美容室と理容室の違いって。法律で決まってるってホント?




RIYOUSITU3

友達の家が散髪屋さんで、何が違うのかって昔おカッパ頭にしてもらいながらおじさんに聞いたことがあります。

免許証が違うんだよ~って言ってました。

そーなんかーって小さな私は思ったんですけどね。

細かく話してもわからないと思われたんでしょうね。

美容室理容室って看板にあのグルグル回るのがあるかないかくらいしか見た目わからないですよね?

法律で決まってるってことはやっぱり免許証が違うんですよね?

美容室理容室、どちらかにできてどちらかにはできないことがあるんでしょうか?

法律でどう分けられているのでしょうか?

【スポンサードリンク】

理容室と美容室の違いどう使い分ける?

美容室と理容室、どちらも「髪を扱う」ところですよね。

でも、どこが違うのでしょうか?

真っ先に浮かぶのはシャンプーをする時で、理容室は前かがみ、美容室は仰向けですね。

RIYOUSITU4

男性が行くのが理容室で、女性が行くのが美容室というイメージが有るかもしれません。

でも、本当は理容室と美容室では法律的にも全く違うのですよ。

理容室と美容室の違いや、どう使い分ければよいのかをまとめました。

理容室と美容室は法律的に違います

普段「床屋さん」ということが多いですが、床屋は理容師法では「理容所」といいます。

理容室を開くには理容師免許が必要です。

それに対して美容室は美容師法に基づいており、美容師免許を持つ美容師さんが居るところです。

まとめてみると

床屋:理容室(理容師免許を持つ理容師さんが働いているところ)

美容室・美容院:美容室(美容師免許を持つ美容師さんが働いているところ)
となります。

理容室と美容室では業務内容や得意分野が違います

また、理容室と美容室では業務の内容や、得意分野が違います。

理容室は男性向きに髪を整えるのが主な仕事です。

理容とは「カット顔剃りなどにより容姿を整えること」を言うのです。

男性客が多いのでバリカンを使った刈り上げなど、短い髪型が得意で、顔剃りも得です。

「顔剃り」つまり「カミソリを使えるかどうか」が理容室と美容室の一番大きな違いです。

最近では法律が変わった事で、美容室でも女性の顔剃りだけはできるようになりました。

しかし、今でも男性の髭を剃れるのは、刃物を扱う勉強をしている理容師だけです。

一方美容とは、「パーマ・結髪・化粧などにより容姿を美しくすること」です。

美容室は美容を行う場所で、実は髪を切るのは「パーマなどの一環として」行っているのです。

美容室ではお化粧や着物の着付けなどもやってくれますが、男性の顔剃りは法律上禁止されています。

また、理容室と美容室では保健所の許可基準も違っていて、理容室のほうが美容室よりも椅子1台あたり広いスペースが必要です。

理容室と美容室の見分け方

最近は理容室もおしゃれなお店が増え、見た目だけでは理容室なのか美容室なのかわからなくなってきていますね。

理容室と美容室を見分けるのに一番簡単なのは、「サインポール」を探すこと。

サインポールとは理容室の前にある、赤・青・白がグルグル回っているもののことです。

RIYOUSITU2

サインポールは万国共通で、世界中の理容室に置いてあるようです。

今でも置いてある理容室が多いので、サインポールがあれば理容室。なければ美容室でOKです。

【スポンサードリンク】

理容室と美容室はどう使い分ければよいか

美容室に行く男性も増えている中、理容室と美容室はどのように使い分ければよいのでしょうか?

理容室は髪を切ってキッチリしたい時に向いています。

カミソリやバリカンでもみあげや襟足を整えてくれるので、きちんとした印象になります。

リーゼント・アイパー・パンチパーマ・オールバックなども理容室に行ったほうがいいですね。

繊細なカットやラフな感じを求める時は、男性も美容室に行くほうが良いかもしれません。

ただ、美容室に行っても自分のイメージを上手に伝えられないと、思い通りの髪型に仕上がらないことも・・・。

美容師さんを「指名」することも考えたほうがいいでしょうね。

さて、友達の家の散髪屋さんですが、顔剃りをしてくれる時に石鹸を泡立て、カミソリを皮のベルトみたいなものでペチペチしてくれて、剃ってくれてました。

ものすごくすっきりするので、好きでしたが、あまりに眉毛がくっきりするので、いかにも散髪屋さん帰りって感じでしたね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ