しじみ砂抜きの時間短縮は?【しじみの栄養や効果は】




53f714669a0d73441049667f4953aa8b_s

しじみのお味噌汁、美味しいですよね。しじみを使った料理はたくさんありますが、面倒なのが砂抜きですね。

どうにかして砂抜き時間短縮をしたいものです。みなさんは簡単にできるしじみ砂抜き時間短縮の方法をご存知でしょうか?

また、しじみには大事な栄養が含まれていますが、いったいその効果などどのようなものがあるのでしょうか?

今回は『しじみ砂抜きの時間短縮は?【しじみの栄養や効果は】』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

しじみについて知ろう

小型の二枚貝です

  • しじみって?
  • しじみの種類
  • しじみの産地

【しじみって?】

しじみは淡水域や汽水域に生息する、大きさ2~3cmほどの小型の二枚貝です。

『しじみ』という名前は、他の二枚貝の中でも小型であるため『縮み(ちぢみ)』という語源が変化して『しじみ』になったとも言われています。

【しじみの種類】

在来種としてのしじみ汽水性のヤマトシジミ淡水性のマシジミ、セタシジミの3種類のみです。

外来種のしじみタイワンシジミ類が多く、主に中国、韓国、ロシアなどから輸入されています。在来種のしじみと比べて比較的廉価で売られています。

見た目の違いがわかりにくいため、産地偽装などの問題もあるようです。

【しじみの産地】

日本でのしじみの産地として有名なところでは島根県の宍道湖北海道の網走湖、北上川、利根川などでヤマトシジミが、琵琶湖に固有セタシジミが生息しています。

しかし、漁場の環境悪化や価格高騰などにより国内産のしじみは減っている状況です。

【スポンサードリンク】

しじみの栄養や効果について知ろう

栄養成分がバランスよく含まれています

  • しじみの栄養成分
  • しじみの効果

【しじみの栄養成分】

しじみは昔から身体によい食べ物と言われてきました。栄養成分が豊富な食べ物なのです。

主な栄養成分について調べてみました。

ビタミンB12

100gあたりのビタミンB12含有量は62.3ugです。あさりが52.4ug、牛のレバーが52.8ug、さばが10.6ug(いずれも100gあたり)ですから、しじみにはかなり多く含まれていると言えるでしょう。

ビタミンB12は中枢神経機能の維持や脂肪代謝に関わる重要な栄養素です。

アミノ酸

良質なタンパク質を作り出すのが必須アミノ酸であり、その指標となるのが『アミノ酸スコア』とよばれるものです。

100点満点のうちしじみ、牛乳、いわしは100、牡蠣は79、じゃがいもは79になります。

カルシウム

100gあたりのカルシウム含有量は130mgです。牛乳が100mgですので、いかにしじみに多く含まれているかがわかるかと思います。

鉄分

100gあたりの鉄分含有量は5.3mgです。牛レバーが4.0mg、ほうれんそうが2.0mgですので、しじみはかなり鉄分が豊富ですよね。

鉄分は血液中の酸素運搬や細胞の呼吸に重要な役割を果たします。また、鉄分が不足すると貧血などの症状がでます。

ビタミンE

100gあたりのビタミンE含有量は1.6mgです。あさりはo.4mgになります。

ビタミンEはアンチエイジングのビタミンとしてよく知られています。

ビタミンB2

100mgあたりのビタミンB2含有量は0.25mgです。ほうれんそうは0.23mg、牛乳は0.15mgです。

ビタミンB2は発育や美容に関わるビタミンであり、成長促進や髪や皮膚の再生に重要な役割を果たします。

オルニチン

オルニチンは肝臓に作用するとされ、昔からしじみの味噌汁は二日酔いに効くなど言われることもあります。

また、サプリメントなどでも『しじみ〇〇個分』などと表記されることもありますね。

その他

他にも、亜鉛・タウリン・イソロイシン・ナイアシン・グルタミン酸・ビタミンB6・コハク酸などたくさんの栄養素を含んでいます。

【しじみの効果】

まず挙げられるのが、肝臓の働きを助けるということです。ビタミンB2、B12、オルチニンなどが作用します。

肝臓の活性化を促すため、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病などの予防の手助けをしてくれます。

他にも疲労回復美容効果アンチエイジングが期待できるとても優秀な食べ物なのです。

しじみの砂抜きを短縮するには?

一般的には塩水の入ったボールにつけて・・・といった風にされるかと思いますが、時間がかかるのがネックですね。

今回は時間短縮できる方法について調べてみました。

真水のお湯だけで砂抜きします

  • 準備するもの
  • 方法
  • 注意点

【準備するもの】

ボールに50℃くらいの真水のお湯を用意します。ちょっと熱いかなと感じるくらいの温度ですね。

しじみはよく水洗いしておきます。

【方法】

しじみをお湯の入ったボールの中に入れます。

10分から20分ほどするとしじみの口が開いてきます

開いてきたしじみを取り出し流水でよくもみ洗いします。

【注意点】

お湯の温度が高すぎるとしじみの出汁が出てしまうので、温度調整に注意しましょう。

これだけでもしじみの砂抜きは可能ですが、時間がある時や、しっかり砂抜きしたい時は通常の方法で行うのもよいかと思います。

いかがでしたか?

しじみっておそるべきパワーの食べ物だったんですね。今まで知りませんでした。

砂抜きに時間がかかるから料理にするのに躊躇しがちでしたが、この時間短縮の方法でいろいろしじみ料理を堪能したいなと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ