しびれの原因・【手・足・腰】場所によって違う!疑う病気は・・・




709d2970269f7a733c809bcc1618b312_s

朝起きた時に手がしびれたり、正座で足がしびれたりすることはありませんか?

また腰がしびれたり、と場所によってさまざまな違う形でしびれが起きることがあるようです。

いったいしびれ原因ってなんでしょうか?どうやらしびれ原因場所によって違うみたいですよ。そして、何か病気が隠されているようです。

今回は『しびれの原因・【手・足・腰】場所によって違う!疑う病気は・・・』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

しびれってどんな状態?

しびれ、さまざまな種類があります

  • しびれとは?
  • しびれの種類
  • 心配のいらないしびれ

【しびれとは?】

しびれ(痺れ)とは何らかの原因で血管内の血液の流れが悪くなり、中枢神経や末梢神経に障害をおこしたものです。

指・手・足・首・背中・肩・顔・腰など、全身の至るところにしびれが起きる可能性はあります

ジンジン、ビリビリ、ピリピリなど、人によってしびれの感じ方や表現の仕方はさまざまです。

【しびれの種類】

しびれの種類には、感覚麻痺・異常感覚・運動麻痺があります。

感覚麻痺

痛みや冷感、温感などの触感が鈍くなったり、感じなくなります

異常感覚

何もしていない状態や身体を動かした状態で、チクチクしたりジンジンしたり、心地の悪い感覚が出現します。

運動麻痺

手足に力が入らなくなるなど、自分の意思を持っても動かすことができない状態です。

【心配のいらないしびれ】

起床時の一時的なしびれ

しびれている部分は寝ている時に自分の身体などで圧迫されて一時的に血液の循環が悪くなったものなので、時間が経過すると症状は消失します。

職業で同じ作業や同じ姿勢を取り続けている場合のしびれ

使いすぎによる筋肉疲労・神経疲労が原因となることが多いです。そのために血流が悪くなりしびれの症状をひきおこします。

同じ動作を取り続けないことや休息することでしびれは改善しますが、あまりにもしびれが続いたり痛みがひどい場合は病院受診が必要です。

【スポンサードリンク】

しびれの原因と病気

注意しなければいけないしびれがあります

  • しびれの原因
  • 手のしびれから考えられる病気
  • 足のしびれから考えられる病気
  • 腰のしびれから考えられる病気

【しびれの原因】

手のしびれの原因はいくつかありますが、特に考えられるのは神経の圧迫・血行不良・ストレス・脳の病気によるものです。

腕や手の神経は頸椎から肩を通り、腕や指先まで通っています。その途中で神経が圧迫されるとしびれが生じます。

しびれの感覚はビリビリした電流が走るような不快な感覚であることが多く、神経の分布に沿って異常感覚が出現するようです。

この神経分布により、どこに病変があるのかを知ることができます

足のしびれの原因は神経の圧迫だけではなく、血流障害によっておこることが多いのが特徴です。

血行不良によるしびれは前述のように圧迫されることでしびれが生じます。一時的なものであることがほとんどなので、時間の経過とともに消失するため問題となることは少ないのですが、圧迫によるしびれが続く場合は何らかの病気の可能性があります

腰のしびれによる原因は坐骨神経痛による神経の圧迫によるものがほとんどです。

ほかにも、ストレスによる自律神経失調症やうつ病、パニック障害などの場合に症状のひとつとしてしびれがみられることがあります。

脳の病気によるしびれは生命にもかかわる重要なサインのひとつですので、見逃すことなく早期に病院受診することが必要となります。

【手のしびれから考えられる病気】

脳の病気

脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血・脳腫瘍など

脳内の感覚を支配している部分が障害を受けると、感覚障害としてしびれの症状が出現します。

脊髄の病気

脊髄損傷・脊髄腫瘍など

脊髄の損傷や腫瘍による圧迫のダメージによって手足のしびれや脱力感が出現します。

背骨の神経圧迫による病気

頸椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症など

頸椎の変形や、何らかの原因で飛び出した椎間板が脊髄やその周辺の神経を圧迫することによってしびれが生じます。

末梢神経の圧迫による病気

胸郭出口症候群・手根管症候群など

腕の方へのびる神経は鎖骨のあたりを通っていますが、この周辺は筋肉や血管などたくさん通っており、神経が圧迫されやすくなります。

その結果としてしびれが生じます。

血行不良による病気

肩こり・筋肉痛など

筋肉がこりかたまることで血行が悪くなり、しびれが生じることがあります。

その他

甲状腺機能低下症・糖尿病・メニエール病・緊張性頭痛などでもしびれが生じることがあります。

【足のしびれから考えられる病気】

脳の病気

脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血・脳腫瘍など

糖尿病によるもの

糖尿病の合併症として主なものに糖尿病性神経障害があります。

高血糖が続いたりすることで神経が変性したり、神経への血流が悪くなることが原因とされています。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は血管が細くなることで特に足の付け根の動脈が詰まってしまい、しびれや冷え、歩行障害が出現するものです。

その他

バージャー病・足根管症候群・パニック障害などの精神的要因などからもしびれが生じます。
 
【腰のしびれから考えられる病気】

腰部椎間板ヘルニア

潰れたり飛び出したりした椎間板が神経を圧迫することでしびれが生じます。

腰痛からはじまり、お尻から足にかけての痛みやしびれが生じるようになります。

腰痛がおさまっても坐骨神経痛として症状が残ることがあります。

腰部脊柱管狭窄症

神経が通っている脊柱管が狭くなることで血管や神経を圧迫し、血流が悪くなります。その症状のひとつとしてしびれが出現します。

続けて長い距離を歩けず、少し休息すると回復して歩けるようになる間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特徴です。

腰椎すべり症

筋力低下や老化により腰椎が変性してすべりをおこします。この時にしびれも生じてしまうようです。

いかがでしたか?

しびれの原因やそれをひきおこす病気、ここに挙げていないだけでもまだまだたくさんあります

心配のいらないしびれが多いかもしれませんが、何かおかしいと思ったら早めに見極めて病院受診することが重要だと改めて思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ