離婚、理由、原因は?【準備をする人達、離婚を望んでいる割合は!】




この問題はね・・・。

さぁどのくらいの割合の人が離婚を考えたことがあるのかわかりませんが、私のママ友の中では50%を超えてますね。

子供が居るから我慢してるっていうのもありますけど。

原因は様々、浮気なんて言うのはそりゃもうだめだわ。

後は嫁姑とかね。

経済的なこともあるし、暴力沙汰もある。

そういう時どれだけ我慢したらいいのか考える。

そして準備期間に入る。

きっと男性より女性の方が考えると思う。

離婚ってことを、準備も含めて。

一度考えて決心するところまで行くと、もう後戻りも考えられないし、それこそ準備を完璧にするよね。

子供がいる人はまだ我慢強いかもしれない。

でも、決心した女性は翻すことはないと思う。

テレビで離婚を考えたことのある女性の割合を調べたら90%くらいでした。

理由はみんな様々なんだろうけどね。

【スポンサードリンク】

現代ニッポンの離婚の現状

近年、離婚率は年々増加傾向にあります。

もし今、離婚を考えているのであれば、離婚を選択することは決して稀なことではありません。

また、熟年離婚についても年々増加傾向にありますので、今後団塊の世代の離婚が増えればさらに増加すると予想されます。

また婚姻期間が長い夫婦の離婚が増えており、熟年離婚の数は数字上でも確認されています。

また離婚率では10代、20代が増加しています。

離婚動機としては「性格の不一致」が一番多いのですが、、男女ともに異性関係が上位にあります。

身近に離婚経験がある方がおられると思いますが、数人に一人は離婚原因が異性関係であったりするのです。

知人から離婚した原因を聞かれた際、表向きは「性格の不一致です。」と答えますがその実、異性関係で悩んで離婚しているのです。

離婚した方は体裁を気にして言わないのです。

よって、浮気で悩んでの離婚は決して珍しいことではないのです。

正確には「性格がお互い合わないので浮気して、異性関係が原因で離婚した。」というのが本音だと言えます。

ここ10年間で離婚の方法も協議離婚だけでなくお互い条件が折り合わないなどのため、調停離婚、審判離婚、裁判離婚も併せて増えてきています。

もし近い将来、あなたが離婚を考えているのであれば離婚時の条件などをどうしたら「有利に展開できるのか」を学んでおく必要があります。

【スポンサードリンク】

離婚の準備

今まであったケースを基に、離婚の準備を学んでいきましょう。

離婚してからの調停

A子さんの場合・・・・・・

別れてから親権の調停をしました。

これが間違いでした・・・・・、離婚してから実家に帰っていたのですが、東京から静岡まで行かなくてはならず、体力と時間とお金が要りました。

そして調停委員の前で夫と喧嘩をしてしまい、結局親権は戻りませんでした。

感情的になり離婚届に判をついてしまったことを今では後悔しています。

★POINT

残念ながら勢い余って離婚をした後では話し合いがうまく進展しない要素が強くなってきます。

後悔しないためにも事前に基礎知識、どうしたら有利に展開できるかなどを準備しておく必要があります。

浮気調査を申し込まれるすべての型が離婚を考えているのではなく、いざ離婚となった場合に有利に展開するための事前の準備と言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこまでする必要はあるのか、とお考えの方もおられると思いますが実際、相手が浮気をしていた場合、離婚間際になると浮気をやめてしまう。

一時合わなくなってしまう可能性も多く、浮気調査を行っても「接触せず」といった結果になりかねません。

相手は離婚した後堂々と浮気相手と付き合うつもりなのです。

過去の異性関係を証明してほしいという相談を受けることがありますが、既に接触を確認できない状態では不定の証拠は得られないのです。

もし現在、相手が浮気をしているのであれば浮気調査を行うのは今しかないのです。

1か月程度の調査期間で別れてしまった浮気も過去にあり、夫婦間がぎくしゃくし始め離婚を決意したのは相手の浮気でも、後から「今は配偶者が浮気をしていないけど自分としては離婚をしたい。」といった内容ではお手伝いができないことがあるのです。

「相手は浮気をしている。もしかしたら1年後離婚をするかもしれない。」といった内容であれば、あなたはかなり準備が整っていると言えます。

ただ確信無く浮気調査をするかどうかはよく現状を見てから決定したらよいと言えます。

また、上記のようなケースでは、離婚をする前に短期間の別居という形で距離を取ってみるのもよいと思います。

別居が長期間になると婚姻関係の破たんととられますので、あくまで短期間がポイントと言えます。
A子さんのように離婚してから絵の訴えに関しては、かなり不利になってくる可能性があります。

相手側も「もうすでに終わったこと。」「一緒に住んでいない方への養育費などの支払いをしたくない。」というのが本音ではないでしょうか。

「証拠収集は隠密に」「お金のことはきちんと離婚時に」が鉄則と言えます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ