作家に成るには?【最短、最速の方法を紹介!夢を叶えろ】




sakka1

子供のころたくさんの夢がありましたよね。

もちろん大人になっても追い続けている人もたくさんいると思います。

その中に作家さんってありませんか?

作家さんに成るっていう夢の最短方法は何でしょうか?

出版社に持ち込む?

もっと有利な?早道はないでしょうか。

作家さんに成る夢をまだ持っている人の為に最短方法を探してみましょう。

【スポンサードリンク】

作家になるには

作家になるには、日記のように書き続けなければなりません。

一冊目の本が出版されるということは、社会的に作家としてデビューすることになります。

400字詰め原稿用紙で300枚の量を書けば、一冊の本になります。

一度にたくさん書けないと思う人は一日一枚書きましょう。

一年で、365枚の量になります。

一日、一行でも構いません。

明日、その一行は消しても構いません。

毎日書くのです。

日記のように書き続けることが、本に繋がるのです。

デビューする方法いろいろ

プロとしてスタートするには、どのような方法があるのでしょうか。

一冊目の本が出版されれば、社会的に作家としてデビューできます。

ネット小説を公開する

ブログなど、ホームページを開設して、自分の描いた作品をインターネットで公開するのです。

自分のWEB小説が話題になると、「本を出版しませんか?」と、出版社から仕事の注文が入る場合があります。

編集者は、新しい書き手をスカウトするために、サイトやブログを見て回っているのです。

原稿の持ち込みをする

また、出版社へ原稿を持ち込んで、プロとしてスタートする方法もあります。

しかし、小説の持ち込みは漫画とは違って、出版社は表面的に受け付けていません。

「小説の持ち込みをしたいのですが・・・」と、電話で問い合わせても、きっぱりと断られるのが普通です。

持ち込みをするには、「新人賞の最終選考に残った作品なのですが・・・」など、作品の売り込み方が重要となります。

持ち込みに成功して、出版社の判断で「OK!」が出ると、作家としてデビューすることができます。

文学賞に応募する

あるいは、新人賞を取って、堂々と文壇の表舞台に立ちます。

入賞した長編作品は、単行本となります。

作家を目指すなら、新人賞がおすすめです。

ここでは主に新人賞を話題にします。

【スポンサードリンク】

専業として食べていくには

書店に平積みされる、新作を書き続けることが大切です。

持ち込みや新人賞でデビューしたものの、5年後10年後には新作が書けなくて消えていった小説家は数えきれないほどいます。

人気作家になるまでは、会社員やあるバイトなどほかの仕事を兼業するのが普通です。

文豪の夏目漱石も、『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』を執筆していたころは、安定した収入を得るために、大学の講師を兼業していました。

新作を書き続けると、書店で本を買うのを楽しみにしてくれる、読者(ファン)が増えていきます。

sakka3

やがて、出版社からくる仕事の注文も多くなり、晴れて、専業作家の道が開けるのです。

誰でも作家になれるのか

厳しい状況だろうと、「小説を書きたい!」という気持ちに素直になれる人は、必ず小説家としてデビューすることができます。

シングルマザーの彼女は、生活保護を受け、幼い子供を抱え、コーヒー店でいっぱいのコーヒーを飲むお金しかありませんでした。

逃げ出したくなるような厳しい状況の中、彼女は小説を書きあげました。

それは、彼女のデビュー作となりました。

「ハリー・ポッターと賢者の石」です

作家を目指すひとのなかには、彼女のような厳しい状況を抱えてしまうと、書くことをあきらめてしまう人が居ます。

お金のない不安に駆り立てられ、書く暇も惜しんで働こうと考えるからです。

苦境に負けない強い大人の心と、「小説を書きたい!」という気持ちに子供のように素直になれる人は、「ハリーポッターと賢者の石」著者、J.K.ローリングのように、必ず小説家としてデビューすることが出来るのです。

原稿料と印税

個人差はありますが、小説家の仕事は様々です。

単行本の書き下ろし。

連載小説

短編小説

コラム・エッセイ。

取材・インタビュー。

テレビやラジオなどのコメンテーター。

座談会・講演。

そんな小説家の主な収入には、印税と原稿料があります。

原稿料

原稿料とは、原稿を書いた収入のことです。

小説は400字詰め原稿用紙1枚につき計算され、コラムやエッセイは一本いくらで計算されます。

小説の原稿料は一枚につき、3.000円~60.000円など、実に様々です。

原稿料の開きは、新聞・週刊誌・月刊誌・一般雑誌・小説雑誌などの掲載紙の違いや、小説家の知名度によって変わります。

同じ掲載紙でも、無名の新人が描いた原稿料と、有名な小説家が描いた原稿料では、桁の一つ違いなんて珍しくありません。

印税

印税とは、著作権使用料です。

本を出版するために、出版社が著作者に支払います。

単行本の定価の10パーセントが印税分に割り当てられる場合が多いです。

出版部数に応じて、印税は支払われます。

出版物が売れようが売れまいが、著者が受け取る印税は変わりません。

本が初めて出版されることを初版といい。次に出版されることを2販といいます。

版が増えるその度に、印税は支払われるのです。

自費出版でプロに近く

sakka2

私費出版した本が話題となり、作家デビューを果たす著者もいます。

知っておきたい出版方法の違い

自費出版は、原稿執筆・印刷・本の流通に至るまで、費用をすべて自己負担します。

出版社が代行してくれますが、書店への流通も含めた費用は、相場で二百万円程度です。(流通を行わない場合は、数十万円です)

小説家として一般的に認められた出版ではありませんが、原稿用紙一枚のアイディアから、小説の書き方、脱稿まで、編集者と一緒に本を一から作ることも出来ます。

作家として認められるのは、商業出版です。

出版社がすべて費用を負担してくれます。

また、著者と出版社で費用を出し合う、共同出版もありますが、やはり、作家として認められていません。

自費出版をすると

会社によって異なりますが、約半年で本が出来ます。

本が話題になると、商業出版の話がきて、作家デビューに繋がります。

とはいえ、自費出版をきっかけに作家となった著者はごくわずかです。

採算を取ることの難しい出版ですが、確かにプロに近づく方法になりえます。

専門学校へ行く方法

業界で活躍するプロ・経験豊富な講師から、ノベルの書き方を徹底的に学ぶことが出来ます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ