賞味期限と消費期限の違い?違いが簡単に分かる。心配無用・・・




2f44f85469a0a759669fc1144a34190c_s

みなさん誰もが一度は耳にしたことのある賞味期限という言葉。買物に行った先、まず賞味期限を確認して・・・という方も多いことでしょう。

一方で賞味期限と似ている言葉があります。消費期限

さて、この賞味期限と消費期限、似ていますが違いは一体なにかお分かりでしょうか?すぐにこの違いが分かる、という方はなかなかいないのではないでしょうか。実は簡単に分かるんです。

今回は『賞味期限と消費期限の違い?違いが簡単に分かる。心配無用・・・』ということについて説明させていただきます。

【スポンサードリンク】

賞味期限って?

賞味期限とは美味しく食べられる期限のことです

  • 賞味期限とは
  • どのように表記されるの?
  • 賞味期限がきれてしまったものは?
  • 食料品以外にも賞味期限はついています

【賞味期限とは】

劣化が比較的遅い食料品を未開封の状態で所定の環境に置き、表示された方法で保存した時に美味しく食べられる期限を示したものです。

『美味しく食べられる期限』というのがポイントになります。

日本において賞味期限は食品衛生法やJAS法で定められているものです。食品という特性から、求められる衛生面における安全性や、味や風味などの機能が維持される、という期限を示したものです。

以前は品質保持期限と表記されていました。

【どのように表記されるの?】

基本的には年月日で表します。

長期保存が可能な物は年月で表すことができるとされています。例えば、缶詰やレトルト食品など3ヶ月以上保存可能な物があげられます。

さらに長期保存が可能な物については賞味期限を省略することができるようです。例えば砂糖や塩など調味料、アイスクリーム類などがあてはまります。

【賞味期限がきれてしまったものは?】

美味しく食べるためには期限内で、というのが大前提となります。賞味期限が過ぎても食べられなくなるわけではありません

賞味期限が過ぎたから食べられない、すぐに廃棄・・・というのではなく、調理の方法を工夫するなどしてなるべく早く食べることも必要かと思います。

【食料品以外にも賞味期限はついています】

たばこにも賞味期限が設定されています。賞味期限を過ぎたたばこは味も劣化するとされています。

【スポンサードリンク】

消費期限って?

消費期限とは安心して食べられる期限のことです

  • 消費期限とは
  • どのように表記されるの?
  • 消費期限がきれてしまったものは?
  • 食料品以外にも消費期限はついています

【消費期限とは】

傷みやすい食品を未開封の状態で所定の環境に置き、表示された方法で保存した時に食べても安全な期限を示したものです。

『安心して食べられる期限』というのがポイントです。

生鮮食品や加工食品など、食品衛生面の安全性に問題が起きやすいものに対して示されます。食品衛生法やJAS法で規定されます。

以前は製造年月日と表記されていました。

【どのように表記されるの?】

賞味期限同様、年月日で表記されます。おおよそ5日以内に品質の低下が認められるものに消費期限がつけられます。例えば、精肉や生菓子、惣菜などがあてはまります。

また、製造から消費期限が短いものに関しては年月日と時刻が表記されます。例えば刺身やお弁当などがこれにあたります。

【消費期限がきれてしまったものは?】

消費期限が過ぎてしまうと、腐敗や変敗など品質の劣化が認められ、安全性に保障ができなくなる可能性がでてきます。

安心して食べられなくなるため、消費期限がきれてしまったものは食べないようにしましょう

【食料品以外にも消費期限はついています】

時間の経過とともに品質が劣化する品物にも消費期限が表示されます。この場合は、製品の品質を保証し得る期限となります。

電池や使い捨てカイロ、プリンターのインクなどがあてはまります。また医薬品に対しては有効期限と使用期限に使い分けられています。

賞味期限と消費期限、こんなことに注意しましょう

期限は未開封の状態の時を示します

賞味期限、消費期限ともに未開封で表示された保存方法に置いた時の期限表示です。保存方法が変わると食品の状態が変化し、劣化がはやまることがあります。

期限はおおよその目安としましょう

一度開封したものや、要冷蔵のものを常温でおいておき再度冷蔵する・・・といった場合は、表示期限にかかわらず早めに食べるようにすることが原則です。

開封後も安全が保障されているわけではありません。痛みが早くなったり、風味が落ちるおそれがあります。

いかがでしたか?

今回賞味期限と消費期限の違いについて調べてみましたが、けっこうはっきりとした違いがあることがわかりました。

ですが、食の安全とよく言われている時代ですので、期限ぎりぎりまでおいておこう、ではなく、できるだけはやく消費することで美味しく安全に食べることがとても大事なことではないかと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ