七五三はいつなの?なぜお参りをするの?男の子、女の子でなぜ違う




%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

こどもが小さいうちはいろいろとイベント事がありますが、その中でも七五三は親も張りきってする、そんな方も多いのではないでしょうか。

わたしのこどもも2人七五三をしましたが、着物の準備やお参りの段取りなど、大変だった覚えがあります。

七五三は最近は日にちはあまりこだわらない家も増えてきましたが、そもそもいつの時期にするものなんでしょうか?

そして、なぜお参りまでしなくてはいけないのでしょうか。何か理由があるのかもしれませんね。

また、男の子と女の子でも違いがあるのはご存知ですか。七五三いつするか、年齢で違いがあるのはなぜなんでしょう。

知っているようでわかっていなかった七五三です。

今回は『七五三はいつなの?なぜお参りをするの?男の子、女の子でなぜ違う』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

七五三って

こどもの成長を祝う行事のひとつです

  • 七五三とは?
  • 七五三の歴史
  • なぜお参りをするの?

【七五三とは?】

七五三とは、7歳・5歳・3歳のこどもの成長をお祝いする行事です。

みんなでこどもの成長を祝うと共に、こども自身にも自覚を持ってもらうためのものだと言われています。

こどもは着物などの晴れ着で千歳飴を持って、家族と一緒に神社にお参りし写真撮影するのが一般的です。

昔は11月15日にお参りしていましたが、ライフスタイルの変化によりその時期も変わりつつあります。

【七五三の歴史】

七五三の始まりはいくつか説がありますが、江戸時代に徳川5代将軍綱吉の長男の健康を祝って、旧暦の天和元年11月15日(1681年12月24日)にとり行われたのがはじまりだとされています。

元々は関東圏での風習でしたが、だんだんと全国各地へ広まるようになります。

11月15日が七五三の日となったのは、15日が二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かないとされる日)であるから、とも言われています。

また、旧暦の11月15日は秋の収穫を祝う日でもあり、その日にこどもの成長も一緒に祝ったようです。

【なぜお参りをするの?】

昔は医療も発達しておらず、こどもが成長することはとてもありがたいことだとされていました。

7歳未満のこどもはまだ神様のものであり、神様がこどもの運命を決めるとされていたようです。そのようなことから、いろいろな儀礼を行うことでこどもの成長を願ったことがお参りをする理由のひとつとなっています。

七五三は神様に祈りと感謝をし、こどもの成長や幸せを願う行事なのです。

神社は家の近くの氏神様であるところに行くのが習わしとなっています。

またこどもが持つ千歳飴には長寿の願いを込めたものという意味合いがあり、細長く紅白で色付けられています。

%e5%8d%83%e6%ad%b3%e3%81%82%e3%82%81

【スポンサードリンク】

七五三は何歳でするの

こどもや親の状況でも変わります

  • 七五三を行う時期
  • 七五三を行う年齢

【七五三を行う時期】

七五三は主に11月15日に行われてきました。

ですが、両親の仕事の都合や神社の都合にもより、その日に必ずしも行わなければならない、ということはなくなってきています。

最近では10月中旬から11月中旬の土日祝日や吉日に七五三を行う家庭が増えています

それでも、昔ながらの家や伝統を重んじる人は11月15日にこだわることも多いです。

神社のお参りの時間も決められていることが多いですので、早めに日程調整することをおすすめします。

また、あえてさらに時期をずらすことも増えているようで、10月下旬から11月下旬の間に七五三をすることもあるようです。

やはり家の都合や、地域の気候の差なども関係しているようです。

【七五三を行う年齢】

明治時代以前は数え年で七五三が行われてきましたが、現在では数えでも満年齢でもどちらでもよいとされています。

また、早生まれのこどもの場合いつ七五三をするか迷いそうですが、これもどちらでもよいとされています。

特に小さいうちはこどもの発達によって1年後に行ったりすることもあるので、こだわらなくてもよいのかもしれませんね。

そして、男の子と女の子では七五三を行う年齢は違います

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に七五三を行うようです。

3歳の七五三

3歳(満2歳)の七五三は『髪置きの儀』とされ、それまでは髪を短く剃り上げていたものを伸ばしはじめる儀式で、主に女の子が行います。

男の子の3歳は地域によっては行われないようです。

5歳の七五三

5歳(満4歳)の七五三は『袴儀』と呼ばれる、男の子が袴をつける儀式であるため、男の子が行います。

7歳の七五三

7歳(満6歳)の七五三は『帯解きの儀』と呼ばれる、女の子が大人と同じ幅の帯を着けはじめる儀式であるため、女の子が行います。

%e7%94%b7%e3%81%ae%e5%ad%90

いかがでしたか?

七五三は昔からの伝統的な行事ですが、知らなかったことも多いように感じました。

自分の時は覚えていませんが、わたしのこどもは早生まれの子がいるので、いつするの?と両親と悩んだ記憶はあります。

今はこどもの成長を親だけでなく祖父母にもお祝いしてもらう時代です。

こどもが元気ですくすくと成長していくことをお祝いする、日本の伝統的な文化ですので、大事にしていかなければいけないなと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ