良い脂肪と悪い脂肪の違いを紹介(【ビックリしちゃうぞ!!!】




abura4

【スポンサードリンク】

良い脂肪悪い脂肪があるそうな。

って言っても国民全部がダイエットに励む日本、脂肪と聞けば蛇蝎のごとく嫌いまくり。

良い脂肪なんてあるわけないじゃない!全部悪い脂肪よ!って言葉がそこここから聞こえてきそうです。

じゃ、良い脂肪悪い脂肪にはどんな違いがあるの?

かなりの違いがないと認めないわよ!ってね。

私もそう思ってる口ですが・・・・・。

【スポンサードリンク】

健康に良い脂肪と悪い脂肪、ダイエットの必須知識です!

脂肪はダイエットや健康にとって悪役なイメージがありますが、炭水化物やたんぱく質に加えて、脂肪は三大栄養素として体に必要な栄養素です。

脂肪は骨や神経、内臓などの体を守るガードマンの役目や、体温の調整をする役目を担っています。

また、とても意外に感じるかもしれませんが、脳や神経の約60%は脂肪(の中でもオメガ3、オメガ6という二つの必須脂肪酸)からできています。

良い脂肪、悪い脂肪を科学的に説明していくとかなり難しくなりますので、できるだけ簡単にお伝えしたいと思います。

脂肪は大きく分けて2種類

脂肪の種類は大きく分けて二つ、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。

そしてざっくりと言ってしまえば、

飽和脂肪酸=悪い脂肪

不飽和脂肪酸=良い脂肪

となります。

肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸が悪い脂肪と言われているのは摂取する機会が多く、摂りすぎによる肥満や、生活習慣病のリスクが高まるためです。

肉や乳製品はエネルギー源ですから、「悪い」というのもおかしな話ですが、摂りすぎに注意という解釈でいいかと思います。

ただ、良い脂肪と呼ばれる不飽和脂肪酸の中には「狂った脂肪」とも呼ばれている「トランス脂肪酸」が存在します。

トランス脂肪酸については、人体に深刻な影響を及ぼすと言われていますが、簡単に説明しておきます。

不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸

オリーブ油、キャノーラ油、べにばな油、なたね油、ナッツ類など。

多価不飽和脂肪酸

オメガ3系脂肪酸、魚類、特にサバ・サンマなどの青魚に含まれるEPA・DHAなどの油やm大豆、エゴマ油、アマニ油、くるみなど。

abura2

オメガ6系脂肪酸

コーン油、大豆油、サフラワー油など。

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は体の中で作れない必須脂肪酸なので、食事やサプリメントから積極的に摂取することを心掛けてください。

飽和脂肪酸

肉などの動物性脂肪(加工食品を含む)、バターやマーガリンなどの乳製品、ココナッツ油、ヤシ油、カレーのルウ、インスタントラーメンなどの加工食品など。

食事で取り入れたい良い脂肪

積極的に食事で取り入れたい油はオリーブオイルやナッツ類など等の植物系の油や、サバ・サンマなどの青魚系のDHA・EPAです。

これらはエネルギーになりやすく、悪玉コレステロールや、中性脂肪値を下げてくれる効果があります。

逆にあまり積極的に摂取したくないのは肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸で、過剰に摂取すると、肥満になりやすいだけではなく、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

abura3

外食が多い人は肉や乳製品等の飽和脂肪酸を摂る機会が多いでしょうから、普段から魚料理を意識した食事をする方が、ダイエットにも健康にも最適です。

魚から摂取する飽和脂肪酸は体にたまったコレステロール(脂質)を減らす効果があります。

さらに、カレールウ。インスタントラーメン、菓子パン、スナック菓子などが代表的な飽和脂肪酸を、摂りすぎると中性脂肪値も上がり、血液中の悪玉(LDL)コレステロールを増やすため、動脈硬化を徐々に進行させていきます。

動脈硬化は心筋梗塞や、脳梗塞、糖尿病の合併症を悪化させる要因にもなるため、普段からインスタント系の加工食品は食べるのを避けるように心掛けておくほうが良いと思われます。

abura1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ