日本3庭園【兼六園、偕楽園、あとは一つは?絶景はどこだ・・・】




日本3庭園って一度は行きたいリストに入っているんですが、まだ行けていません。

兼六園偕楽園と、あと一つ・・・どこでしたっけ?

後楽園?

あれ?違いましたっけ。

絶景だと言われている雪の兼六園にはぜひ!と思っているのですが、なかなかですね~。

偕楽園絶景ポイントはどこなんでしょうか?

日本3庭園って言っていても詳しくは知らないもんですね。

日本に訪れる外国の方も増えましたし、もしも・・・聞かれたときに答えられるように勉強します。

【スポンサードリンク】

日本三名園

日本三名園とは、優れた景勝を持つ、三つの日本庭園、金沢市の兼六園、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園の総称です。

歴史

「日本三名園」もしくは「三名園」という言葉がいつごろから使われ始めたのかは不明ですが、文献上では明治37年(1904年)に外国人向けに発行された写真集にすでにこの言葉が使われています。

なおこの三園の選定理由として、いわゆる雪月花の雪に兼六園、月に後楽園、花に偕楽園を対応させたものであろうとする説があります。

ただし、三園ともに江戸時代に造営された池泉回遊式の大名庭園であり、この「日本三名園」には日本庭園におけるほかのお形式である枯山水や露地(茶庭)など、池泉回遊式以外の形式のものは含まれていません。

なお、明治43年に文部省から発行された「高等小学読本」巻一には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世二聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園二優レリ」とあり、高松市の栗林公園は日本三名園より優れていると記載されています。

【石川県】兼六園(けんろくえん)

1つ目は、石川県の金沢市にある兼六園。

新幹線の開通以来、観光客がどんどん増えている金沢の観光名所の一つです。

四季によって変わる庭園の雰囲気に、何度も訪れる人も多く広大な敷地で自然に触れることが出来ます。

冬に雪が積もった姿をライトアップした写真は見かけたことが多いかもしれません。

実はライトアップは冬だけではないんです。

秋の紅葉が見ごろの時期にもライトアップがあるので夜も美しい姿を見ることが出来ます。

また、金沢では着物をレンタルして町を歩く人も多いので、着物を着たまま兼六園に来て、紅葉している木々の前で写真を撮ればとても素敵な一枚になるはずです。

★様々な時代の庭園手法を駆使し歴代藩主が長い歳月をかけて作り上げてきた「兼六園」。

北陸新幹線開業で注目が集まる金沢観光では絶対に外せないスポットです。

冬の風物詩・雪吊りや梅苑の紅梅白梅など四季折々の美しさを楽しめる庭園として人気が高く、金沢城公園やひがし茶屋街など周辺の見どころも魅力的。

【スポンサードリンク】

【岡山県】後楽園(こうらくえん)

2つ目は、岡山県にある後楽園です。

12月まで楽しめる紅葉です。

後楽園には250本ほどのカエデやイチョウがあり、赤や黄色といった色とりどりの紅葉が楽しめます。

また、後楽園でも夜間のライトアップがあります。

岡山城をバックに撮ることが出来ます。

後楽園では、注目したい紅葉のスポットは、100本のカエデからなる「千入りの森」です。

沢山のカエデが一気に紅葉しているのは迫力があります。

★約300年前に岡山藩主の池田綱政が開いた庭園。

芝生や池、築山、亭舎が園路や水路で結ばれ、歩きながら移り変わる景色を眺めることが出来ます。

園内各所に置かれた亭舎や祠に込められた各時代の藩主の思いと時代背景に思いを馳せるのも楽しい。

毎年夏と秋には人気イベント、夜間特別開園「幻想庭園」が開催されます。

【茨城県】偕楽園(かいらくえん)

3つ目は、茨城県、水戸にある偕楽園(かいらくえん)です。

3000本ほどの梅の木が植えられていることから、梅の庭園として有名な偕楽園ですが、紅葉もきれいです。

また、カエデや紅葉だけでなく萩の花もみることが出来ます。

千波湖に広がる景観は絶景そのもの。

偕楽園の眼下には新しく拡張した公園が広がり、水鳥達が遊ぶ姿を見ることも出来る月池もあります。

こちらでもライトアップがあり、夜の紅葉も幻想的で美しいです。

朝や夜の時間帯は、人がそれほど多くないので写真も撮りやすいかもしれません。

夜の紅葉を撮るなら、三脚を持っていくのを忘れずに。

★1842年、水戸藩主徳川斉昭公により開園された「偕楽園」。

四季を告げる木々に囲まれた癒しの園は、その名の通り民と偕(ともに)楽しむ園として大切にされてきました。

100種3000本の梅が咲き誇る「梅まつり」をはじめ。桜、つつじ、秋には萩、初冬には二季桜と、1年を通じて来る者の目を楽しませてくれます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ