ラニーニャ現象とは わかりやすく教えちゃいます。夏の暑い原因が・・・




rani-nya4

毎年夏が近づくと、「エルニーニョ現象」という言葉を聞いていましたが、ここ最近は「ラニーニャ現象」という言葉を効きます。

ラニーニャ現象とはどういう現象なのかわかりやすく説明してみます。

この夏の暑い原因が、エルニーニョなのかラニーニャなのか・・・・・。

どちらを気象庁が言っても、結局暑いと感じてしまいますが、わかりやすく端的にってどういう・・・・?

夏の暑い原因はどちらがどうなんでしょうね?

ラニーニャ現象って今年聞いた気がしますが、毎日セミは必死に鳴き、暑さを盛り上げています。

エルニーニョ現象って言われた年と何ら変わらない気もしますけどねぇ

【スポンサードリンク】

ラニーニャ現象とは

ラニーニャ現象とは南アメリカ大陸の西側赤道付近の海面温度が平年に比べて低くなることを言います。

rani-nya

半年から1年その状態が続くと、ラニーニャ現象が様々な異常気象を引き起こします。

海面温度が下がることにより、気圧が西低東高となり、貿易風が強くなります。

貿易風は北半球では北東から、南半球では南東から吹く風です。

その風の影響を受けて海面の海水は流されて、深海の冷たい海水が上がり、更に海面の温度が下がります。

反対に西の方向に追いやられた温かい海水は積乱雲を発生させ、台風が増加し、大雨を降らせるのです。

ラニーニャ現象のある年は、猛暑・寒冬になると言われています。

日本への影響は

ラニーニャ現象が起こることで日本は猛暑になると言われています。

乾いた空気が日本に流れ込み、梅雨が短くなる可能性があるのだとか。

日本東側にある太平洋高気圧が勢力を強めるため、北日本でも高温になるかもしれません。

rani-nya5

そもそも海面水温の基準値とは

海面水温の「基準値」とは、エルニーニョ監視海域、西太平洋熱帯域及びインド洋熱帯域の海面水温の変動を評価するために設定した基準の値です。

気候分野では変動を評価するための基準として、平年値を用いるのが一般的ですが、平年値からの差を監視指数とすると、エルニーニョ/ラニーニャ現象より長いスケールの海面水温変動や地球温暖化による長期変化傾向(トレンド)等の影響によって、過去のエルニーニョ/ラニーニャ現象の発生期間に偏りが生じてしまいます。

そこで「基準値」からの差を監視指数とすることにより、トレンド等の影響を取り除いています。

エルニーニョ監視海域については、月別に前年までの30年の海面水温を平均した値を基準値としています。

例えば2006年の基準値は、1978年から2007年までの30年間の平均値、2009年の基準値は1979年から2008年の30年間の平均値という具合に、年ごとに平均する期間が移動して値が更新されます。

【スポンサードリンク】

南方振動指数とは

エルニーニョ/ラニーニャ現象に深く関係する南方振動指数とは何でしょうか?

タヒチとダーウインの地上気圧の差を指数化したもので、貿易風の強さの目安の一つであり、正(負)の値は貿易風が強い(弱い)事を表しています。

南方振動とは、熱帯の西武太平洋と東部太平洋の間の地上気圧が、数年ごとにシーソーのように変動する現象のことで、現在ではこの南方振動とエルニーニョ現象は大気と海洋が密接に結びついた同一の現象のそれぞれ大気側、海洋側の側面と理解されています。

この現象が発見された20世紀初頭当時、北大西洋振動(冬季アイスランドの気温が低いと、アゾレス諸島から南西ヨーロッパにかけての気圧が高くなる)や北太平洋振動(ハワイとアラスカの気圧変動が逆になる)と言った現象が、北半球で発見されていたので、それらとの混同を避けるためにそれらの現象よりも南で発生することから、「南方」振動と名付けられました。

簡単に説明しようと思いましたが、結局地球の勝手。

人間にはどうしようもないリズムで訪れる自然現象のようです。

atui

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ