節分とは、意味は、(節分の日は何をする・豆をまくのはナゼ!!)




節分の日はなんだか意味がよくわからないけど、お父さんが鬼に変装してをぶつけられますね。

かわいそうなお父さんの役目になってることが多いのですが、我が家では息子が二人、鬼になります。

そして、昔と違って、あんまり散らからない、袋に入ったまんまのをぶつけます。

なぜ節分の日に鬼がをぶつけられなければならないのでしょう。

は外福は内ですが、福の役はないんですよね。

節分とはもともとどういう意味でしょうか。

節分をまく意味とは何でしょう。

節分の日はどうやって決められたんでしょうか。

【スポンサードリンク】

節分の由来

2月3日は「節分(せつぶん)」ですね。

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り替わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。

ところが、日本では立春は1年の始まりとして、特にたっとばれたため、次第に節分と言えば春の節分のみを指すようになっていったようです。

立春を1年の始まり得ある信念と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)に当たります。

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や、災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

京都ではこの時期、

表鬼門に当たる「吉田神社」と浦鬼門に当たる、「壬生寺(みぶでら)」の節分祭が殊に有名で、厄除け節分会の期間中は大勢の人でごった返します。

豆まきの由来

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その鳥の絵と生まれの人)が豆をまくものとされていますが、家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。

家族は自分の数え押しの数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

ただ、豆まきに使う豆は炒った豆で無くてはなりません。

なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。

「炒る」は「射る」にも通じ、また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」に当たりこの「金」の作用を滅すると言われる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めると言う意味があります。

そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになる訳です。

【スポンサードリンク】

鬼門と鬼のパンツの由来

鬼のパンツはいいパンツ~♪ 強いぞ~♪

小さいころ、こんな歌を歌いませんでしたか?

さて、この鬼のパンツ、虎のパンツなのに、私はずっとヒョウ柄だと思い込んでいました。

鬼が虎のパンツをはくわけは、「鬼門」に由来するそうです。

「鬼門」は鬼の出入りする方角で「北東」とされ、この邦楽は十二支に当てはめると「丑」「寅」の方角(うしとら)に当たります。

そのため古来鬼は「牛(丑)」の角(つの)を持った姿で、「虎(寅)」のパンツを身に着けているとされているそうですよ。

豆をまくようになった諸説

豆をまくようになった諸説

  • 昔から米や豆には、邪気を払う力があると言われています。豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払うために、豆をまくようになった
  • 昔、鞍馬山の近くの鬼が村人たちを困らせていました。その時に鬼を追い払うのに豆を使ったことから、豆をまくようになった。
  • 鬼が暴れている時に、会様のお告げで豆を鬼の目に投げたら、鬼を退治することに成功した。

本当に昔の日本には鬼が居たのでしょうかね・・・。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ