紫外線とは簡単に紹介!紫外線とは何・・・・・




sigaisen5

ギラギラと照り付ける太陽。朝から大合唱で頭に響く蝉の声……。

梅雨が明けると同時にやってくる、雲一つない青空が続く――夏。

そんな夏になると気になるものと言えば……そう、紫外線です。

シミやシワなどの外見的な問題から皮膚がんや白内障など健康被害まで、人体への影響は計り知れません。

でも、この目には見えない紫外線、一体どういうものなのか具体的にご存じですか?

夏の間だけ気を付ければいいと思われがちな紫外線ですが、実はコレ、間違いなんです。

紫外線の種類によっては、冬でもガンガン降り注いでたりするんですよ。

え? 冬にも対策が必要なの?! 思わず驚いてしまうこのお話……ではこれから紫外線について簡単紹介していきますね。

【スポンサードリンク】

紫外線の種類

私たちの地球に届く太陽の光には、目に見える部分(可視光線)と目に見えない部分(不可視光線)とがあります。

紫外線は、この目に見えない部分に含まれる光で、目に見える部分に一番近い光から、A、B、Cと分類されます。

紫外線の分類

  • UV-A
  • UV‐B
  • UV‐C

【UV‐A】

物質を通り抜けやすい性質を持っているため、地上にもっとも多く降り注いでいる紫外線です。

人体に対して害は少ないと言われていますが、肌の奥深くにまで浸透するためシワやたるみの原因となります。

【UV‐B】

大部分が大気圏にあるオゾン層で吸収されて地上に届くのは紫外線全体の1割程度と言われていますが、人体への影響力は非常に高いです。

UV‐Aに比べてその有害性は1000倍ともいわれていて、肌の表面への作用が非常に強く、赤く腫れあがることもある重症度の日焼けやシミ、ソバカスだけでなく、皮膚がんや白内障の原因とも言われています。

【UV‐C】

ほとんどすべてが大気圏内で吸収されて、現在地上には届いていない紫外線です。

ただし、人体への有害率は非常に高いため、この紫外線を食い止めているオゾン層の今後の状態が非常に問題となっています。

このように、紫外線には三種類の波長があります。尚、私たちが日ごろ気にかけている紫外線はほとんどがUV‐Bです。

※余談ですが、UVというのは紫外線を英語で表す「ultra-violet」の略です。「紫を超える」という意味を持つこのUVは、可視光線の中で最も不可視光線側に近い紫のその向こう、という意味です。

場所や時期によって違う紫外線量

人体に影響を与える紫外線、基本的に太陽が出ている時間は常に降り注いでいると考えて間違いないのですが、場所や時期によってその強さには違いがあります。

特に人体に影響が強いUV‐Bについては、気象庁が札幌(北海道)、つくば(茨城県)、那覇(沖縄県)の三地点において計測を行っており、環境省が発行している「紫外線 環境保健マニュアル2015」という冊子の中で以下のグラフで表されています。

sigaisen

このグラフによると、7月をピークにやはり夏が多いように感じますが、もうすでに4月ごろにはかなり高い数値を示していることがわかります(「つくば」の折れ線グラフを見ると、4月の紫外線量はほぼ9月と同じです)

また、12月や1月といった真冬でも紫外線の量は0ではありません。

地域的には、那覇は札幌に比べて年間を通じての紫外線総量がほぼ2倍に増えているということもわかります。

【スポンサードリンク】

時間帯によって違う紫外線量

当然、一日の中でも紫外線の量は変わります。

一般的に言われている紫外線量が最も多い時間帯は10時~14時です。

sigaisen3

上記のグラフは先ほどと同じく環境省が発行している冊子から抜粋しましたが、7月の紫外線量をグラフで表したものになります。

確かに10時~14時は非常に紫外線量が多いことがよくわかりますが、まだ早朝と言える8時ごろから紫外線量はぐんぐんと上昇しています

早朝だからと安心して肌の露出を増やしたり日焼け止めや帽子など紫外線対策をせずに外出することはやめておいた方がいいでしょう。

紫外線はあらゆるところから襲ってくる!

そして、気を付けたいのは紫外線は上から降り注ぐだけじゃないということです。

地面や空気中の埃などで乱反射します。日傘をさしたり日陰に入ったりと直射日光を浴びてないからと言って安心はできません。

sigaisen4
(環境庁発行「紫外線 環境保健マニュアル2015」より)

上記のイラストでもありますが、夏のレジャーにお決まりの海やプールの場合、水の中にいれば安心だと思いがちですがそうでもありません。

水深50センチのところでも地上の40%の紫外線は届いているのです。

他にも、冬の雪山や標高の高い避暑地なども強い日差しがないからと安心していると危険です。

天候にも左右されない紫外線量

さらにもう一つ残念なお知らせです。

先ほど、水中でも紫外線は届くというお話をしましたが、これはつまり雨の日でも紫外線は降り注いでいるということです。

割合でいうと、快晴を100%とすると、うす曇りが50~80%、雨雲で20~30%の紫外線が届いているそうです。

……雨でも30%の紫外線。筆者は今まで曇りや雨の日は日焼け止め塗っていなかったのですが、これからは必ず塗るようにします。

こまめな対策で紫外線から身を守ろう!

いかがでしたか?

紫外線が体によくないものだというのは何となく理解していても、直射日光じゃなきゃ大丈夫だろう、と思っている人、意外と多かったのではないでしょうか。

実は筆者もそうでした。

日傘をさせば日焼け止めは不要だと思っていましたし、曇っていれば帽子もかぶらず外に出ていました。

また、夏が終われば紫外線の存在なんてスッキリ忘れて次の夏までほとんどなんの対策もせずに過ごしていたので、これはちょっと反省です。

これからは曇りや雨の日でも、また夏以外の季節でも、めんどくさがらずに紫外線対策をきちんとしなければいけませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ