ自身にどのような考えがあったのかはわかりません。
/*
もしかしたら写実絵画を極めちゃったから単純にキュビズムに走ったのかもしれませんしね。

しかし、いずれにせよ、絵そのものよりも絵画の世界、価値観を押し広げた点がすごいという理由でピカソが評価されているのは事実です。

厳密に言えば、写実主義からキュビズムにいたる過程は単純なものではありません。

この記事によれば、ルネサンス以降写実性重視の時代が続いていましたが、写真の発明により、写実性に重きを置く絵画の意義が問われることになりました。

そのような中で、「もっと感じるままに描こう」という思想から印象派、ポスト印象派が生まれ、さらに・・・

「色とかも見た通り描かなくていいんじゃないか?」⇒フォーヴィスム

「形とかも見た通り描かなくていいんじゃないか?」⇒キュビズムの登場・・・(ここがピカソです)

「現実にあるものを書かなくてもいいんじゃないか?」⇒シュールレアリスムの登場

/

・・・と続いていくわけです。

(ちなみにこの語抽象絵画やドリップアートへ続いていきます)

この中の「キュビズム」を誕生させたという点でピカソが評価されているわけです。

事実、「アヴィニョンの娘たち」をピカソはごく一部の友人に見せましたが、反応は芳しいものではなかったと言います。

しかし、それでも自ら描きたい画を書き続けたことが、結果このような評価につながったのではないでしょうか。

※中:今回の記事はあくまで一説であることをここに記しておきます。

ピカソの本名

1881年10月25日スペイン王国、マラガ

1973年4月8日(満91歳没)

本名:パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・シプリアノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード

フルネームはこの後に、父親の第一姓ルイス
と母親の第一姓ピカソが続く(スペインの姓は、父親オ第一姓を第一姓に、母親の第一姓を第二姓にして、機械的に個人の姓が決まる)。

画家として活動を始めたピカソは、はじめパブロ・ルイス・ピカソと名乗り、ある時期から父方の姓のルイスを省き、パブロ・ピカソと名乗るようになりました。

長いですね。日本だったら寿限無の名前と闘えそうな名前です。

何故画家になったか・・・お父さんが画家だったから・・・みたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ