ランニングは朝と夜、効果はどちらがいいの?意外な結果[保存版]




run1

運動不足解消のため、ストレス解消のため、ダイエットのため、等々ランニングをする理由は人それぞれです。

1日のスタートに朝走る人、夜仕事終わりに走る人、時間帯も人それぞれだと思います。

ランニングは体に良い!とはわかっていても、それでは?時間帯はいつがいいの?と気にされた方はいませんか?

ランニングにする場合とにする場合、何か効果は違うのか?という観点から、

今回は『ランニングは朝と夜、効果はどちらがいいの?意外な結果[保存版]』というタイトルでお伝えしたいと思います。

【スポンサードリンク】

朝に効果があるのは・・・

run7

ずばりダイエットをしたい方は朝のランニングが効果的です。

なぜなら朝食を食べる前の空腹時の方が脂肪燃焼効果が大きいからです。

体温がもっとも低い早朝に走ることで、体温が上昇し代謝がよくなるので痩せやすい身体をつくることが出来ます。

朝のランニングは体内時計をリセットしてくれます。

この体内時計のリセットのお陰で、脳が目覚めるので身体が動きやすい状態になり、朝から元気に動けるので脂肪の燃焼も十分になりダイエットに良いタイミングになります。

さらに、走ることで腸が刺激され便秘解消につながり、加えて肌荒れの改善などアンチエイジング効果も期待できます。

ストレス解消には夜が効果的

run6

では、夜はどんな効果があるのでしょう。

夜のランニングは1日のストレスを発散してくれる効果があります。

周りが暗いため視覚が限定されるので集中して走ることが出来るので、頭の中が整理できすっきりしてきます。

また、汗をかいて適度な疲労感を与えることで眠りを誘い、睡眠の質もアップします。

ただ、夜道は危険も多いので周りに十分注意してくださいね。

さらなるランニングの効果とは

ランニングすると身体に良い脳内物質が出るという話は聞いたことがありませんか?

良く言われるのはランニングすると『セロトニン』と呼ばれる神経伝達物質が分泌されます

セロトニンは『気分や感情』のコントロールに欠かせないもので、別名『幸せホルモン』と呼ばれていて精神の安定に役立つのです。

日光不足だとセロトニンが生成されない・栄養不足だとセロトニンを生成する原料不足になる・運動不足だとセロトニン伝達にかかわる神経が衰えてしまいセロトニンが不足してしまいます。

セロトニンが不足すると「なかなか寝付けない」『朝起きるのがつらい」などといった不眠症状があらわれたり、そこからうつ病への引き金になりうることも。

このような理由からみてもランニングはセロトニンの分泌に役立つのがよくわかりますね。

また、朝走ると日光を浴びるので、ビタミンDの生成に役立ちます。

ビタミンDは骨粗しょう症の予防など骨を強くする働きや、免疫力をアップさせる働きがあり、糖尿病予防や最近では癌や自閉症にも有効かもと言われています。

【スポンサードリンク】

ランニングするときの注意点

run4

ここまで読んで早速走りたくなってしまった方!ちょっと待ってください。

やはり走る前のはきちんとした準備が必要です。

柔軟体操やストレッチなどの準備運動をしてから走るのはもちろんですが、コップ1杯の水を飲むのを忘れずに。

特に朝走る方ですが、人は夜寝ている間に汗などでたくさんの水分を失っています。

そのまま走ると血液どろどろ状態なので心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める可能性も。

また、水分不足によって脱水症状を起こし熱中症になってしまうこともなきにしもあらずです。

なので、例え喉が渇いていなくても走る最中だけでなく、走る前の水分補給を忘れずに

また、朝も夜も毎日走ると筋肉疲労を起こし怪我のもとにもなります。

アスリートであればまだしも、趣味や健康のためにランニングしたい方は無理せず、ランニングは2~3日に一回にして筋肉疲労の回復をはかりましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ