陸上競技のスタートの音はピストルから出ていない!どこから出てるの




pisutoru1

オリンピックの話題や陸上競技の話題もよく聞かれますが、競技の時のスタートに使われるピストルピストルから出ていないんですね。

どこから出ているのでしょうか?陸上競技には欠かせないピストルなのですが、はピストルから出ていたんですよ。

pisutoru4

でも今はどこから出ているのでしょう?ピストルからは出ていないのですよね?不思議です。

じゃ、ピストルは要らないのでは・・・とかも思ってしまいます。

【スポンサードリンク】

五輪陸上競技でピストルが使われなくなった理由

五輪陸上競技種目で、スターターピストルが使われなくなった理由って・・・・。

ピストルから一番遠いランナーのスタートが目に見えて遅いから。

これって補助のデジタルスピーカーをおいてもダメだそうです。すごいですね。

pisutoru6

音速が遅いからこうなるんだと思うんですが、あの位の距離でも差が出ちゃうんですね。

雷の光と音のズレですね、まさに!!

前々から各ランナーの後ろにおいたスピーカーから発砲音は同時に出していたのですが、ランナーはスピーカーからの小さな音が先に聞こえても実際の発砲音が届くまで、待機してしまうんだそうです。

オメガのピーター・ハーツラーさんは、シドニー五輪でマイケル・ジョンソンと話して、「そうか、スピーカーをおいてもダメなんだ。やっぱり遠くの選手に届くまでには時差が出てしまうんだ。」と気がついた。と、米紙ザ・アトランティックに話しています。

「ジョンソンの反応時間は1000分の440秒でした。選手は通常1000分の130秒から1000分の140秒の間にスタートするので、彼に『彼になんであんなにスタートのタイミングが悪かったの?』と聞いてみたんですよ。」

で、よくよく調べてみたらジョンソンはその時9番レーンで、発砲音が届くのが遅すぎた。ということだったんですね。

そこで2010年のバンクーバー五輪から、オメガは実弾の紛らわしい音が出ない「消音」ピストル技術に移行し、第1レーンの走者と、第9レーンの走者のあいだにあった時差を0にしたと言うわけです。

pisutoru3

水泳も陸上も何百、何千分の1秒で、メダルの色が変わる世界だと聞いて、「最後は運だな」とかも思いますが、第1レーンから第9レーンまでの距離が18mと聞いて、その間の時差までカウントされる世界なんだなと改めて驚きました。

【スポンサードリンク】

陸上競技のはじまり

古代オリンピックで行われた競技は、スポーツというよりは、父なる神ゼウスのための祭典競技であり、神の儀式の一部としての役割を果たしていた。

まるで日本のお相撲ですね。

当初大会は1日だけで、短距離競走1種目だけでした。

pisutoru5

その後第14回大会(724BC)になると、往復競争(約384m)が加わり、以後超距離競争、五種競技(短距離・幅跳び・円盤投げ・やり投げ・レスリング)、ボクシング、戦車競走などが追加されました。

幅跳びは亜鈴など、重いものを両手に持って弾みをつける跳び方、円盤は石や銅などの重い物、槍は重心近くに革紐を付けてそれに指を通して投げるなど、多少形は違うにしても、紛れも無く現在の陸上競技の範疇に入るもので、古代オリンピック即陸上競技と言っても過言ではありません。

なんかすっきりしましたね。

選手の後ろにボックスがあったのも知ってますよ。

あれじゃダメだったっていうのは知らなかったので、ちょっとびっくりしました。

これから陸上競技を見る時の見どころがちょっと増えましたね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ