世界の国の数は?何ヵ国ある。意外に知らないだろう!




5d6f54c765592d680de15080ee0b15a1_s

オリンピックは世界からたくさんの選手が参加します。

世界には何ヵ国があるかみなさんご存知でしょうか?

わたしが学生時代に習った時よりも間違いなく世界は変化しています。

世界何ヵ国あるか、知ることで新たな発見が出てきそうです。

今回は『世界の国の数は?何ヵ国ある。意外に知らないだろう!』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

日本が認めている国っていくつあるの?

実は各国によって『国』の認識は異なります

  • 日本が承認している国
  • 国際的に多数の国から認められている国
  • 国連加盟国

【日本が承認している国】

外務省によると、世界の国の数は196ヵ国だそうです。

これは、日本が承認している国195ヵ国+日本ということなんですが・・・

『日本が承認している国』とは一体どういうことなんでしょうか。

まず、国家承認というものがあります。これは、ある国家の政府が新しく設立された別の国を正式に主権のある国家として認めることを意味しています。

また国家の承認の要件には国家の三要素(領域・住民・実効的支配)というものが慣習国際法の観点から考えられています。

国家承認の判断は承認する側の政治的判断が大きく左右しています。

そのようなことから、現在の日本の承認している国は196ヵ国となっているのです。

最近では、2011年3月にクック諸島、2011年7月に南スーダン、2015年5月にニウエを国家として承認しています。

【国際的に多数の国から認められている国】

国際的に世界の国として認められている国家は194ヵ国です。日本とは異なっていますね。

これは、国連加盟国193ヵ国国連加盟国ではないけれども多くの国が国家として承認しているバチカンを加えた数になります。

【国連加盟国】

国連加盟国には日本が国家として承認しているコソボ共和国、クック諸島、ニウエは加盟していません

ということは、国連加盟国193ヵ国+バチカン+コソボ共和国+クック諸島+ニウエ=197ヵ国になりますよね。

日本が承認している国家は196ヵ国でしたが・・・

実は、日本は国連加盟国である北朝鮮については国家として認めていないため、上記197ヵ国から北朝鮮を除いた196ヵ国が日本が承認している世界の国となるのです。

【スポンサードリンク】

『国』とは認められていない国って?

『国』としての取り扱いが難しい国もあるのです

  • 国際的に多数の国から認められていない国
  • 海外領土と自治領

【国際的に多数の国から認められていない国】

国際的に多数の国から国家として認められていない国があります。

ソマリランド共和国

ソマリアから独立宣言しましたが、国際社会から一切国家としての承認を受けていません

沿ドニエストル共和国

モルドバから独立宣言しましたが、国際連合非加盟国(アブハジア、南オセチア、ナゴルノ・カラバフ)からの承認しか得られていません

ナゴルノ・カラバフ共和国

アゼルバイジャンから独立宣言しましたが、国際連合非加盟国(アブハジア、南オセチア、沿ドニエストル)のみの承認しか得られていません

北キプロス・トルコ共和国

キプロスから独立しましたが、国連加盟国からは1国のみの承認です。

アブハジア共和国

1992年にグルジアから独立しましたが、国連加盟国からは4国のみの承認です。

南オセチア共和国

1991年にグルジアから独立しましたが、国連加盟国からは4国のみの承認です。

中華民国(台湾)

中華人民共和国が『2つの中国』を認めていないため、政治的支援の状況などから中華民国を国家として承認する国は減ってきています

サハラ・アラブ民主共和国

スペインから独立宣言しています。

コソボ共和国

2008年にセルビアから独立宣言しました。

パレスチナ

独立宣言したのちに1994年パレスチナ自治政府を設立し、2012年より国際連合へオブザーバー国家として参加しています。

クック諸島、ニウエ

ニュージーランドと自由連合制をとっており主権国家と同じように機能し独自の外交を行っています

【海外領土と自治領】

海外領土や自治領というものをあわせると、249の国と地域で構成されているそうです。

国連加盟国193ヵ国、バチカン、台湾、サハラ・アラブ民主共和国、パレスチナ、クック諸島、ニウエの他に50の地域があります。

フランス、デンマーク、オーストラリア、オランダ、イギリス、アメリカなどの国の海外領土があります。

有名なところでは香港・マカオ(中華人民共和国領)プエルトリコ・グアム・アメリカ領サモア(アメリカ領)などがあります。

また、7地域は南極などのように無人であったり、人がほとんど住んでいない地域もあるようです。

いかがでしたか?

世界の国、たくさんあるけれども定義がとても難しいものであることがわかりました。

紛争により独立国家を目指している国もあれば、未だに他国の領土として扱われている地域もたくさんあります。

世界が平和になれば、国家によって国の認識が違うことなんてなくなるのではないかなあと感じました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ