赤外線とはどういうもの【体には大丈夫なの?】紫外線とは違う。




a25fb181db739e731d44b109baac05e8_s

赤外線と聞いてどういうものを思い浮かべますか?わたしは暖かい電化製品が浮かんできました。

赤外線のヒーターなどは赤々としてもすぐに暖かくなりますね。

その他にも目に見えない光線として、テレビのリモコンなどに使われていますが、そもそも赤外線っていったいどういうものかご存知でしょうか?

紫外線によくない印象がありますが、赤外線は大丈夫なのでしょうか?

紫外線との違いはどういうところなのでしょう。あまりよくわからないのですが、身近な存在であることは確かですよね。

そこで今回は『赤外線とはどういうもの【体には大丈夫なの?】紫外線とは違う。』ということについて調べてみることにしました。

【スポンサードリンク】

赤外線って?

赤外線とは、可視光線の赤色よりも波長が長く、電波よりも波長が短い電磁波(光)のことです。

可視光線の中で一番長い波長が赤なのですが、この赤より長い波長の電磁波はひとの目で見ることはできません

赤い光の外側にあるという意味から、『赤外線』と呼ばれています。

赤外線は波長分布の中ではだいたい0.7μm~1000μm(1mm)の間にあります。

そして波長により、3種類にわけられます

  • 近赤外線
  • 中赤外線
  • 遠赤外線

basicimages12a

【近赤外線】

近赤外線は波長がおよそ0.7~2.5μmの電磁波です。

波長も特性も赤色の可視光線に近いとされます。

主に赤外線カメラ、赤外線通信、家庭用電化製品のリモコンなどに使われています。

【中赤外線】

中赤外線は波長がおよそ2.5~4μmの電磁波です。

赤外分光の分野において赤外とよばれるのはこの領域になります。

【遠赤外線】

遠赤外線は波長がおよそ4~1000μmの電磁波です。

波長は電波に近い性質をもちます。

常温の物体からは赤外線が放出されており、高い温度ほど赤外線を強く放射することから、熱線ともよばれます。

遠赤外線が体を芯から温める、とよく聞きますが、実際はマイクロ波と比較しても物質の内部まで浸透する効果は高くないようです。

【スポンサードリンク】

赤外線が体に及ぼす影響は

【赤外線のメリット】

太陽からの光は大きく分けて紫外線・可視光線・赤外線に分けられます。

地表に届く約50%を近赤外線が占めています。

赤外線は目で見ることはできないと述べましたが、その温かさは感じられます

この赤外線の温かさやセンサーを利用した製品はたくさんあり、日常生活の中には必ずといっていいほど使われています

特に遠赤外線にはその温かさを利用したサポーターや毛布などがあります。

361794

【赤外線のデメリット】

一方で赤外線はよいことだけではないということが明らかになってきました。

赤外線の中でも近赤外線は波長が長いために、肌や皮下脂肪だけではなく、さらに内側の筋肉の層にまで、紫外線よりも深い所に影響を与えます

近赤外線はパワーも強く、肌は『糖化』とよばれる変性をおこしたタンパク質を作り出してしまいます。

その結果、肌はくすみやしわやたるみを作ってしまうのです。

また、パワーが強いために体を熱くしすぎることがあり、低温やけどになってしまう可能性があります。

uvcare02

赤外線と紫外線

赤外線と紫外線はどちらも目に見えないものですが、違いは波長の長さと人に与える影響(特に肌)にあります。

波長の違い

  • 赤外線・・0.7μm~1000μm(マイクロメートル)
  • 紫外線・・10nm~400nm(ナノメートル)

赤外線と紫外線のメリット

  • 赤外線・・地表を暖めることで生物が生きるためのエネルギーとなる
  • 紫外線・・人の皮膚や細胞を活性化させ、ビタミンDを生成する。殺菌作用がある

赤外線と紫外線のデメリット

  • 赤外線・・近赤外線は肌のくすみ・しわ・たるみの原因となる。肌の奥に入り込んでしまうがDNAに与えるダメージは少ない
  • 紫外線・・大量に浴びることで肌にしわ・しみなどを作る。老化促進作用がある。肌の奥には入りにくいがDNAに与えるダメージは大きい

紫外線だけでなく近赤外線対策も大事

いかがでしたか?

赤外線って体にいいものだとばかり思っていましたが、近赤外線は紫外線と変わらないくらいの肌へのダメージがあったのですね。

今までは紫外線対策で日焼け止めや帽子などでUVカットの対策をしていましたが、これからは近赤外線対策もする必要がありそうですね。

まだまだ近赤外線対策できる日焼け止めなどは少なく化粧品なども高いようなので、情報を把握しながらきっちりガードできるように対策をとっていきたいと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ