世界三大料理とは?【フランス・中国・もう一つはなんだ・・・】




sanndairyouri1

よく、ミシュランだとかなんだとか料理のランク分けみたいなのがありますが、世界三大料理と言えばなんでしょうか?

ここの所日本料理が流行っていますが、これは最近なので入っていないと思われます。

フランス中国・・・・んー後なんでしょう?

これは結構当たってると思うんですが、

ミシュランが有名になる前は世界三大料理って結構聞いたんですけどね。

最近聞かないですね~

フランスはもう・・・・マナー教室が開かれたりして。

中国の料理と言えば、満漢全席!王宮料理かな?

あれがその当時有名でした。

町の中華屋さんとかではないですよ。

【スポンサードリンク】

世界三大料理(中華料理・フランス料理・トルコ料理)

フランス料理、トルコ料理とともに、中華料理は「世界三大料理」の一つと呼ばれています

近年ではトルコ料理に代わってイタリア料理、フランス料理に代わって日本料理をその一つと数える説もあります。

中華料理屋フランス料理、トルコ料理は「おいしさ」そのものよりも、世界の料理文化への貢献の大きさが評価されているとも言われます。

3つの料理が「世界三大料理」と認められてきた理由として考えられる歴史・文化などを閣僚理についてまとめました。

4000年の歴史を持つ中華料理

sanndairyouri2

中華料理は食材が幅広く、多彩な地方料理があります。

火を通していない冷たい炉売りは避け、油を多用した料理など暖かい料理が主流なのも特徴です

世界三大料理に数えられる理由には、数千年にわたる君主制時の元で、宮廷料理として発展した一面が良く挙げられます。

中国は4000年の歴史を持ち、文書で記録がある春秋時代(紀元前770年~403年)には、犬の肝臓を使った珍味や、すっぽん料理など高級料理が、君主の宴席や儀礼的な食事に登場したwという記述が「周礼」や「左伝」といった書物に見られます。

このような時代から、高貴な人々の宴席では貴重な食材がかき集められ、豪華な料理を出されてきたようです。

また、広大な領土では、地方によって様々な調理法や食材が開発されました。それが宮廷に集められ、料理人たちが腕を競う風土の中、多彩な料理が生み出されていきました。

【スポンサードリンク】

美食への探求心が著しいフランス料理

sanndairyouri3

フランス料理はソースを使い、味わう順序まで計算された優雅なコース料理が主に知られます。

しかし、16世紀以前のフランスは、粗野な料理を手づかみで食べるのが一般的でした。

16世紀、フランスの王であるアンリ2世の元へイタリアから王妃カトリーヌ・ド。メディチとその専属料理人がやってきたことで王国料理が急激に発展。

sanndairyouri6

イタリア流のナイフとフォークによるううがな食事作法もこの時伝わったと言われています。

以降、各地から珍しい食材を取り寄せ、料理人が技を磨き合う文化が根付きました。

中には後世の洋菓子職人や料理人に影響を与えたアントナン・カレームなど著名なシェフも生まれています。

sanndairyouri7

宮廷料理人たちは、1787年(てんめい年)フランス革命により職を失い、自分の店を町で開くこととなり、庶民にも質の高い料理文化が広まりました。

19世紀には「ガストロノミー」(美食学)を確立したブリア・サヴァランなど食通が多く現れたことも「美食の国 フランス」と称される理由の一つと言えます。

sanndairyouri8

各地の料理の基礎となったトルコ料理

sanndairyouri4

日本では「ケバブ」などで知られるトルコ料理、肉料理や乳製品について素材、調理法のバラエティが豊富です。

トルコはヨーロッパとアジア、アフリカに接する地であり、3つの料理文化が競合している土地柄が料理文化の発展に大きく影響しました。

13~20世紀に会ったオスマン帝国は、最盛期にはアフリカ北部からヨーロッパ南東部、西アジア、黒海沿岸にまで領土を広げていたと言われています。

sanndairyouri5

この間、各地の料理文化とトルコの文化が溶け合い、様々な料理が生まれました。

日本でも人気が高いイタリア料理をはじめ、トルコ料理は各地の料理の基礎になっていると考えられています。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ