財布のはじまりは?【風水で金運UPの色はこれだ!】




40dab194be50457ddf6a8a3930f2dfb6_s

みなさんが必ずといっていいほど持っている物、財布ですよね。長財布や2つ折りの財布、がま口・・・いろいろな種類の財布がありますよね。

大事なお金を入れるということで財布にはこだわりがある方も多いのではないでしょうか。わたしはカードがたくさん入るかどうかを重視しています。

やっぱり金運UPするような財布を選ぶ方も多いように思います。金運UPというと風水を思い浮かべますが、風水的に金運UPの色って何色なのでしょうか?

そんな財布はじまり、ご存じですか。ひとは一体いつの頃から財布を持つようになったのでしょう。また、財布はじまりはどこからきているのでしょうか?

今回は『財布のはじまりは?【風水で金運UPの色はこれだ!』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

財布のはじまりは?

財布のはじまりは意外に古いのです

  • 財布の歴史・・・海外では
  • 財布の歴史・・・日本では
  • 現在の財布

【財布の歴史・・・海外では】

海外での財布のはじまりは紀元前7世紀リディア(現在のトルコ西部)で作られたものだと言われています。

当初の財布と呼ばれるものは貨幣を入れるための物でした。

なめし革で作った袋状の物に硬貨を入れていたとのことです。

お札を収納するタイプの財布は欧米で17世紀頃に登場したと言われています。これは紙幣のはじまりに伴って作られたものだそうです。

その当時の財布は今で言う長財布で、紙幣を折らずに収納するタイプの物でした。

今では普及している二つ折りタイプの財布はこれよりも随分後に登場することになります。

二つ折りの財布クレジットカード類を収納しやすく持ち運びやすくするために作られたそうです。

【財布の歴史・・・日本では】

日本では最初に作られたお金が硬貨で、真ん中に穴の開いた形の物でした。

その硬貨の穴に紐を通して持ち歩いていました。これが日本における財布のはじまりになります。

紙幣が登場するのは江戸時代の頃で、『藩札』と呼ばれるものが福井藩より作られました。これはその地域(領域)のみで流通できるお金だそうです。

海外と同様に、紙幣を収納するための財布が登場するのはこの頃です。日本では布製の財布で、懐紙入れを応用して作られました

【現在の財布】

現在の財布はいろいろな種類や用途があります

がま口財布やマジックテープの財布、変わった物ではマネークリップなどがあります。素材も革製からナイロン製まで様々です。

最近では電子マネーが普及していることから、財布を持ち歩かなくなったという人もいます。便利になった反面、財布が手元にないのはさみしい気もしますが・・・

また、ほとんどの財布が紙幣を入れるスペースと硬貨を入れるスペースが分かれています

紙幣を傷めないためにも、紙幣と硬貨は別々にするのがベターです。

【スポンサードリンク】

風水における金運UPの色はこれだ!

金運UPの色、たくさんありますよ

  • 金運UPの色はこれ!
  • 避けた方がよい色
  • 金運UPするためにしておいた方がいいこと

【金運UPの色はこれ!】

風水における金運UPの色は実は何色もあります。お好みの色で財布を選んでみてもよいかもしれませんね。

パステルイエロー

楽しみながらお金を増やしてくれる色です。

イエロー

あまりにもはっきりしたイエローは逆にお金を使いたくなってしまう色だそうです。やや黄土がかった色のイエローを選ぶのがポイントです。

ゴールド

金運を高めてくれる色です。ただし、ギャンブル好きな人には向きません

ベージュ

金運が安定し、定着する色だと言われています。

ブラウン

お金を貯めたい人にはおすすめな色です。

黄土色

金運UPに最も適した色だといえます。金運の安定とお金を呼び込む力があるそうです。

【避けた方がよい色】

金運UPする色もあれば、DOWNする色もあります。

白・レッド・ブルー・グリーンは金運を下げることがあるので、避けた方がよいかもしれません。

【金運UPするためにしておいた方がいいこと】

財布の色の他に、こうしておいた方がいい!というポイントがいくつかあります。

紙幣と硬貨は別々にする

紙幣を傷めない点からも別々にした方がいいのですが、風水的にも紙幣と硬貨は別々のエネルギーがあるので、一緒にしない方がよいそうです。

お札の向きをそろえる

お札の向きをそろえ、かつ肖像画の頭の部分を下向きにするのがポイントだそうです。お金が逃げていかないと言われています。

二つ折りよりも長財布

二つ折りの財布では紙幣が窮屈になってしまう、そのような意味合いから長財布の方がよいそうです。

財布は本革で

特にヘビ革のものはお金が貯まりやすいそうです。

いかがでしたか?

財布のはじまりはかなり古いものだということをはじめて知りました。

わたしが今使っている財布はピンクの長財布です。ピンクは他力本願でお金が増えていく色だそうです。

金運UPするとうれしいですが、どうでしょうか。

電子マネーの普及でスマートフォンさえあれば買物ができる世の中になってきていますが、それでも財布の存在はわたしたちの生活に大きな影響を与えるものである気がします

今度財布を変える時は、風水の色を参考にして選びたいなと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ