留置所、拘置所、刑務所、牢屋、檻、牢獄、監獄、いったい何が違うを解説




keimusyo4

私の人生の中にこの単語たちはいまだにないのですが・・・ほっ

知り合いの知り合い(ほぼ他人)が刑務官をなさっています。

それが唯一のこの世界とのつながりですね。

留置所拘置所、刑務所、牢屋、檻、牢獄、監獄・・・・違いは何だと聞かれてもあいまいですよね。

酔っ払いがお世話になるのは留置所でしたっけ?

最早あいまいですが、監獄と聞いたらアルカトラズ。

牢屋ってなんか木製な気が・・・。

裁判で刑が確定するまで拘置所に入る?じゃなかったでしたっけ?

刑務所は言わずもがな、本物を見たことはないんですが、刑事ドラマとかで見ますよね。

牢獄は高い塔とか地下にある雰囲気。

小説の読みすぎでしょうか?

って・・・・四角い箱?

それぞれの違いを調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

拘置所と刑務所の違い

拘置所と刑務所の違いを簡単に説明すると、裁判の判決が出る前に入れられるところが拘置所で、裁判の判決が出た後有罪となった場合に入れられるところが刑務所ということになります。

ただし、有罪であっても死刑囚だけは刑務所に入らず拘置所に残ることになります。

死刑囚以外の有罪判決を受けた犯罪者は、刑務所内で働くことが刑罰となっているのですが、死刑囚だけは死刑執行そのものが刑罰であるため、刑務所で強制的に働かせるようなことはしないのです。

そのため、犯罪者であっても死刑囚だけは刑務所に入らず拘置所に残ることになります。

ちなみに、死刑を執行する刑場は拘置所に置かれています。

逮捕されると、まず警察署内にある留置施設に入れられます。

そして、事件が警察から検察に送られた後、取り調べや裁判の為に拘束(拘留)が続くような場合、裁判の判決が出るまで過ごすのが拘置所です。

従いまして、拘置所にいる間は犯罪者と確定しているわけではないので、刑務所に比べると規則は緩くなっています。

例えば、私服を着ることも許されていますし、決められた売店であれば買い物をすることも出来ます。

あと、基本的には面会も制限されておらず、衣服などの差し入れも出来ます。

しかし、テレビは設置されていません。

刑務所は、有罪と確定した犯罪者が入るところなので、拘置所のような自由はありません。

服や食事は、原則として支給されたものしか許されていません。

懲役刑であれば強制的に働かされますし、面会も制限(親族が中心で、月2~7回程度があります。)

ただし、教育用の番組を見せることがあるため刑務所にはテレビがおかれています。

あと、全国にある拘置所と刑務所の数ですが、支所も含めると刑務所は77か所で、拘置所は111か所あります。

ちなみに、法務省によると、2009年末の時点で刑務所に入っている犯罪者は6万4461人で、拘置所に入っている人は1万789人でした。

【スポンサードリンク】

留置所とは

逮捕されたら、まず「留置場」か「拘置所」に入れられます。

その後、裁判を受けて,懲役、禁錮などの判決が出た場合は、「刑務所」に行くことになりますね。

留置場は各警察署内に置かれ、都道府県警の管轄。

それに対し拘置所と刑務所は、法務省の管轄です。

一般的な刑事事件では、警察が被疑者を逮捕すると、所内の留置場に入れられることが多いです。

keimusyo3

そのうえで、裁判にかけるだけの十分な証拠があれば、検察が起訴。

起訴された人はその後、拘置所に移されます。

裁判終了まで拘置所で過ごし、裁判で有罪が確定したら、受刑者として刑務所へといった流れです。

では、逮捕された人はみんな最初は留置場に入るのでしょうか?

一概にそうとは言えません。

検察が第一次的に捜査をし、被疑者を逮捕した事件の場合などは、容疑者は留置場ではなく、直に拘置所に入れられることがあります。

基本的に拘置所にいるのは

1.裁判中で刑が確定していない被告人

2.刑の確定後移送を待つ受刑者

3.死刑が確定した人です。

牢屋とは

keimusyo2

未決、既決の囚人を拘禁する場所。

日本の律令制においては獄と称し、「比度屋」「人屋」(ひとや)と訓じた。

これを監督する官庁は刑部省因獄司であった。

奈良時代の記録には、「江談抄」が長岡獄に関し、それが荒れ放題の脱獄が極めて多かったと記すなど、すでにこのころには獄舎が整えられていたことが知られる。

檻とは

「居り」からくるという、猛獣や罪人が逃げないように入れておく、鉄格子などを使った頑丈な囲い、または室。

牢獄とは

罪人を監禁しておくところ、牢屋。

監獄とは

自由刑の受刑者、刑事被告人および被疑者、死刑判決の言い渡しを受けたものを強制的に収容する拘禁施設を言う。

法務大臣の管理下に置かれている。

現行監獄法では、懲役監、禁錮監、拘留場、拘置監に区分されているが、一般には法務省設置法13条の3に基づき地名を冠した刑務所、拘置所という名称で呼称されている。

keimusyo1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ